a620973b.jpg世界ジュニアフィギュア選手権で、フリーの演技が行われ、SPの2位から逆転を狙った浅田選手でしたが、トリプルアクセルが1回転半に終わるなど、ジャンプのミスが続き、韓国の金選手に24.19の大差をつけられ2位に終わりました。

行く前から調子が上がらない、と言われていた浅田真央選手。もちろん演技を見ていないので、なんとも言えないのですが、全日本などでみたときに絶対失敗しないなこれ、と見ていたジャンプで失敗してるところを見ると、相当悪かったということなんでしょうね。
原因がなんなのか、また分析されるとは思うのですが、マスコミに追われたせいなのか、勝って当然という感じでプレッシャーが必要以上にかかったせいなのか、シニアに出てからのジュニアだったのでモチベーションが上がらなかったのか、体調が悪かったのか、わかりませんが、色々なマイナス要素が重なったのだと思います。

ジャンプだけでは駄目、と山田先生が言っていたようですが、オリンピックの荒川選手を見て、余計に自分の演技に迷いがでたのかもしれません。
4月から高校に上がり、環境もまた変わります。彼女のハートの強さなら乗り切れるとも思ってますが、なんといってもまだ15歳。大変だとは思います。周りがつぶさないように配慮してあげてほしいと思いますね。

あと、映像でないのでわからないのですが、少し体が大きくなった気がしました。これから、体の成長とも付き合わなければならないと思う。大変ですね。

4年って長いなぁ・・・。