今日、Zガンダム3部作の最後、星の鼓動は愛、を見てきました。

感想は、行く前からガンダムAなどで、展開が速い、ジェットコースターのよう、ガンダムを知っていないとわかりにくい、そんな論評は見ていましたが、あれは、初見の人じゃ理解不能でしょう。予備知識がないと。
それぞれの陣営が何をやっているのかが、Zを知っている僕でもわかりにくかったのに、もしそういうのがなかったら・・・。よくわからないうちに終わるんじゃないかな?ちょっとまとめすぎだと思う。まぁ時間制限(一本90分)を設けて作っているから仕方ないんだろうけど。

後、Zガンダム、無補給で戦いすぎ、カミーユタフすぎ。結局繋ぎあわせているからそういう違和感が出てしまう。Zのエネルギーは無限ですか?あれはフ○ーダムですか?(シード知らないと分からないかw)

誰も知らないラストは・・・。ふーん、て感じです。唐突感も感じました。

あとは・・・。ZZの立場は?ジュドーは?(笑)
サラの声が、映画版の兇らまた変更になっていたようですが、兇寮爾茲蠅呂茲ったです。

多分、いろんなところで言われていると思いますが、旧の絵の新作の絵が違和感がすごいです。富野監督に望むなら全編新作カットで見たいです。それじゃ今回の映画の意味がなくなるんだろうけど(笑)。

以下ネタバレ少々
エマさんの性格が大分丸くなって女性らしくなっていた。これは、いい変更なんじゃないかと思います。
あと、カミーユのばんざいアタックのシーン、ロザミィは出て来ちゃおかしいでしょう。映画ではまったく接点なかったのに。(TV版でのライラ大尉の声も違和感感じたけどさ)
あと、ヤザン、見せ場多いなぁ。TV版のZZにも出てきたし、監督、好きなキャラクターなんだなぁ。
シャアはほんとに見せ場がない。なにがしたかったのか、まったく意思が感じられなかった。狙いなのかわからないけど。やっぱダカールの演説がないと、存在感がなくなるね。逆シャアと繋がるといえば繋がるけど。
一応アクシズ軍は生き残っているのでZZ、やれないことはないけど、カミーユが正気の時点で話が成り立たないしね。なかったこと、になるのかなぁ。
みんな死んじゃって、ファだけが残って、ファとカミーユが抱擁ってのは、正直どうかと思ったけど。生きてりゃ誰でもいいのかっていう。
個人的な感想はこんな感じです。