コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

東邦ガス−三菱重工広島 観戦記(2019年JABAベーブルース杯)

5月5日に長良川球場で行われた第3試合、東邦ガス−三菱重工広島の観戦記です。
東邦ガスはわずかに決勝に行く可能性を残した試合でした。

東邦ガス
120032000|8
200002001|5
三菱重工広島

東邦ガス
柳川、屋宜、水田−柴田
三菱重工広島
鮫島、松下、川本、本間−佐々木

スタメン
東邦ガス
9上内 8大島 D小林満 3若林 5小野 7新村 2柴田 6金田 4飯田
三菱重工広島
7市原 6田中 D実政 3國本 8青木 4松永 9汐月 5田ノ濱 2佐々木

(試合経過)
1回表、2死2塁から4番若林がタイムリー。東邦ガスが先制。
1回裏、無死1、2塁から3番実政がタイムリー。無死1、3塁からゲッツーの間に1点。2−1
2回表、2死1、2塁から1番上内のタイムリー。2番大島のタイムリーで逆転。3−2
2回裏、1死1、2塁でピッチャー交代、屋宜。
4回終了時に球場を後にしました。

試合は東邦ガスが勝ちました。

東邦ガスは柳川投手が先発。ピリッとしないまま2回途中で降板。MAXは138km。ちょっと厳しい内容になりました。
屋宜投手はさすがのピッチング。試合の流れをしっかりと戻して中盤以降の追加点に繋げました。MAX143km。
打つ方は柴田選手が2打数2安打。見ていませんが5回には3ランを放ったようです。正捕手としてチームを引っ張る立場。打てる捕手ですし、予選での活躍が楽しみです。

三菱重工広島はベテランが多い印象。昨年は色々あって新人が入っていないですし、厳しい1年かもしれませんね。

王子−カナフレックス 観戦記(2019年JABAベーブルース杯)

5月5日に長良川球場で行われた第2試合、王子ーカナフレックスの観戦記です。
こちらもエースの近藤投手が登板。そのピッチングに注目しました。

王子
002030000|5 H6 E0
000000001|1 H6 E1
カナフレックス

王子
近藤、横尾、中野−細川
カナフレックス
青山、山田、竹内−福田、喜来

投手成績
王子
近藤 6回 75球 被安打4 死球1 三振2 失点0
横尾 2回 21球 被安打0 四球0 三振1 失点0
中野 1回 22球 被安打2 四球0 三振1 失点1
カナフレックス
青山 4回0/3 70球 被安打2 四死球2 三振2 失点4
山田 1回 30球 被安打1 四球2 三振0 失点1
竹内 4回 61球 被安打3 四球0 三振3 失点0

(出場選手)
王子
3吉岡 8亀山 4伊礼 7神鳥→9鴨田 6前田 D横川 9勝田→7→H沖繁 2細川 5大杉
カナフレックス
9安田→9青木 4武田→H山崎→6 D前出 5吉田 3北川 7田村 8新谷 6高畑→4 2福田→H年綱→2喜来

(試合経過)
3回表、2死2、3塁から2番亀山が2点タイムリー。王子が2点先制。
5回表、無死1,2塁でピッチャー交代、山田。1死満塁から2番亀山が押し出し四球。3番伊礼が2点タイムリー。5−0
9回裏、1死2塁から5番北川のタイムリー。5−1
王子が勝ちました。
続きを読む

マイル王にアドマイヤマーズ

NHKマイルC
1着 アドマイヤマーズ 1分32秒4
2着 ケイデンスコール 1/2
3着 カテドラル ハナ
4着 ダノンチェイサー
5着 グランアレグリア(4位入線降着)
10着 グルーヴィット

男馬の意地。2歳王者の意地。マイルでは負けない。アドマイヤマーズはグランアレグリアには負けてないわけで、2番人気というのは失礼だったか。
それでも勝ちタイムもいいですし、ミルコも今年はイマイチでしたが、こういうところで勝つのはさすが。
グランアレグリアは男馬と混ざるとしおらしくなるんでしょうか(笑)。牝馬同士とでは結果が変わるタイプなのかもしれません。メジロドーベルタイプかな。ルメールは騎乗停止。痛い騎乗になってしまいました。
グルーヴィットの複勝も買っていたのですが、前が詰まって10着。いい脚は使っていたのでこの後も追っていきたい馬ですね。

京都新聞杯
1着 レッドジェニアル
2着 ロジャーバローズ
3着 サトノソロモン

レッドジェニエルが直線抜け出してきました。ロジャーバローズが内で粘っていたのですが、差し切ってきましたね。
ダービーでどうこうではなさそうですが・・・。
11番人気の1着。予想は難しいですよね。

かしわ記念(jpn1)
1着 ゴールドドリーム
2着 インティ
3着 アポロケンタッキー

直線入るところで満を持して先頭に立ったインティを、ゴールドドリームが最後刺し切ってゴール。
レベルの高い2頭の一騎打ちでした。
インティは少し出遅れて自分のペースで逃げられなかった分、最後相手の台頭を許した感じでしたね。ただ、それでも強い。1,2着は相手関係で入れ替わる可能性がありそうですが、ほかの馬との差も感じるレースでした。
この2頭は今後もダート界を盛り上げそうです。

戦力不足

中日3−9巨人
中日2−7ヤクルト
中日4−8ヤクルト
中日6−5ヤクルト
中日2−7広島(延長10回)

笠原が離脱した時点で苦しい戦いになるのは分かっていましたが・・・。ただ、1人欠けただけでここまで苦戦するのは戦力が足らない証拠なんですよね。
代わりとなっている阿知羅、福谷が好投して、それなりに結果を出しているので、余計に戦力不足というのが響いてくるわけですが・・・。
それは分かっていたこと。今年は我慢しながら戦うしかない。それでもやりくりして踏ん張っている方ですけどね。
先を見たら鈴木博志抑えというのは分かりますし、ローテも我慢してる。又吉だけはちょっと使い方を決めてあげてほしい気がしますが・・・。
GWはここまで3勝7敗。負け越しが決定。残り2つ取れるか取れないかで大きく変わりますが・・・。

なんにしても先を見て戦ってほしいですね。

ホンダ鈴鹿−日本通運 観戦記(2019年JABAベーブルース杯)

5月5日に長良川球場で行われたJABAベーブルース杯、ホンダ鈴鹿−日本通運の観戦記です。
ホンダ鈴鹿はダブルエースの一人、瀧中投手が先発。ピッチングに注目して観戦しました。

ホンダ鈴鹿
0000000|0 H6 E0
000560X|11 H10 E1
日本通運

ホンダ鈴鹿
瀧中、福島、井村−柘植、長
日本通運
阿部、庄司−木南、木下

投手成績
ホンダ鈴鹿
瀧中 4回0/3 94球 被安打8 四球3 三振6 失点9
福島 1回 31球 被安打2 四球0 三振1 失点2
井村 1回 12球 被安打0 四球0 三振2 失点0
日本通運
阿部 5回 100球 被安打4 四球2 三振1 失点0
庄司 2回 38球 被安打2 四球0 三振2 失点0

ホンダ鈴鹿
7安慶名 4照屋 8中村 9畔上 2柘植→2長 D松本桃 6金子→H上野 5石井→5河津 3庄司→H西林
日本通運
7大谷 8手銭 D関本→H佐藤デ 3北川→H大槻→3 5稲垣 6諸見里 9内海→H藤嶋→9高橋 4浦部 2木南→2木下

(試合経過)
4回裏、1死満塁から5番稲垣が2点タイムリー2ベース。6番諸見里がタイムリー。2死1、3塁から8番浦部、9番木南が連続タイムリー。日本通運が5点先制。
5回裏、無死3塁から3番関本のタイムリー2ベース。無死満塁でピッチャー交代、福島。6番諸見里がタイムリー。代打藤嶋が満塁ホームラン。11−0
日本通運がコールドで勝ちました。
続きを読む

愛知大学リーグ1部の状況(5月6日現在)

愛知大学リーグ1部(5月6日現在)
1位 愛工大 7勝3敗 勝ち点3(残 愛院)
2位 中部大 4勝3敗1分 勝ち点2(残愛院・東学)
3位 中京大 5勝4敗1分 勝ち点2(残名城)
4位 愛院大 3勝5敗 勝ち点1(残中部・愛工)
4位 名城大 3勝5敗 勝ち点1(残東学・中京)
6位 東学大 2勝4敗 勝ち点1(残名城・中京)

愛工大が勝てば優勝でしたが、中部大が意地を見せ優勝に待った。
自力優勝の可能性は愛工大のみですが、優勝の可能性という意味では全チームに復活しました。

次週のカード
中部大−愛院大
名城大−東学大

中部大は勝ち点を取ってプレッシャーをかけたい。
名城大−東学大は負けた方が入れ替え戦に行く可能性が高まります。

来週は12日に熱田で行われます(11日はパロマ瑞穂)。珍しいというか記憶にないですね。

松蔭−千種 練習試合 観戦記(感想)

5月4日に松蔭Gで行われた練習試合、松蔭−千種のWの観戦記(感想)です。

松蔭
001000100|2 H7 E1
00020100X|3 H7 E0
千種

千種
021010100|5 H8 E2
100002021|6 H14 E1
松蔭

松蔭は先発の鯛取投手が好投。県大会出場校の千種相手にも通用することを証明しました。
また西川投手も好投。2試合目では佐藤投手が力のあるピッチングを見せ、生駒投手のサイドハンドもなかなか面白かった。
生駒投手に関してはアンダーでも面白いかも。強豪チーム対策にもなるし。

2試合目で中山選手がクリーンヒットを2本。夏に向けてのアピールになりましたね。

千種は三輪投手がさすがのピッチング。
1試合目は高橋選手のホームランが見事でした。高橋選手は3安打3打点とチーム全打点を記録。2年生ですし、先が楽しみ。
1年生で石田選手が出場し、光る打撃を見せてくれました。大型内野手として、覚えておきたい選手です。

名古屋商科大−愛知大 1回戦 観戦記(2019年春季愛知大学リーグ2部)

5月3日に名商大Gで行われた名商大(3勝5敗)−愛知大(5勝3敗)の1回戦の観戦記です。
愛大は負けると1位が厳しくなる、名商大は最下位の可能性が残る、大事な1戦です。

名商大
001300000|4 H11 E1
11050001X|8 H13 E1
愛大

名商大
西村、北野、濱川−丹治
愛大
緒方−寺崎

投手成績
名商大
西村 4回0/3 82球 被安打10 死球2 三振0 失点7
北野 2回 27球 被安打1 死球1 三振1 失点0
濱川 2回 31球 被安打2 四球1 三振1 失点1(自責点0)
愛大
緒方 9回 141球 被安打11 四死球2 三振5 失点4

西村投手は左のオーバーハンド。3年生。捉えられました。
北野投手は右のアンダーハンド。ストライク先行で上手く打たせました。
緒方投手は右のオーバーハンド。基本的には球威を抑え気味で入り、ここぞで力を入れるピッチング。力を入れた時は球威がありました。

(出場選手)
名商大
8鈴木 7金川 6後藤 2丹治 D茶野 3知念 5辻 4森 9柿下
愛大
7横井 6長谷部 9新井→H伊藤若→9田中来 8川良 3丹羽 D安田 2寺崎 4鈴木 5松下→H田中竣→5→5東

(試合経過)
1回裏、2死1、2塁から5番丹羽がタイムリー。愛大が先制。
2回裏、1死1、3塁からワイルドピッチ。2−0
3回表、1死3塁から3番後藤の内野ゴロの間に1点。2−1
4回表、1死1、3塁から2番金川が犠牲フライ。3番後藤の2ランホームラン。名商大が逆転。4−2
4回裏、1死2、3塁から1番横井がタイムリー。2死満塁から4番川良の満塁ホームラン。愛大が再逆転。7−4
5回裏、無死1塁でピッチャー交代、北野。
8回裏、1死1、3塁からライトフライ。ランナー自重も送球が乱れて結果ランナーホームイン。8−4
愛大が勝ちました。
続きを読む

星城大−愛知東邦大 1回戦 観戦記(2019年愛知大学リーグ2部)

5月3日に名商大Gで行われた星城大(5勝3敗)−愛知東邦大(3勝5敗)の1回戦の観戦記です。
愛知東邦大はまだ最下位の可能性があるので負けられない試合でした。

星城大
000000411|6 H8 E3
20031010X|7 H9 E7
愛知東邦大

星城大
澤田、松下、肥塚、新美−小田
東邦大
野田、佐藤、服部、清水−山下

投手成績
星城大
澤田 4回 57球 被安打7 四球0 三振1 失点5(自責点4)
松下 1回 11球 被安打1 四球0 三振0 失点1
肥塚 1回2/3 29球 被安打2 四死球2 三振0 失点1
新美 1回1/3 19球 被安打0 四球0 三振0 失点0
東邦大
野田 7回 100球 被安打5 四死球3 三振2 失点4(自責点0)
佐藤 2/3 16球 被安打2 四球0 三振0 失点1
服部 0/3 6球 被安打0 四球1 三振0 失点0
清水 1回1/3 被安打1 四球1 三振0 失点1

澤田投手は左のオーバーハンド。右手が遊んでるように見えるのですが、そのほうが投げやすいんでしょうね。まっすぐはまぁまぁ速い。
松下投手は右のスリークォーター。ボールに力があります。
肥塚投手は左のオーバーハンド。
新美投手は右のオーバーハンド。ピッチングが上手い印象。
野田投手は右のオーバーハンド。小柄ですが球威があり、それで押せるタイプ。
清水投手は右のオーバーハンド。上背があり、見た目は速そうですが、思ったより球が来ない。

星城大
8松見 7定塚→H浅井→7 9住→9尾関→H安田→R堀江→9 3栗田 5山口 D竹村→山本將 4向山→H藤原→4 2小田 6望月
東邦大
4大沢 5西川 3小久保 D角山 7山崎 2山下 8後藤→H角田→9 9金原→8 6又吉

(試合経過)
1回裏、1死1、3塁から4番角山がタイムリー。5番山崎のスクイズ成功。東邦大が2点先制。
4回裏、1死2、3塁から9番又吉がタイムリー。更に1死2塁から1番大沢がタイムリー。5−0
5回裏、2死から6番山下がソロホームランで6−0
7回表、無死満塁から8番小田が押し出し死球。更に9番望月の5−2−3のプレーでキャッチャー悪送球で1点。1死1、3塁から1番松見の2ゴロの間に1点。更に代打浅井のショート後方のフライを落としタイムリーエラー。6−4
7回裏、1死1、2塁から5番山崎がタイムリー。2死1、2塁でピッチャー交代、新美。7−4
8回表、2死2塁から7番藤原がタイムリー。ここでピッチャー交代、服部。2死満塁でピッチャー交代、清水。7−5
9回表、1死2塁から4番栗田がエンタイトルタイムリー2ベース。7−6
愛知東邦大が勝ちました。
続きを読む

愛知大学リーグ2部のレギュラーシーズン終了

愛知大学リーグ2部A
1位 愛産大 9勝1敗
2位 至学館大 5勝5敗
2位 星城大 5勝5敗
2位 東邦大 5勝5敗
5位 名産大 4勝6敗
6位 名経大 2勝8敗

愛産大が強力打線を中心に圧倒。1位を9試合目に決めました。

愛知大学リーグ2部B
1位 日福大 8勝2敗
2位 愛大 7勝3敗
3位 学泉大 5勝5敗
4位 同朋大 4勝6敗
5位 名商大 3勝7敗
5位 名院大 3勝7敗

直接対決で連勝し首位に立った日福大がそのまま逃げ切りました。
愛大は降格即復帰ならず。

名商大と名院大はプレーオフで最下位を決める形になります。

愛産大−日福大の2部優勝決定戦は25日からの勝ち点制で行われます。
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ(細川 浩平)

細川 浩平(ホソカワ コウヘイ)
コウでこれからも呼んでください^^

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
27日
パロマ瑞穂球場
愛知大学リーグ2部優勝決定戦
29日
都市対抗2次予選
岡崎球場
Recent Comments
  • ライブドアブログ