東海大会はこれで4年連続出場。選抜も過去3年連続出ている、「春の東邦」。
出場を決めている中では4県すべて含めても、群を抜く名前の強さを誇る。が、ここまでは苦しい試合も多く、実際3位通過と戦力も最低と言われるが、ここ一番では底力を発揮し、出場を決めた。

実際観戦したのは3試合。
VS享栄 VS栄徳 VS大府
それぞれ、享栄には完封負け。栄徳には5回コールド。大府には乱打戦で競り負け。と対照的な試合を見ています。ただ、注釈としては負けた2試合は、負けても次のある試合だったってこと。

○投手力

旧チームの大エース、木下(日ハム3順目指名)が抜け、もっとも不安視されていた投手力。エース山口 B勝谷本、近藤、小島瓦魍稜А

エースは山口 ,笋筌好蝓璽ォーターから投げ込むアウトコースのコントロールで勝負するピッチャー。外の球の出し入れで打ち取るタイプで、三振をバタバタ取るほどの球威はない。振り回す、強打のチームには有効だが、センターから右に徹底して狙ってくるチームには苦しむと思う。インコースをつけるようになると幅が広がるとは思うが、今のところそのコントロールはない。
谷本 右のオーバーハンド。1年生ながら、キレのある球を投げ込む。まだ、びっくりするほどのスピードはないが、強気に向かっていけるピッチャーに見えるし、冬場、強化できれば来年が楽しみなピッチャー。現時点でも短いイニングなら、山口よりも力は上に思える。エースとの使い分けがポイントになりそう。
近藤 右のサイドハンドに近いところから投げ込む。上2人に比べると球威はともかくコントロールがやや不安。競った試合では厳しい。
小島粥ゝ栄戦で見ただけ。右スリークォーター。ボールの見やすそうなフォーム。東海大会では出番?

○打力

享栄、宮本に押さえ込まれたが、後の試合は、なかなかいいバッティングを見せた。3番伊藤┐藁呂あり、センター中心にいいバッティングをする。ポイントは4番西だろう。大府戦でようやく目覚めたが、栄徳戦では一人蚊帳の外。ただ、弥富戦でも打ったという情報もあり、上り調子で望めそう。ものすごくいいピッチャーに押さえ込まれる危険性はあるが、波の少ない、いい打線と思える。

○守備力

享栄戦では4つエラー。ただ、試合を重ねるごとにほころびが少なくなってきているのはさすが強豪校。普通にいいと思う。

○采配

ノーアウトでのランナーは、バントで得点圏に。いけいけになってくると足もからめるが、今のところびっくりするような攻めは少なく、オーソドックス。1アウトからのバントは、あんまりしなさそう。エンドランはちょくちょくやる。課題は継投。山口、谷本をどう使いわけるか。エース頼みは危険。

○東海大会予想
東海大会では、岐阜城北戦がポイントになりそう。いつあたるのか。ここの投手がいいらしいので、ここと当たると苦戦すると思う。それ以外では、東邦の名前を生かして勝ちあがれると思っています。なんだかんだ、厳しい試合もしてきているので、土壇場で活かせるか、とも思います。