久しぶりの競馬ネタ。
今日、中日スポーツの最終面のコラムで、ビワハヤヒデが種牡馬を引退した、との記事が出ていました。
ビワハヤヒデは、僕が競馬を見出した93年のクラシック世代で、3強世代の一角としてクラシックを沸かせました。他の2頭は、ウイニングチケットとナリタタイシン。やっぱり、見出した頃の印象はすごく強くて、この世代は、強い馬が多く、好きでしたし種牡馬としても成功してほしかった。まぁこればっかりは仕方ないですけどね。
ビワにとっての不運は、その後にサンデーサイレンスが席巻してしまったこと。おかげでいい馬がみんなサンデーに行くことになってしまった。あとは、父親が地味だったおかげで血統的に嫌われた気がします。まぁ、ほんとのところはわからないですけどね。
余生は過ごせるみたいですし、あとは天寿をまっとうしてほしいですね。

なにはともあれ、おつかれさまでした。