コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

碧南−岡崎工科 観戦記(2022年秋季西三河地区2次T)

8月26日に豊田球場で行われた第1試合、碧南−岡崎工科の観戦記です。
県大会最後の切符をかけた試合。投手戦となりました。

碧南
000001000|1 H7 E1
00000111X|3 H8 E2
岡崎工科

碧南
藤田(1)−井上
岡崎工科
原田(11)−片桐

投手成績
碧南
藤田 8回 113球 被安打8 四球2 三振2 失点3

岡崎工科
原田 9回 108球 被安打7 四球0 三振4 失点1

(出場選手)
碧南
8三輪 4神谷 6小林 9樋口 1藤田 5竹内 3川上(10) 2井上 7白根
岡崎工科
8中谷 5長谷川 2片桐 3上萩 7大木孔→H江口(14)→4 9木林 4星野→7 1原田(11) 6工藤→6大木颯

(試合経過)
6回表、1死2塁から2番神谷がタイムリー。碧南が先制。1−0
6回裏、無死3塁から2番長谷川が犠牲フライ。1−1。尚も2死2,3塁でしたが、碧南セカンドの神谷の好プレーでアウトにして同点で止める。
7回裏、2死2塁から1番中谷がタイムリー。岡崎工科が逆転。2−1
8回裏、1死2,3塁から5番江口のところでスクイズ。3塁ランナーは生還。2塁ランナーもホームを突くもこちらはタッチアウト。それでも岡崎工科が1点追加。3−1
岡崎工科が競り勝ち、県大会出場の最後の切符を手にしました。

総評

5回までは0−0。お互いに1,2度はチャンスがあったもののピッチャーがしのいでの投手戦でした。
6回表に碧南が2番神谷選手のタイムリーで先制。続く3番小林選手もヒットで続きましたが、この時に1塁ランナーが3塁でアウトに。4番の樋口選手もヒットが続いただけにもったいないプレーに。ただ、要所で岡崎工科がいいプレーで止めたのが勝因になった形です。
岡崎工科は初回に大きなチャンス、1死1,3塁でしたが、ここで4番にスリーバントスクイズをさせるも失敗。そのままチャンスも作れず、6回表に先制されたときは嫌な流れでしたが、その裏の先頭、中谷選手の3ベースから流れを呼び込んだ形に。
7回裏にタイムリーを放ったのも中谷選手。この試合のキープレーヤーでした。
お互いの投手の四球が少なく、テンポのいい試合でした。岡崎工科は部員も多く、元々は力のあるチーム。こういうギリギリの戦いを経験したことを県大会に活かしたいですね。

ピックアップ選手等はこちら


NTT西日本−西濃運輸 OP戦 感想(2022年8月25日)

8月25日に西濃運輸グランドで行われたOP戦、NTT西日本−西濃運輸の感想です。
日本選手権予選が近づいている中での試合でした。

NTT西日本
000100000|1 H7 E0
000000000|0 H3 E0
西濃運輸

NTT西日本
田村(7 2/3)、萩原(1/3)、吉川(1)−小泉
西濃運輸
船迫(6)、林(2)、鈴木(1)−城野
※()はイニング数

4回表、1死2塁から4番酒井のタイムリー。
NTT西日本が勝ちました。

短評

NTT西日本 田村投手、西濃運輸 船迫投手がそれぞれ好投し持ち味発揮。順調な仕上がりを見せました。
西濃運輸は打線が淡泊。ちょっと不安も。
2時間半の試合。淡々と試合が進みました。

ピックアップ選手等はこちら


中京大中京−愛工大名電 観戦記(2022年秋季名古屋地区2次T)

8月24日に春日井球場で行われた名古屋地区予選の決勝戦、中京大中京−愛工大名電の観戦記です。
あまりの暑さに耐えかね、5回終了時に球場を後にしたのでそこまでの観戦記になります。

中京大中京
200130000|6 H10 E1
020000021|5 H9 E2
愛工大名電

中京大中京
平野(20)、金子−江崎
愛工大名電
島田(1)、小島(12)、浅田(13)、大泉(11)−秋葉

(スタメン)
中京大中京
5神谷倖(15) 4西崎(14) 7山田 9神谷駿 2江崎 3片山(13) 8森下(17) 1平野(20) 6阪
愛工大名電
6河田 4金森 7石見 9石島 3加藤 5中村 2秋葉 1島田 8角

(試合経過)
1回表、1死2,3塁から4番神谷駿の2ゴロの間に1点。2死3塁から5番江崎がタイムリー。中京大中京が2点を先制。2−0
2回裏、2死2,3塁から1番河田が2点タイムリー2ベース。同点。2−2
4回表、先頭の4番神谷駿がホームラン。中京大中京が勝ち越し。3−2
5回表、1死3塁でピッチャー交代、浅田。ワイルドピッチで1点。1死2塁でピッチャー交代、大泉。2死1,3塁から4番神谷駿がタイムリー。5番江崎もタイムリーを放ち、この回3点。6−2
5回終了時に球場を後にしました。
終盤、名電が小島雄の2ランホームラン等で追い上げるも中京大中京が逃げ切り。名古屋地区優勝を飾りました。

短評

中京大中京は主力を欠いていたというツイートも見ました。そんな中、愛工大名電を振り切ったのは自信になりそうですね。
高校生くらいだと、こういう自信というのがものを言ってきそうですし。
平野投手は左でまずまずのボールを投げていました。将来が楽しみな投手ですね。4番の神谷駿選手も打撃が光りました。
愛工大名電は島田投手がMAX140劼鬟沺璽。その割には捕まっていた印象もありますが、経験を次に活かしたいところ。
河田選手、石見選手、石島選手、秋葉選手ら、甲子園でのベンチ入り経験者に期待したいですね。

ピックアップ選手等はこちら


秋季愛知県大会出場校(確定)

秋季愛知県大会出場校

名古屋地区
◎中京大中京 〇愛工大名電 〇東邦 〇至学館 栄徳 享栄 中部大第一 中部大春日丘 星城 愛産大工 名古屋 名市工 菊華 愛知 名古屋南 明和 名経大市邨 愛知総合工科

東三河地区
◎豊川 〇豊橋中央 成章 渥美農 桜丘 国府

尾張地区
◎愛知啓成 〇愛知黎明 誠信 小牧工科 尾北 西春 清林館 大成 犬山 滝

西三河地区
◎愛産大三河 〇西尾 安城 人環大岡崎 豊田工科 豊田大谷 西尾東 安城南 三好 刈谷 岡崎工科

知多地区
◎大府 〇半田 東浦 横須賀 日福大付

26日試合結果

西三河地区
岡崎工科3−1碧南
愛産大三河8−4西尾

これで秋季地区予選の全日程が終了しました。

至学館−東邦 観戦記(2022年秋季名古屋地区2次T)

8月24日に春日井球場で行われた名古屋地区の2次、3位決定戦の至学館−東邦の観戦記です。
新チームはもちろん初めて見るチーム同士。どんな選手がいるか注目して観戦しました。

至学館
0100201022|8 H14 E1
0001031013|9 H18 E3
東邦
(延長10回タイブレーク)

至学館
山本(9)、鵜飼(10)、山本、伊藤(1)−磯村新
東邦
宮國(1)−南出

投手成績
至学館
山本 5回1/3 69球 被安打5 四球2 三振1 失点4(自責点3)
鵜飼 1/3 4球 被安打0 四球0 三振0 失点0
伊藤 4回1/3 63球 被安打13 四死球3 三振2 失点5(自責点3)

東邦
宮國 10回 134球 被安打14 死球1 三振6 失点8(自責点6)

(出場選手)
至学館
6竹村 8佐野 1山本(9)→9→1→9 5高橋 7犬飼(17)→R清水(4)→4 3米澤→3エガレバ(14) 4庄司(13)→7 2磯村新 9山田→H五日市(12)→9森(18)→H高石(20)→9佐々木→1鵜飼(10)→9長谷川(11)→1伊藤(1)
東邦
4中村 6藤田(16) 8上田→9 3石川→R三家→3 7伊藤(13)→7藤江(7)→8 9岡本→5大島(6) 2南出 1宮國→R古川 5手島(15)→7三浦(20)→H眞邉(5)→7加藤(18)

(試合経過)
2回表、先頭の4番高橋がソロホームラン。宮國の変化球を捉えました。1−0
4回裏、1死1,2塁でピッチャー交代、鵜飼。2死1,2塁で再度ピッチャー交代、山本。5番伊藤がタイムリー2ベース。1−1の同点に。
5回表、2死3塁から4番高橋のタイムリー内野安打で1点。更に2死3塁から4番犬飼のタイムリー。至学館が2点勝ち越し。3−1
6回裏、2死2,3塁から6番大島の2点タイムリー2ベース。ここでピッチャー交代、伊藤。2死2塁から7番南出がタイムリー。この回3点取って逆転。4−3
7回表、1死3塁から4番高橋がタイムリー内野安打。4−4の同点に。
7回裏、1死2塁から4番石川がタイムリー2ベース。東邦が勝ち越し。5−4
9回表、無死3塁から3番山本のファールフライを取って3塁ランナーが生還。更に2死3塁からワイルドピッチで至学館が逆転。6−5
9回裏、1死満塁から7番南出が犠牲フライ。東邦が同点に追いつく。6−6
延長タイブレークに入ります。
10回表、1死満塁から9番伊藤のスクイズが空振り。1バウンドとなりキャッチャーが弾く中、3塁ランナーがそのまま生還。東邦はバッターの守備妨害を主張も認められず。記録はホームスチール。更に1死2,3塁から9番伊藤が上手く叩いて1ゴロの間に1点。至学館が2点勝ち越し。8−6
10回裏、1死2,3塁から1番中村が2点タイムリー2ベース。更にヒットと申告敬遠で1死満塁。4番三家が左中間にサヨナラタイムリー。東邦が逆転勝ち。名古屋地区3位となりました。

総評

東邦はエースの宮國投手、至学館は昨年秋に2枚看板で支えた山本投手から最後伊藤投手と割とガチでの戦いとなった試合。
試合としてはタイブレークで東邦が振り切ったという試合。お互い、いい面、課題も多く見えた試合で、県大会までに上手く昇華していきたいですよね。
至学館はタイブレークでスクイズや叩きで点を取りましたが、そこまでにミスもちょこちょこあった。
伊藤投手は137劼筏綢も出ていたのですが、東邦打線には合っていた。この辺りは次に戦うことがあったらカギになってきそうですね。
高橋選手はホームランも見事でしたが、内野安打の時には足もあり、かなりの好選手。ちょっと注目したい選手です。
7回には佐野選手が三本間で挟まれた場面があったのですが、かなり粘って打者走者を3塁まで到達させる好プレー。こういうところはさすがだな、と感じます。
東邦はエラーもそうなのですが、球際の弱さが目立ったのが気になりました。このあたりはコロナもあって前のチームから追い込めてない感じが出ているんですよね。
打線は伊藤投手に代わってからヒットを多く放っていました。左の山本投手には手こずっていたので、この日の経験を今後に活かしたいところ。
宮國投手はかなり暑い中で完投。ヒット数も多く浴びましたが四球は0(死球1)。コントロールの良さが崩れにくさを表しているかな、と思います。球数も点数の割には多くないですし。
ただ、こういう試合でほかのピッチャーにも経験をさせても良かったのかな、とは感じますね。
県大会に向けては時間が限られていますが、課題を少しでも消化して、秋季県大会に臨んでほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら


25日試合結果

尾張地区
愛知啓成2−1愛知黎明

中庸スプリング−フタバ産業 観戦記(2022年知事旗争奪愛知県軟式野球大会)

8月23日に刈谷球場で行われた第2試合、中庸スプリング−フタバ産業です。
今年公式戦に出場が無かった中庸スプリングがフタバ産業相手にどう戦うか、注目して観戦しました。

中庸スプリング
0200030000|5 H12 E1
0000040010|5 H7 E2
フタバ産業
(延長10回タイブレークも引き分け 抽選の結果フタバ産業が2回戦に進出)

中庸スプリング
榊原(16)、池田(12)、岸本(14)−山田
フタバ産業
二村(20)、木村(14)、花城(13)、奴賀(17)−尾西

投手成績
中庸スプリング
榊原 6回 81球 被安打5 死球1 三振2 失点4(自責点2)
池田 3回 48球 被安打2 四球1 三振1 失点1
岸本 1回 6球 被安打0 四球0 三振0 失点0

フタバ産業
二村 3回 48球 被安打5 四球0 三振1 失点2
木村 3回 53球 被安打7 四球1 三振0 失点3
花城 1回 10球 被安打0 四球0 三振0 失点0
奴賀 3回 35球 被安打0 四球0 三振3 失点0

(出場選手)
中庸スプリング
9河村(9) 8中村(51)→7 4坂田卓(1)→3 7奥村(7)→8坂田圭(26) 2山田(22) 5後藤(10) 3中野(25)→4青山(6) 6森本(4) 1榊原(16)→1池田(12)→1岸本(14)
フタバ産業
6山下(6) 8戸松(9) 4豊田(10) 2尾西(24) 9荒木(0) 3白井(3) 5小杉(32) 1二村(20)→1木村(14)→H村瀬(21)→1花城(13)→H早田(5)→7 7中西(7)→1奴賀(17)

(試合経過)
2回表、無死1,3塁から6番後藤がタイムリー。更に無死2,3塁から7番中野の1塁前のハーフライナーに1塁手が飛び込むも弾いてしまいファールゾーンへ。記録はヒットでタイムリー2ベースに。中庸スプリングは2点先制。2−0
6回表、1死1塁から7番青山が絶妙なバントヒット。1塁ランナーが3塁を狙い、3塁への送球がエラーとなり、そのままホームイン。更に2死3塁から9番榊原、1番河村が連続タイムリー2ベース。3点取って5−0。
6回裏、1死1塁から1番山下がタイムリー3ベース。2死3塁から3番豊田がタイムリー3ベース。4番尾西の遊ゴロをタイムリーエラー。2死2塁から5番荒木がタイムリー。4点返し、5−4に。
9回裏、2死2塁から8番早田が同点タイムリー3ベース。尚もチャンスでしたが、9番奴賀の遊ゴロをナイスプレーで捌き同点止まりに。
9回で勝負がつかず延長タイブレークに。
10回表、3番がバント失敗。その後4番坂田圭が送って2死2,3塁とするも5番山田はセンターフライ。得点ならず。
10回裏、無死1,2塁から1番山下のバントはフライになって5−4と渡りゲッツー。2番戸松も倒れ0点。
タイブレークでも決着がつかず引き分け。抽選によりフタバ産業が2回戦へ。

総評

中庸スプリングは惜しい勝ち星を逃した形。ただ、9回よりも2回、3回、4回のチャンスを活かせなかったことの方が痛かった。
2回表は2点とって尚も無死2,3塁。(エンドラン空振り等で得点ならず。)3回表は無死3塁から2ゴロホーム憤死。更に1死1,3塁から三振ゲッツー。4回も1死満塁からエンドランで空振り3塁ランナー憤死。ここで1,2点追加していれば、また違った試合になったかな、と。
9回裏の同点後のピンチ、タイブレークで踏ん張って引き分けに持ち込んだのは立派。ただ、惜しかったです・・・。
フタバ産業は正直6回表に3点取られたところで勝負あったと思いました。そこから相手のエラーもあったとはいえ、4点を返して試合を押し戻したのはチーム力ですよね。
9回の土壇場で打った早田選手は2−2と追い込まれていました。こういう一打は成長も促しそうです。
4番の尾西選手が精彩を欠く中、3番豊田選手、5番荒木選手がチームを救う活躍。
投手では奴賀投手が3イニングをしっかりと抑えて引き分けに持ち込む活躍を見せました。

ピックアップ選手等はこちら


近藤産興−GTRニッセイ 観戦記(2022年知事旗争奪愛知県軟式野球大会)

8月23日に刈谷球場で行われた第1試合、近藤産興−GTRニッセイの観戦記です。
雨で1時間半遅れ、11時試合開始となりました。

近藤産興
2000100000|3 H7 E2
0002100001|4 H6 E2
GTRニッセイ
(延長10回タイブレーク)

近藤産興
鬼頭(41)、高橋(19)、可知(18)−竹馬
GTRニッセイ
谷脇(16)、林(21)、加藤(11)、三浦(14)−原田

投手成績
近藤産興
鬼頭 2回 58球 被安打0 四死球5 三振3 失点0
高橋 4回 65球 被安打4 四球2 三振2 失点3(自責点2)
可知 3回1/3 46球 被安打2 四死球5 三振1 失点1(自責点0)

GTRニッセイ
谷脇 4回 66球 被安打5 四球1 三振3 失点2
林 2回 24球 被安打2 死球1 三振1 失点1
加藤 3回 51球 被安打0 四球1 三振2 失点0
三浦 1回 9球 被安打0 四球0 三振0 失点0

(出場選手)
近藤産興
4余合(42) 5松前(55)→9早川(8) 6加藤(10) 7平田(9) 2竹馬(2) 8上戸(1) 3吉田(21) 1鬼頭(41)→1高橋(19)→1可知(18)→9森口(0)→5
GTRニッセイ
9高木(13)→H森(27) 8廣田(2) 5田中(3) 3清水(24)→7 4荒木(25)→3 6松岡(17) 7新中(23)→H中島(6)→4 2原田(9) 1谷脇(16)→H広瀬(8)→1林(21)→H大平(1)→1加藤(11)→1三浦(14)→H前田(12)

(試合経過)
1回表、1死3塁から3番加藤のスクイズが成功。更に2死2塁から5番竹馬がタイムリー2ベース。近藤産興が2点先制。
4回裏、1死3塁から8番原田のタイムリー。更に2死3塁から1番高木がタイムリー。2−2の同点に。
5回表、1死3塁から2番松前がタイムリー。近藤産興が勝ち越し。3−2
5回裏、2死2塁からタイムリーエラーで1点。3−3
7回裏、1死2,3塁から代打中島のところでエンドランを仕掛けるも空振りし3塁ランナー憤死。チャンスを活かせず。
9回で決着がつかず、タイブレークに。
10回表、無死1,2塁からのバントが失敗。3塁封殺。後続も倒れ得点ならず。
10回裏、犠打、申告敬遠で1死満塁に。代打森が1塁後方のライン際に落ちるタイムリーを放ち試合終了。GTRニッセイが辛くも勝ちました。

総評

中盤までは近藤産興に分がある試合で、3−3のところでもまだ近藤産興に流れがある感じでした。
ただ、6回以降は近藤産興はノーヒットに。9回は粘ってチャンスを作りましたが得点はならず。タイブレークでバントを失敗して万事休すとなりました。
それでもエースの可知投手以外の2人で6回までしっかりと3点で抑える。エラーでの失点が無ければ、というところはもったいなかったですが・・・。チームとしては良く粘っていました。
GTRニッセイは初回、2回に苦しむ鬼頭投手をつぶせなかったのが、苦しい試合になった要因です。ただ、球威のある荒れ球っていうのはなかなか打ちにくいですよね。
最後、タイブレークで1死満塁のところで高木選手に代打森選手はびっくりしましたが、当てるのは森選手のが上手いという判断だったのでしょうね。そしてラッキーな当たりとはいえそれが当たった。抽選になっていたら分からないですからね・・・。
先発の谷脇投手は立ち上がり2失点しましたが、2回以降は立ち直りました。このあたりが大事な試合に投げられるようになっていってほしいところでしょうね。

ピックアップ選手等はこちら


24日の試合結果

西三河地区
☆岡崎工科0−7三好
安城5−6西尾
碧南3−7刈谷
人環大岡崎2−6愛産大三河

名古屋地区
東邦9X−8至学館(延長10回タイブレーク)
☆愛工大名電5−6中京大中京

尾張地区
愛知黎明7−0小牧工科
誠信0−10愛知啓成

知多地区
東海樟風0−7日福大付
大府15−2半田
横須賀3−12東浦

Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
10月1日
全尾張知多地区
阿久比球場

愛知大学リーグ2部
愛産大G
2日
秋季静岡県大会
草薙球場
3日
未定
7日
伊勢大会
ダイムスタジアム伊勢
Recent Comments
  • ライブドアブログ