僕が、高校野球に去年からはまるきっかけになったのが、松蔭高校が、県大会で健闘を見せるようになったから。
この松蔭高校は、僕の両親の母校で、父親が野球部卒。ずーっと弱かったのですが、監督さんが代わられてから、強くなり始めました。この監督さんと父が一緒に野球をやっていたので、応援もしているし、がんばってほしいと思っています。

松蔭は、秋や春の県大会に進むこともまれで、夏はせいぜい2回戦がやっと。そんなどこにでもある公立校だったのですが、一昨年の秋から戦跡が変わり始めます。

04秋 名古屋地区2次リーグ進出
05春 県大会進出、2回戦敗退
05夏 ベスト16進出、前年準優勝校豊川高校を破る
05秋 県大会進出、2回戦で東邦に敗れるも善戦
06春 県大会進出 2回戦突破

県でベスト16あたりに顔を出すのが不思議じゃないチームへとなってきています。この松蔭、決して練習環境は恵まれていませんでした。もちろん公立なので制限があるのは当然なんですが、この学校はサッカー部が強く、数年前には全国にも出て行ったため、かなり幅を利かせていました。そのためバッティング練習も出来ない、外野の練習も出来ない、そんな状態だったそうです。その中でのこの戦跡はすごいと思うのですが。

ただ、ここにきて学校側も、野球部が強くなったことで見直してくれるようになり、グラウンドも少し使わしてもらえるようになったそうです。やはり、野球で強くなると、印象も違うようで、校長先生あたりが配慮してくれたとか。これで、不安のある守備が強化できれば、ますますいい成績が期待できるかもしれないですね。

その松蔭。次は23日に愛知啓成−愛知の勝者と当たります。監督さんは、松蔭ここにあり、という試合を見せるといってらっしゃいました。ピッチャーが踏ん張れればいい試合が出来るとおもいます。勝つ、というのは難しいと思いますが、いい試合をしてほしいな、と思います。