コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

朝日大−中京学院大 1回戦 観戦記(2022年秋季岐阜大学リーグ)

9月9日に長良川球場で行われた第2試合、朝日大−中京学院大の観戦記です。
中京学院大は注目の赤松投手が投げられないようで、この日も大島投手が先発。朝日大が攻略できるか注目して観戦しました。

朝日大
000000000|0 H3 E1
00000310X|4 H7 E0
中京学院大

朝日大
藤田(17)、石川(15)、荒井(16)−小出、林山
中京学院大
大島(18)、玉田(21)、佐藤(17)−安川

投手成績
朝日大
藤田 6回 99球 被安打4 四死球2 三振5 失点3(自責点1)
石川 1回 11球 被安打2 四球0 三振1 失点1
荒井 1回 15球 被安打1 死球1 三振0 失点0

中京学院大
大島 5回 67球 被安打3 四球1 三振5 失点0
玉田 2回 28球 被安打0 四死球2 三振1 失点0
佐藤 2回 24球 被安打0 死球1 三振0 失点0

(出場選手)
朝日大
6田口(10) 4石川大(6)→H林山(12)→2 3川本(3) 5墳下(33) 9末吉(9) D小栗(39) 8東谷(7) 7山城(23) 2小出(29)→H永井(25)→4中山(26)
中京学院大
9加藤修(1) 8高畠(3) 3廣田(5) 7千田(26) 5菅野(7) D増田(36)→H奥村(29) 6井上槙(11) 2安川(22) 4大村(8)

(試合経過)
4回表、1死満塁から6番小栗が強い当たりも投ゴロホームゲッツー。先制ならず。
6回裏、無死1,2塁から3番廣田の犠打を送球エラー。2塁ランナーが生還。尚も無死2,3塁から4番千田がタイムリー。5番菅野のゲッツー崩れの間に1点。中京学院大が3点先制。3−0
7回裏、2死2塁から2番高畠がタイムリー。4−0
中京学院大が勝ちました。

総評

5回までは投手戦。藤田投手の内容が良く、MAX145劼肇棔璽襪眩っていました。朝日大としては4回のチャンスで先制出来なかったのが結果的には痛かったですね。
6回は死球、エラーが絡んでの失点。やはり膠着した試合が動くのはこういうところからですよね。何とか先制するまで我慢したかったです。
中京学院大の大島投手は立ち上がり三者三振。この投手は2廻り、3廻りが課題ですが、4回のホームゲッツーは良い当たりも自分がしっかりと抑えてのホームゲッツー。大きなプレーになりました。
2番手の玉田投手は1年生。落ち着いた投球で1番からの好打順を抑えたことで6回裏の得点につながったと思います。
中京学院大は主将の西尾選手が不在でしたが、かわりに出た井上槙選手がやはり好守備を披露。いい選手はちゃんといるな、と感じさせてくれました。
こういう我慢した試合を取れるのが強いチーム。中京学院大もやはり力があるな、と感じますね。

ピックアップ選手等はこちら

9月10日試合結果

愛知県大会
1回戦
中部大第一11−2成章
刈谷8−1清林館(8回コールド)
愛知9−1安城南(8回コールド)
中部大春日丘10−0東浦(6回コールド)
愛産大工4−1横須賀
☆菊華2−4西春
人環大岡崎6−0小牧工科
享栄6−0犬山
豊田大谷3−4安城(延長11回)
☆名古屋2−3X誠信
桜丘3−13明和(5回コールド)
名経大市邨2−1豊田工科
☆日福大付2−3渥美農
滝4−6国府

刈谷、西春、明和と進学校の健闘が光る初戦でしたね。
特に明和のコールド勝ちは衝撃的でした。
享栄はもう少し点を取って勝ちたかったところかな、と。犬山が健闘したかもしれませんが。




岐阜大−中部学院大 1回戦 観戦記(2022年秋季岐阜大学リーグ)

9月9日に長良川球場で行われた第1試合、岐阜大−中部学院大の1回戦の観戦記です。
雨で約2時間遅れでの試合開始となりました。

岐阜大
0000000|0 H4 E0
013400X|8 H10 E0
中部学院大
(7回コールド)

岐阜大
錦見(18)、尾関(21)、齋藤(61)−川角
中部学院大
瀬田(14)、古澤(38)、志賀(21)−北

投手成績
岐阜大
錦見 3回2/3 83球 被安打9 四球4 三振3 失点8
尾関 1回1/3 21球 被安打1 四球1 三振0 失点0
齋藤 1回 11球 被安打0 死球1 三振0 失点0

中部学院大
瀬田 5回 59球 被安打3 四球0 三振6 失点0
古澤 1回 8球 被安打0 四球0 三振2 失点0
志賀 1回 15球 被安打1 四球0 三振0 失点0

(出場選手)
岐阜大
4赤木(2) 8篠田(7) 5田辺(24) 7大井(29)→7日比野(11) 9小西(8)→7 D小川(20) 3齋木(89) 6清水(22)2川角
中部学院大
6合屋(6) D森(8) 5宮坂(3)→R田中(23)→7 9三塚(1) 3中川(27) 7大江(1)→5江川(35) 2北(2) 8永井(7) 4桂(13)

(試合経過)
1回表、1死から2番篠田、3番田辺にヒットが出て1死1,2塁のチャンスも4番大井が3ゴロ併殺に倒れ先制ならず。
2回裏、先頭の6番大江がソロホームラン。中部学院大が先制。1−0
3回裏、無死1,3塁から5番中川が3ランホームラン。4−0
4回裏、1死3塁から2番森がタイムリー2ベース。更に2死1,3塁から5番中川が2打席連続となる3ランホームラン。ここでピッチャー交代、尾関。8−0
中部学院大が7回コールドで快勝しました。

総評

岐阜大の錦見投手は先日見た試合の時よりはボールが走っていて調子は良さそうでした。ただ、それを粉砕したのが中部学院大の3本のホームラン。特に5番中川選手の2打席連続3ランホームランは圧巻。一人で6打点と大活躍でした。
瀬田投手は逆に先日見た時よりはやや球速等抑えめでしたが、それでも初回のピンチをゲッツーで抑えてからは危なげない投球。5回を3安打無失点に抑え、古澤投手、志賀投手とつないでコールド勝ち。強さを見せました。
やはり長打は大きいですね。
岐阜大もバッティングの感じは悪くないです。2番篠田選手、3番田辺選手はいずれもマルチ。何とか先手を取ってあわてさせたいですね。

ピックアップ選手等はこちら


「アキラとあきら」を観てきました。

アキラとあきら
「アキラとあきら」を観てきました。

(あらすじ)
日本有数のメガバンク「産業中央銀行」に、新入社員として入社した山崎瑛(竹内涼真)と階堂彬(横浜流星)。瑛は実家の倒産により過酷な少年時代を過ごしたため、人を救うバンカーになりたいという大志を抱く一方で、大企業の御曹司である彬は情に流されず、冷静に仕事に取り組んでいた。ライバルとして火花を散らす二人だったが、ある案件で自らの信念を押し通した瑛は左遷されてしまう。片や順調に出世していた彬は、親族間の争いをきっかけに階堂家グループの倒産危機に直面し、瑛と彬の人生が再び交差していく。

池井戸潤さん原作の作品。
個人的に特に好きというわけではなく、TVドラマの半沢直樹とかは見ていない。というかああいうドラマは好きじゃないんですよね・・・。暑苦しさを感じてしまって。

で、映画はなんで見に行ったかというと、監督が三木孝浩さんだったから。これで3作続けて見た気がします^^;
映画自体は・・・。上手くまとまってハッピーエンドだったかな、と。個人的にはちょっと予定調和に感じて、感動とかあまりできなかったのですが。
なんて言うか自業自得って感じることが多くて・・・。弟君とか。
まぁ人間関係、特に血縁関係のもつれってのは、逆にやっかいなんでしょうね。

☆は3.5で。

2022年秋季愛知県大会展望

2022年秋季愛知県大会の展望を作成いたしました。

コウスポにて公開しています。

ベスト4は至学館、中京大中京、愛工大名電、東邦という、名古屋地区の上位4校となっていますが、もちろん波乱含みですし、分からないですよね。
どこが東海大会の切符を勝ち取るか、楽しみです。

残業失敗(2022年9月7日)

中日1−3広島

DSC_7529_1

久しぶりにバンテリンドームへ行ってきました。行くのは4月以来・・・。
間が空きすぎですね。
最近、TVですら見ることが減っているのも事実なのですが^^;。

先発は松葉投手。

DSC_7441_1

5回まで1失点とまずまずの内容。松葉投手は5回で降りることも多く、6回以降の登板は残業なんて言い方をされますが、この日も同点だったので6回のマウンドへ。ここで上手く中京大中京コンビの磯村選手、堂林選手に連打を打たれて、1死2,3塁で降板。後続の福投手が2死まではこぎつけるも、満塁から坂倉選手に勝ち越し2点タイムリーを浴びてリードを許し、そのまま広島の継投に打線が沈黙して敗戦となりました。
残業失敗という表題にしていますが、松葉投手は責められないですよね。内容は良かったですし。

DSC_7465_1

打線は初回に初先発の森投手から、速攻で1点を取って尚も無死1,2塁。ここで追加点を奪えなかったのが響きました。立ち直らせてしまいましたね。

DSC_7449_1

森博人投手

DSC_7501_1

藤嶋投手

DSC_7475_1

栗林投手

DSC_7515_1

地元のゆかりの選手が見れてうれしかったですが・・・。負けゲームはやはり簡便ですね。。。
広島の松本投手(ホンダ鈴鹿)が見たかったです。

DSC_7436_1

この試合の写真アルバムはこちら

名城大−創価大 観戦記(2022年清瀬杯全日本大学選抜準硬式野球大会)

9月6日にパロマ瑞穂球場で行われた第1試合、名城大−創価大の観戦記です。
勝てばベスト4進出となる試合。名城大は前の試合に続いて終盤に力を発揮しました。

名城大
000010421|8 H9 E3
001000000|1 H4 E2
創価大

名城大
伊藤(15)、山崎(11)−柴田
創価大
安野(25)、茂見(10)−行徳

投手成績
名城大
伊藤 8回 114球 被安打4 四死球5 三振0 失点1(自責点0)
山 1回 10球 被安打0 四球0 三振2 失点0

創価大
安野 6回2/3 117球 被安打6 四球7 三振3 失点5(自責点4)
茂見 2回1/3 43球 被安打3 四死球2 三振0 失点3(自責点1)

(出場選手)
名城大
7諌山(24) 6山田(8) 4岩田(1) D小塚(5)→H蒔田(38)→H田中(36) 9竹内(7)→3 5遠藤(9)→R小出(25)→5玉置(23) 8井上(10) 2柴田(12) 3山形(6)→9小島(34)
創価大
5原田(42) 6藤原(7) 3濱(1) 7橘(4) 2行徳(45) 9佐々木(3) 8山野(8) D小川(5)→H鈴木(2) 4曽我部(46)

(試合経過)
3回裏、1死2,3塁から5番行徳の左邪でタッチアップ。犠牲フライとなり創価大が先制。1−0
4回裏、2死から2つのエラーと四球で満塁となるも、3番濱が倒れ追加点ならず。
5回表、1死1,3塁から2番山田が同点タイムリー。1−1
6回表、1死1,3塁から8番柴田のスクイズがラッキーな動きもあってホームアウトに。結局後続も倒れ0点。
7回表、1死1,3塁から4番蒔田の1ゴロをファーストが少しファンブルして1塁のみアウトに。3塁ランナーが生還し勝ち越し。尚も2死1,2塁でピッチャー交代、茂見。6番遠藤がレフトへ2点タイムリー2ベース。7番井上のタイムリーエラーで1点。4点勝ち越し。5−1に。
8回表、2死2塁から2番山田が左中間を破り、ランニング2ランホームランに。7−1
9回表、2死3塁から8番柴田のタイムリー2ベース。8−1
名城大が勝ってベスト4進出決定。

総評

中盤まではやや名城大のが分が悪いかな、と思っていたのですが、徐々に打線が安野投手を捉えだして、疲れが見えた7回に一気に逆転。創価大のミスにも上手く乗じて点数を重ねました。
試合のポイントは7回表、1死2塁から3番岩田選手のところで2塁ランナーの諌山選手が3盗を決めたところ。結果4番の蒔田選手の1ゴロでホームイン出来て勝ち越しました。これが大きかったと思います。
8回のランニングホームランも、直前で諌山選手が盗塁を決めて2死2塁として、外野が前に来たところでの左中間深々と破る当たり。諌山選手の足が大きくものをいった試合になりました。
先発の伊藤投手は120卅鞍召竜紊任垢、ランナーを出しても落ち着いた投球が光りました。
試合としては4回裏、2死からエラーが続いて、四球を出して満塁。ここで点が取れなかった創価大は痛かったですし、流れが名城大に傾いた瞬間でした。
創価大は4回まで毎回得点圏のランナーも1点しか奪えなかった。そして終盤ミスが出てしまった。やはりエラーや四球は点数に絡みます。
名城大は前の試合に続いて7回以降の大量点。我慢して終盤勝負というのが板についてきましたし、この勢いで準決勝も戦ってほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら


名城大−上越教育大 観戦記(2022年清瀬杯全日本大学選抜準硬式野球大会)

9月5日にパロマ瑞穂球場で行われた準硬式の全国選抜大会、清瀬杯を見にいきました。
名城大が地元で試合。中盤までは上越教育大ペースで試合が進みました。

名城大
11100066|15 H12 E1
13000000|4 H6 E3
上越教育大
(8回コールド)

名城大
松下(14)、深田(17)、市橋(21)、成瀬(18)、八坂(16)−柴田
上越教育大
永見(18)、注連(3)−宮本

投手成績
名城大
松下 2回 39球 被安打4 四球2 三振0 失点4(自責点2)
深田 5回 62球 被安打2 四球1 三振4 失点0
市橋 1/3 7球 被安打0 四球0 三振1 失点0
成瀬 1/3 1球 被安打0 四球0 三振0 失点0
八坂 1/3 5球 被安打0 四球0 三振1 失点0

上越教育大
永見 6回2/3 128球 被安打9 四球9 三振3 失点9(自責点8)
注連 1回1/3 51球 被安打3 四球5 三振1 失点6(自責点5)

(出場選手)
名城大
7諌山(24)→H小出(25)→9 6山田(8)→6井戸(3) 4岩田(1)→4稲垣(4) D小塚(5)→R小島(34) 9竹内(7)→8 5遠藤(9)→H石本(41)→5玉置(33) 3山形(6)→H田中(36)→3 2柴田(12) 8井上(10)→7
上越教育大
3注連(3)→1 7伊藤(31) D川瀬(16)→5竹田(36) 8宮田(14) 9滝沢(39) 4宮尾(15) 2宮本(23) 5石田(25)→3 6神井(10)

(試合経過)
1回表、1死2塁から3番岩田のタイムリー。名城大が先制。1−0
1回裏、1死3塁から3番川瀬の犠牲フライ。1−1
2回表、2死2塁から2番山田のタイムリー。名城大が勝ち越し。2−1
2回裏、1死1,2塁から8番石田のタイムリー。2死2,3塁から1番注連の2ゴロがタイムリーエラー。2番伊藤がタイムリー。この回3点取って逆転。4−2
3回表、2死2塁から8番柴田のタイムリー。4−3
7回表、無死1,2塁から7番山形の送りバントを1塁送球がエラーとなり、2塁ランナーが生還。尚も1死2,3塁から9番井上がタイムリー。逆転。更に2死満塁から3番岩田の走者一掃の3点タイムリー2ベース。ここでピッチャー交代、注連。4番小塚がタイムリー。この回一挙6点。9−4
8回表、無死満塁から9番井上、代打小出のが連続押し出し四球。2番山田がタイムリー。3番岩田が犠牲フライ。3番小塚の打席でワイルドピッチが出て2者生還。この回も6点。15−4
8回裏、1死無走者でピッチャー交代、成瀬。2死無走者でピッチャー交代、八坂。
名城大が8回コールドで逆転勝ちをおさめました。

総評

序盤は点の取り合い。2回に上越教育大がひっくり返して、そのリードを永見投手が保つ。6回表には1死満塁を何とかしのいでまだ上越教育大ペースかとも思いましたが・・・。
その6回くらいから永見投手のボールが上ずって、7回にはバント処理でミスが2つでて同点に。そうなると踏ん張り切れなくなりました・・・。変わった注連投手もコントロールに苦しみ終わって見ればコールドまでに。ただ、これは仕方ないかな。
上越教育大はスタメンがすべて4年生。ベンチが1,2年生で3年生がいませんでした。多分教育実習とかですよね。そういう中でもスタメンの4年生が最後の大舞台ということで意地を見せて名城大を苦しめました。健闘だったと思います。
名城大は先発の松下投手が捕まり、苦しい試合になりましたが、2番手の深田投手が安定した投球で無失点投球。味方の反撃まで我慢しました。これが大きかったですね。
なかなか追いつけませんでしたが、バント等、やるべきことはしっかりと出来ていました。こういう試合を経て、勢いにのりたいですね。
地元での全国大会。応援も多く来ていました。4年生にとっては最後の晴れ舞台でしょうし、頑張ってほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら


星城大−愛知教育大 1回戦 観戦記(2022年秋季愛知大学リーグ2部)

9月4日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた第2試合、星城大−愛教大の観戦記です。
春に2部のプレーオフに進んだ星城大が秋の初戦でどういう試合を見せるか、注目して観戦しました。

星城大
3132010|10 H10 E1
0000000|0 H2 E0
愛教大
(7回コールド)

星城大
奥田春(19)、奥田域(18)−佐藤
愛教大
小笠原(77)、若尾(11)、江尻(61)、野村(17)、松尾(18)−伊吹

投手成績
星城大
奥田春 4回 52球 被安打2 四球0 三振4 失点0
奥田域 3回 28球 被安打0 四球0 三振4 失点0

愛教大
小笠原 1/3 13球 被安打0 四死球2 三振0 失点2
若尾 1回 14球 被安打4 四球0 三振0 失点2
江尻 2回2/3 38球 被安打5 四死球2 三振0 失点5
野村 2回 38球 被安打1 四球1 三振0 失点1
松尾 1回 15球 被安打0 四球0 三振1 失点0

(出場選手)
星城大
9秋山(26) 4住(4)→H大嶽(27)→6藤田(5) 4山本泰(6)→5竹田(2) D山本將(10)→H小野寺(8) 7浅井(24)→H長谷(1)→7 3清田(25)→H大坪(13)→8 8加治(23)→3佐久間(29) 6西川(7)→4 2佐藤(9)
愛教大
7辻(50) 3平野(5) 5久田(15) 4宮崎(10) 9浅井(59) 2伊吹(35) D新美(24) 8伊藤(8) 6山口(2)

(試合経過)
1回表、1死2,3塁でピッチャー交代、若尾。4番山本將が上手く変化球を捉えてレフトへ3ランホームラン。星城大が3点を先制。3−0
2回表、1死2塁から9番佐藤がタイムリー。1死1,3塁でピッチャー交代、江尻。4−0
3回表、1死2,3塁から6番清田が2点タイムリー。更に2死2塁から8番西川がタイムリー2ベース。7−0
4回表、2死2,3塁から4番山本將が2点タイムリー3ベース。9−0
6回表、1死3塁から3番竹田の犠牲フライ。10−0
星城大が7回コールドで快勝しました。

総評

星城大が4番山本將太選手の活躍で快勝。初回にいきなり3ランホームラン。いきなり直前で初回から投手が変わるという、愛教大の奇襲にも動揺せず、しっかりと変化球を捉えました。4回にも2点タイムリー3ベースを放つ大暴れ。さすが4番という打撃を見せました。本来はキャッチャーで、守備につかないということはどこか不安があると思われますが・・・。打撃は問題ないようですね。素晴らしい打撃でした。
奥田春投手から奥田域投手へとリレーして完封。奥田域投手は132匳个討い董∈犬箸靴討論いがありました。楽しみな投手ですね。
しっかりとコールドで勝ちましたし、地力の高さを感じるチームになってきていますね。
愛教大は継投で星城大の打線をかわそうとしましたが、かわしきれず。打撃は良い当たりもありましたが、相手の攻守にも阻まれました。
最後に投げた松尾投手はMAX136劼鬟沺璽。ボールに勢いがありました。
リーグ戦はまだ初戦。切り替えてここから戦いたいですね。

ピックアップ選手等はこちら


「TANG タング」を観てきました。

TANG
「TANG タング」を観てきました。

(あらすじ)
無職でゲームばかりしている春日井健(二宮和也)は、弁護士の妻・絵美(満島ひかり)に家を追い出されてしまう。人生の迷子状態になっている健は、ある日、記憶を失った迷子のロボットと出会う。健は「タング」と名乗るそのロボットと、冒険の旅に出る。

三木孝浩監督作品ということで観に行きました。
個人的には刺さらなかった作品。元々は外国の作品だったんですね。
なんて言うか、細かい部分が気になってしまって。旅に出るのはいいけどお金は?とか。
まぁ近未来の話で現金が使われなくなっている話みたいですが・・・。
タングはかわいいけど、その動きだと、一緒に回るの厳しくね?とか。
最後急にハッピーエンドになったなぁ、とか。
いつのまにタングと仲良くなった?とか。

人によって変わる映画かな、と。
☆3つで。

Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
6日
OP戦
8日
愛知大学リーグ2部
愛産大G
9日
愛知大学リーグ
パロマ瑞穂球場
10日
JABA伊勢大会
ドリームオーシャンスタジアム
11日
岐阜大学リーグ
長良川球場
Recent Comments
  • ライブドアブログ