コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

2019年見たドラマ(備忘録)

2019年1月〜3月※()は見た局
みかづき(NHK)
フルーツ宅配便(TV愛知)
トクサツガガガ(NHK)
ゆうべはお楽しみでしたね(CBC)
初めて恋をした日に読む話(CBC)
いだてん(NHK)※1年間

2019年4月〜6月
ヴィレヴァン(メーテレ)
パーフェクトワールド(東海)
きのう何食べた(TV愛知)
デジタルタトゥ(NHK)
東京独身男子(メーテレ)
ミラーツインズ(東海)

2019年7月〜9月
怪獣倶楽部(CBC)
凪のお暇(CBC)
これは経費で落ちません(NHK)
サギデカ(NHK)
ノーサイドゲーム(CBC)
サイレントヴォイス(TV愛知)

2019年10月〜12月
シャーロック(東海)
ハル(TV愛知)
G線上のあなたと私(CBC)
死役所(TV愛知)
おいしい給食(メーテレ)
新米姉妹のふたりごはん(TV愛知)
4分間のマリーゴールド(CBC)
ミスジコチョー(NHK)
時効警察はじめました(メーテレ)
孤独のグルメ8(TV愛知)
少年寅次郎(NHK)
グランメゾン東京(CBC)

「いだてん」は面白かったですね。1年観て良かったと心から思う終盤でした。
各期1本選ぶと・・・。
1月期 トクサツガガガ
4月期 デジタルタトゥ
7月期 凪のお暇
10月期 グランメゾン東京

ですね。10月期はシャーロック、死役所、おいしい給食も捨てがたいですが・・・。

2019年活動ふり返り

2019年の活動を振り返ります。

〇野球 316試合

〇プロレス 27大会
ドラゴンゲート 6
全日本プロレス 4
大日本プロレス 3
NOAH 
くいえべ興行
W−1
DDT
チームでら
新日本プロレス
OWE
JUST TAP OUT
マーベラス
アイスリボン
名古屋ドリームガールズ
東京女子プロレス
ozアカデミー
WAVE

〇バスケット 17試合

シーホース三河 4勝2敗
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 2勝3敗
FE名古屋 4勝2敗

〇ラグビー 4試合
トップチャレンジ 2試合
高校ラグビー 1試合
大学地区対抗 1試合

ワールドカップはTV観戦でした。

〇卓球 1試合
Tリーグを1度だけ観戦

〇サッカー 5試合
FC岐阜 2勝1分
名古屋グランパス 1分1敗

FC岐阜は来年J3・・・。何回かは応援に行きたいですね。

〇映画 21本
今年は少な目でした。

「ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー」
「洗骨」
「君は月夜に光り輝く」
「空の青さを知る人よ」

以上が個人的上位作品です。

〇本 16冊
ちょっと読む本が減りました。来年は増やしたいです。

「しょぼい起業で生きていく」
「下剋上球児」
「マンガでわかる最強の株入門」
「多分そいつ、今頃パフェとか食ってるよ。」
「しょぼ婚のすすめ 恋人と結婚してはいけません! 」

〇TVドラマ 29本
トクサツガガガ
ゆうべはお楽しみでしたね
きのう何食べた
デジタルタトゥ
凪のお暇
サギデカ
ノーサイドゲーム
サイレントヴォイス
シャーロック
死役所
おいしい給食
グランメゾン東京

以上、印象に残った作品でした。

2019年は一言で表すと「変」

変化の1年でした。来年はこれを「進」にするのが目標かな、と思っています。

1年間色々ありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。

2019年観戦振り返り

2019年の観戦をふり返ります。(2018年はこちら

◎観戦試合数 316試合

今年は自分の環境が変わったことで大幅に試合数が増加。

内訳(前年比)
高校野球 149試合(+43)
大学野球 74試合(+10)
社会人野球 49試合(+32)
プロ野球 12試合(−2)
プロ野球2軍 5試合(+5)
軟式社会人 15試合(+3)
女子プロ野球 1試合(−9)
大学社会人 4試合(−1)
中学野球 3試合(+1)
プロアマ交流戦 0試合(−1)
独立リーグ 2試合(+2)
草野球 2試合(+2)

今年行った球場
パロマ瑞穂、春日井、ナゴド、豊田、一宮、碧南臨海、刈谷、阿久比、ナゴヤ球場、熱田、岡崎、小牧、蒲郡、津島、豊橋市民、大垣北、長良川、大野レインボー、KYB、ダイムスタジアム伊勢、北勢、津、浜松、神宮、東京ドーム、守山市民、わかさスタジアム京都、京セラD、大治町民G

新規開拓は守山市民球場、大治町民G

高校G
豊野、愛工大名電、享栄、中部大春日丘、松蔭、惟信、名城大附、杜若、津島、愛産大工、名南工

大学G
中部大、中部学院大、愛産大、名城大、名商大、名経大、愛工大、中京大

社会人G
空見、三菱大府、王子、東海REX、トヨタスポーツセンター、ホンダAL、JR東海

各グランドで初は杜若、津島ですね。

◎球場別試合数ランキング
1位 岡崎球場 41試合
2位 パロマ瑞穂球場 35試合
3位 小牧球場 29試合
4位 長良川球場 16試合
5位 ナゴヤドーム 14試合
5位 豊田球場 14試合

今年は都市対抗予選が大幅に増えて、社会人野球観戦が増加。岡崎球場がトップの回数となりました。

印象的な試合

高校野球春
3月23日 松蔭−東海学園
3月25日 日進西−南山
3月26日 小牧−丹羽
4月1日 知多翔洋−半田工
5月18日 豊橋中央−科技高豊田

高校野球夏
6月29日 安城学園−豊野
7月7日 小牧工−名古屋
7月13日 誉−愛知
7月15日 西尾東−中部大春日丘
7月25日 安城東−桜丘
7月28日 誉−中京大中京
7月26日 緑−桜丘(軟式)

高校野球秋
8月14日 一宮南−津島北
8月19日 日福大付−知多翔洋
9月7日 大府−千種
9月15日 安城南−豊川
11月2日 加藤学園−県岐阜商

大学野球
OP戦 名古屋大−中部大
5月25日 名経大−名商大
6月11日 創価大−東北福祉大
6月12日 大商大−九産大
6月12日 宮崎産経大−東海大
10月22日 近大−関西大
11月4日 名大−名経大

社会人野球
5月2日 ジェイプロ−西濃運輸
5月22日 ホンダ鈴鹿−東邦ガス
5月30日 東邦ガス−ヤマハ
5月31日 トヨタ自動車−ホンダ鈴鹿
6月18日 鳥開ベースボールクラブ−ジェイグループ
6月24日 フタバ産業−GTRニッセイ
9月10日 東海理化−ヤマハ
9月12日 東邦ガス−ホンダ鈴鹿
10月31日 三菱自動車岡崎−ホンダ

ほんとはもっと絞りたかったのですが、絞ってこれだけになりました。
年間ベストバウトは・・・

7月15日、西尾東−中部大春日丘にします。

昨年の秋の激闘があってからの再戦でも激闘。その2試合を通じて見れたことも良かったです。

来年もいい試合がたくさん見たいです。

2019年最後のG気魯メガパフューム

東京大賞典 G機D2000m
1着 オメガパフューム 2分4秒9
2着 ノンコノユメ 1
3着 モジアナフレイバー 2
4着 ゴールドドリーム 1/2

オメガパフュームは大井が得意なんですね。これで4戦3勝2着1回。
オメガパフュームどうこうよりも、ここのところ干されている、と言われるミルコが勝ってなんかホッとしたというかうれしくなりました。
ミルコは拠点を関東に移すということですし、いいきっかけになるといいですね。
ノンコノユメは地方に移ってからむしろ成績が安定。確実に上位にきていて、今回もあわやの2着。まだまだ健在というところを見せてくれてうれしい。
モジアナフレイバーは純粋な大井出身の地方馬で3着は快挙。まだ4歳ですし来年以降も楽しみ。
ゴールドドリームは早めに仕掛けて4着。ちょっと間隔詰まっていましたし、調子落ちとかあったかもですね。

もう1頭の無敗2歳チャンプ誕生(12月28日重賞回顧)

ホープフルS G機2000m 2歳
1着 コントレイル 2分1秒4
2着 ヴェルトライゼンデ 1 1/2
3着 ワーケア 2
5着 オーソリティ

1番人気に押されたコントレイル。東スポ杯2歳Sで1分44秒5という驚異的なタイムで勝った力は本物でしたね。力のいる馬場をこなした経験も大きい。ほぼ持ったままで直線を迎えて余裕残しでの勝利。
この後は皐月賞に直行のようです。それはそれでまた本番で悩むことになりそうですが・・・(笑)。
2歳最優秀牡馬はサリオスになる気がしますが、G気任猟樟楝亰茲漏擇靴澆任后

ヴェルトライゼンデはそつなく競馬をして2着。ドリームジャーニー産駒として頑張ってほしいですよね。現時点ではコントレイルとは差がある感じですね。
ワーケアも後方から3着まで上がったものの、上がり3ハロンは上位2頭にコンマ1秒負けてる状態。こちらはハーツクライ産駒ですからまだまだ伸びるでしょうが。
オーソリティは道中外々を周った分、最後脚が上がった感じでした。いい感じで4角は上がっていったのですが。
2着以下の馬が次走どういう競馬をするか、来年のクラシックに向けて注目ですね。

サリオス、コントレイルの2強に他の馬がどう絡んでくるか。楽しみです。

2019年12月写真アルバムリンク

12月1日 東海学園大−中京大

12月1日 中京大−東海学園大

12月2日 全日本プロレス 名古屋国際会議場大会

12月7日 名古屋グランパス−鹿島アントラーズ

12月14日 FE名古屋−バンビシャス奈良

12月14日 阿波野コーチ スポ音トークライブ

12月17日 シーホース三河−川崎ブレイブサンダース

12月21日 豊田自動織機シャトルズ−栗田工業ウォーターガッシュ

12月22日 プロレスリングWAVE 名古屋大会

12月25日 名古屋Dドルフィンズ−琉球ゴールデンキングス

12月26日 大日本プロレス 名古屋レジェンドホール大会

大日本プロレス 名古屋大会(12月26日)感想

大日本プロレスの名古屋レジェンドホール大会に行ってきました。

今大会は6人タッグ選手戦の1回戦4試合を含む6試合が行われました。

bjw1226_01


〇青木、佐藤−石川、●森廣
以前見た時より、選手に色が付いてきたかな〜という印象。大日本は若い選手が育ってきているのが強みですよね。


浜、〇中之上−関本、●オルカ
関本が6人タッグに入ってなくてチームを組めるところがすごいな。
オルカ宇藤は我慢の時ですね。
浜は存在だけでインパクトがあるのがすごい。


〇岡林、火野、兵藤−河上、●菊田、忍
岡林、火野が体格で圧倒した感じでしたが、兵藤の好アシストが光りました。彼がいたからチームがより光ったという試合。



〇橋本、神谷、野村−吉田、タンク、●吉野

2AWチームもトップ選手がいるので、試合としては盛り上がりました。
吉田選手はいい選手ですね。新日にも上がっていたし。
神谷選手は大きな舞台で見たい選手。


竹田、〇塚本、佐久田−伊東、藤田、●星野
安定のデスマッチの6人、という感じですが、藤田をデスマッチで見るのは初めてかも。
上手くこなしていたな、という印象。さすがでした。


木高、宮本、〇コバヤシ−サスケ、バラモンシュウ、●バラモンケイ
バラモン兄弟がいる時点ではちゃめちゃな試合ですよね^^;
マスター(サスケ)とのトリオが名古屋で見れるのは貴重だったと思います。

サスケ、ほとんどまともに試合していない(念力?での技ばかり)。脚立へのバンプは見せていたけどw
面白い試合でした。


1試合目から中だるみなく魅せることが出来るのが大日本の強みですよね。また1月の大会が楽しみです。

「なぜ日本人メジャーリーガーにはパ出身者が多いのか」を読みました

「なぜ日本人メジャーリーガーにはパ出身者が多いのか」を読みました。


お股ニキさんの本は前作(セイバーメトリクスの落とし穴 (光文社新書) )も読んでます
どちらかというと、今作のがさらっと読めますね。客観的に、データを元にパリーグとセリーグの違い、野球の質やドラフト、監督の采配などを書かれています。
監督の采配の部分は面白かったですね。監督によっては印象と違う方もいましたし。

タイトル以上に、プロ野球好きな人なら読んで面白いと思います。メジャー云々はむしろ前作のが内容が多かったと思います。

これまでの考察にきちんと言葉で説明できるのはすごい。こういうのが出来るようになりたいですよね。

☆4つで。


名古屋Dドルフィンズ−琉球ゴールデンキングス 12月25日(Bリーグ2019−2020)感想


名古屋Dドルフィンズ80−92琉球ゴールデンキングス

第3Qが終わるところまでは名古屋Dがリードしていたんですけど・・・。

名古屋Dは故障者が多く、張本選手と中東選手が出場なし。特定の選手の出場時間が伸びるので、終盤苦しくなってくるんですよね。その流れがもろに出た試合でした。

安藤選手が35得点の大爆発。4点プレー(3点シュート+カウントスロー)も2回決めるなど、マークされながらの活躍は素晴らしかった。
あと木下選手も出場が少ない中で要所で3ポイントを決める活躍。まだ22歳で楽しみな選手ですね。

今は我慢の時。なんとか1つでも接戦を取りたいところですね。

琉球は第2Q終了間際、第3Q終了間際にいずれもしぶとく点を取ってきた。これが第4Qにつながった感じでしたね。
あと、リバウンドの上手さ、強さが名古屋に比べて上でした。外国人の差が出た形だったかな。

琉球はアウェイでもブースターが多かった。平日ですごいですね。
DSC_2248_1
DSC_2269_1DSC_2320_1DSC_2341_1DSC_2342_1
DSC_2411_1

「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」を見てきました。

01映画「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」を見てきました。

(あらすじ)
人類はヒューマギアの反乱以来、彼らに支配されていた。タイムジャッカーの介入で変更された歴史に驚く仮面ライダーゼロワンこと飛電或人(高橋文哉)は、ヒューマギアのアナザーゼロワン(和田聰宏)が存在することによってゼロワンとしての能力を失う。本来の世界に修正するため、或人は仮面ライダーだったときの記憶がよみがえった常磐ソウゴ(奥野壮)と一緒に、元凶となった12年前に向かう。

冬のライダー映画はお祭り的要素が強いのが例年なのですが、今年のは完全に01(ゼロワン)とジオウに絞ったお話で、現行のゼロワンに添った内容で、上手く話が出来ていたな、と感じました。

部分的に気になること(ライダーの力を奪ったわりに普通に変身してた、とか)がありましたが、良くまとまっていたし、ジオウ側が先輩として、ゼロワンを引き立てていたかな、と感じる内容。

本編では語られてないデイブレイクの真相なども出てきたし、よくできていました。

ツクヨミがどんどん強くなっていて笑える^^;

☆は4つで。
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
25日
ラグビートップリーグ
パロマ瑞穂ラグビー場
26日
アイスリボン
大日本プロレス
2月1日
Tリーグ観戦
8日
東京女子プロレス
16日
豊田スカイホール
シーホース三河戦
3月22日
アクトレスガールズ
Recent Comments
  • ライブドアブログ