コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

「あいのうた」最終回

大好きなドラマ、「あいのうた」が最終回を迎えました。
一言でいうとこのドラマらしい最終回。最後、片岡さん(玉置浩二)の死を描かないところなんかはもう本当に。安易に奇跡が起きたともしないあたりも。ただ、正直いうと喰い足りない気もしました。あんだけはじめに覚悟してください、このまま入院を、と言われていたのに、そのまま家にいるんか、とも思ったし。
ただ、やさしい気持ちになれる、本当にいいドラマでした。人を愛することの大切さ、人のやさしさのすばらしさを教えてくれたドラマだと思う。

人を愛すること、もう長いことしてないなぁ。これからそういう人と出会えるのかなぁ。不安ばっか一杯あるけど、生きなきゃね。笑顔で。そう思えるようになった。

僕の中でトップ3に入るドラマになりました。他の2つは「愛しているといってくれ」と「振り返れば奴がいる」なんですが。DVDでたら買おうと思います。

放送延長

今日は、「あいのうた」の最終回。しかし、トヨタカップのおかげで22:30スタートな上に延長になったらさらに遅れる・・・。普段、野球を見てるときは気にならないんですが、お目当てのドラマ、しかもどうしても録画して残したいドラマなので、もどかしくて仕方が無い。サッカーの結果がどうなるか、気にしていなきゃいけないし・・・。普段なら、それなりに気にして楽しんで見ていたと思うのですが、いまはとにかく、延長にならず、すんなり終わってほしいとばかり願っています。
日が悪いとはこのことですね。サッカーファンには注目の試合なんでしょうけどね。
今3−1になりました。イイヨイイヨー。はやく終わってね。続きを読む

プロレス大賞発表

東スポが選定するプロレス大賞が発表となりました。
受賞者は以下のとおり。
■2005年プロレス大賞受賞者

MVP 小島聡(全日本プロレス)

ベストバウト賞 小橋建太(ノア)VS佐々木健介(健介オフィス)

最優秀タッグ賞 曙(武藤部屋)、武藤敬司(全日本プロレス)
        日高郁人、藤田ミノル(ともにZERO1−MAX)

殊勲賞 力皇猛(ノア)

敢闘賞 中嶋勝彦(健介オフィス)

技能賞 TAKAみちのく(KAIENTAI−DOJO)

新人賞 曙(武藤部屋)

話題賞 インリン様

功労賞 故・橋本真也さん、故・松永国松さん

MVPは小島選手。3冠とIWGPの統一戦の勝ちから一年間、王者を防衛し続けたことが評価されたと思います。素直におめでとうございます、といいたいです。ただ、主役を張り続けた割りに、印象が落ちる時があるので、来年も、というか、ベルトを失ってからが大変だと思いますが、頑張ってほしいです。

後は、曙を評価しすぎ。いくらいいといっても、あの節制をまったくしていない体だけは、評価したくないです。来年は全日を離れるうわさもあります。サップみたいにならないといいですけどね。タッグはともかく、新人賞は、レスラーに上げてほしかったです。

中島君、TAKAさんは、どちらもとれてよかったと素直に思います。とくに、中島選手は、いい選手になったなーと思いましたから。これからも怪我しないようにしていってほしいですね。
ベストバウドは実際みましたが、文句なしでしょう。圧倒的でした。

新日が受賞者ゼロ。どこまで建て直せるか。まずはリングありき、を思い出してほしいですね。あとは、身の丈にあった興行をしていってほしいです。

人的補償は小田捕手に

野口のFAに伴う人的補償が発表になり、小田捕手が中日へ来ることになりました
個人的には阿部よりよっぽど捕手としてはいい選手(除く打撃)と思っていましたし、結構買っていた選手でしたので、いい選手が取れたと素直に思いました。ただ、巨人ファンはあまり評価していないみたいで、小田でよかった、っていう論調なんですよね。まぁ、あんまり見ていないから、ファンの目のが正しいかもしれないけど(笑)。でも2番手捕手争いをする選手としては、いい選手だと思いますので、頑張ってほしいですね。

ハットトリックが香港マイルを制覇

ハットトリックが香港マイルを制覇しました。
このところ香港ではなかなか勝てなくなっていましたが、今年はマイルチャンピオンシップを制して乗り込んだハットトリックが、勝ってくれました。正直、ハットトリックがマイチャンを勝った時はフロックかと思いましたが、どうやら違ったみたいですね。ごめんなさい。あと、さすがペリエ、ですね。
レース映像はこちら
ちなみにマイルのアナウンサー、ゴール板間違えてますね。デザーモか、お前わw。
シックスセンスはさすがの2着確保。このまま、最強の1勝馬を目指すんですかね?でも大健闘ですね。

W杯サッカーの組み合わせ発表

昨日、サッカーのワールドカップの組み合わせ抽選があり日本は、F組でブラジル、クロアチア、オーストラリアと同じ組になりました。
正直、どの国がどうってあんまり知らない、代表戦しか見ない、にわかサッカーファンですが、割と日本にとって有名なところと一緒になったなーというのが第一印象。勝ち上がるのは難しそうだなー、というのが第二印象です。ただ、まったくノーチャンスではないと思いますし、応援は頑張ってしたいとは思います。ただ、初戦はブラジルが良かったかなーというのが個人的な感想です。

新日本プロレスがレスナーと契約

新日本がレスナー獲得との記事が出ていました。
新日本プロレスも経営不振、ユークス子会社化、長州現場監督復帰、など迷走を続けています。これがきっかけになればいいんですが、ね。とにかく新日は猪木がガンだったと思いますので、猪木を完全に排除できればなんとかなる気はするのですが。若い選手は多いですしね。ただ、経営状態が悪いのに、レスナーに高給払えるのでしょうか・・・。これがとどめにならなきゃいいけど。

WBC選手日本代表発表

中日からは谷繁一人・・・。また叩かれるのかなぁ。
メンバーは以下のとおり。これに松井(NYヤンキース)が加わるかどうか?ということらしいです。
【投手】
清水直行(千葉ロッテマリーンズ)
渡辺俊介(千葉ロッテマリーンズ)
小林宏之(千葉ロッテマリーンズ)
和田毅(福岡ソフトバンクホークス)
杉内俊哉(福岡ソフトバンクホークス)
松坂大輔(西武ライオンズ)
上原浩治(読売ジャイアンツ)
黒田博樹(広島東洋カープ)
藤田宗一(千葉ロッテマリーンズ)
藪田安彦(千葉ロッテマリーンズ)
藤川球児(阪神タイガース)
石井弘寿(ヤクルトスワローズ)
大塚晶則(サンディエゴ・パドレス)

【捕手】
里崎智也(千葉ロッテマリーンズ)
谷繁元信(中日ドラゴンズ)
阿部慎之助(読売ジャイアンツ)

【内野手】
西岡剛(千葉ロッテマリーンズ)
今江敏晃(千葉ロッテマリーンズ)
松中信彦(福岡ソフトバンクホークス)
川崎宗則(福岡ソフトバンクホークス)
小笠原道大(北海道日本ハムファイターズ)
岩村明憲(ヤクルトスワローズ)
新井貴浩(広島東洋カープ)
井口資仁(シカゴ・ホワイトソックス)

【外野手】
和田一浩(西武ライオンズ)
金城龍彦(横浜ベイスターズ)
多村仁(横浜ベイスターズ)
青木宣親(ヤクルトスワローズ)
イチロー(シアトル・マリナーズ)

ロッテはえらいなー。8人も出して。阪神も藤川一人。オリンピックの時同様、あいかわらず非協力的なようで。今回は中日も人のこと言えないけどね。
怪我なく頑張ってほしいですね。

あだち充の「ラフ」映画化

あだち充の漫画、「ラフ」がタッチに続き映画化されることが発表されました。このところ、H2のドラマ化など、実写化が続々とされており、またも、という感じです。主演はタッチと同じ長澤まさみ。最初に思ったのは、原作もおんなじ顔だから違和感ないかって思いました。個人的には好きな話なので楽しみですね。タッチやH2と違い、手ごろな長さの漫画だし。映像も、似た体型の人で差し替えれば違和感ないんじゃないかなぁ。タッチは結局見に行ってませんが、ラフは行こうかなーと思っています。

「あいのうた」第9話

今回も、涙、涙でした。特に房子さんのあいちゃんに対する説得のシーンがすごくよかった。野球のシーンはべたですが、わかりやすくてよかったと思います。
ただ、ホームランを打ったら奇跡と言ったコーチ・・・。まぁ僕は、最後の拍手のシーンと合わせて、事情を知っているコーチが、あんまり気負うな、という意味で言ったと好意的な解釈をしましたが。単純に考えたら、ひどいコーチですねw。
気になったのは子供への告白のシーン。最近のドラマは、本当にその病気の人に気を使ってか、病名を出さないケースが多く、このドラマでもどうやら最後までこのまま行きそうなんですが、あの場面、なんで?の問いに病名を言わないのは不自然に感じました。いいシーンだけに、子供の問いに答えてない気がして・・・。

とうとう来週最終回。今回は予告もかなり抑えた見せ方でした。来週が非常に楽しみです。
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ(細川 浩平)

細川 浩平(ホソカワ コウヘイ)
コウでこれからも呼んでください^^

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
21日
名古屋地区予選
愛工大名電G
全日本プロレス
23日
名古屋地区予選
24日
未定
25日
西三河地区予選
刈谷球場
27日
名古屋ドルフィンズ戦
29日
ドラゴンゲート 東海市大会
30日
OZ女子プロレス
31日
地区予選
4月3日
ナゴヤドーム
中日−広島戦
Recent Comments
  • ライブドアブログ