コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

「夜の虹を架ける 四天王プロレス「リングに捧げた過剰な純真」」を読みました。

夜の虹を架ける 四天王プロレス「リングに捧げた過剰な純真」を読みました。

四天王プロレス
自分は全日派でした。プロレスを見るようになったのは1992年の高校2年生の時。深夜の全日本プロレス中継を見てそれから。
小学校の頃はいとこがプロレスファンでしたので、その影響でたまに見るくらい。その頃も新日本よりは全日本がどっちかと言えば好きでした。というか猪木のプロレスがあんまり好きじゃなかった。困ったら延髄、ナックルパート・・・。ナックルって反則じゃないの?とかそういうのが気になっていました。

ファンとして復活した頃、もちろん新日本も見れたのですが、やっぱりはまれなかった。基本的にひねくれもので、他の人がいいというものを疑う性分。四天王でも田上ファンでした。超世代軍ばかり取り上げられるので、相手となる田上頑張れって思ってましたね。

週刊プロレスも毎週買うようになり、ずーっと続きました。週プロ信者と言ってもいい感じだったかも。主催した東京ドーム大会(95年4月2日)も行きましたし。新日本が取材拒否した時も買い続けました。

この本の作者、市瀬さんの全日愛の深い文も大好きでした。深化する全日本。さすがにNOAHになり、三沢選手の体型が崩れてきてからは、このままでは、とも思ったりしていましたが。

その全日本プロレスの当時の情景、裏側、当事者たちの声、うめき・・・。800ページ以上の分厚い本ですが、一気に読めてしまいました。

今現役が誰もいない四天王(川田選手はまだ引退はしていませんが)。その代償と言ってしまえばそれまでですが、それだけじゃない輝きがこの本には詰まっています。
プロレスファンには読んでほしい本ですね。

☆5つで。

「サムライマラソン」を観てきました

サムライマラソン
「サムライマラソン」を観てきました。

(あらすじ)
長きにわたり鎖国をしてきた日本に、アメリカから海軍総督ペリー(ダニー・ヒューストン)が黒船でやって来る。彼と面談した幕府大老の五百鬼祐虎(豊川悦司)は、開国を迫られる。一方、安中藩主の板倉勝明(長谷川博己)はペリーが口にする和親条約というのは名ばかりで、アメリカの本当の狙いは日本への侵略だと疑っていた。

なんだろう。話のすじがバラバラなんですよね。タイトルと内容も合ってないような気がするし。

ただ、小松菜奈はかわいい(笑)。彼女目当てで観に行きましたが、存在感はさすが。

外国人の監督さん(バーナード・ローズ氏)なのですが、その人が血いみるチャンバラが撮りたかった、そんなのが表に出過ぎた作品かなって思います。
原作もこんな話なのかな・・・。

森山未来、佐藤健、竹中直人ら、出演者はそれぞれ魅せていました。そこでカバーしたので☆3つで。

もうちょっと脚本なんとかならなかったんかなぁ・・・。

ジェイプロジェクト−永和商事ウィング OP戦 観戦記

2月25日に北勢公園球場で行われたジェイプロジェクト−永和商事ウィングの観戦記です。

ジェイプロジェクト
000000141|6 H13 E1
000000000|0 H6 E1
永和商事ウィング

ジェイプロ
岩田(2)、池邊(1)、永尾(2)、国廣(1)、小森(2)、古屋(0/3)、松下(1/3)、吉田滉(2/3)−岡田、伊藤、松坂
永和商事
木山(4)、北野(3)、荒木(1)、高橋(1)−加藤、内藤

()はイニング数

ジェイプロジェクト
5田中 6前田 7伊藤 8橋本 D吉富 3小川 9今津 4進藤 2岡田
永和商事ウィング
8渡邉 4坂本 D築地 6丸山 7萩元 9川嵜 5大石 3山本 2加藤

(試合経過)
7回表、2死3塁からワイルドピッチで1点。ジェイプロが先制。
8回表、先頭の9番伊藤が右中間へホームラン。2死満塁から代打恒川が走者一掃の3点タイムリー2ベース。5−0
9回表、1死2塁から1番片岡がタイムリー。6−0
ジェイプロジェクトが勝ちました。

ジェイプロジェクトは終盤に大量点。途中出場の活躍が目立ちました。ルーキーも多かったようですし、競争が激しくなれば底上げが楽しみですね。
ホームランを放った伊藤捕手もルーキーとのこと。楽しみな選手ですね。
投手陣は多くの投手が登板。目立ったのは左で速かった永尾投手、アンダーハンドで球威のあった國廣投手、以前見た時よりボールが走っていた小森投手、ですね。
小森投手は東邦、中部大、ジェイプロでのこれまでを含めて、素質はありそうなのに、といつも思っていましたが、この日は抜群の球威、コントロールを見せていました。ちょっと期待出来そうかも。

永和商事は木山投手が安定。ルーキーの荒木投手が炎上した形に。ただ、まっすぐはこの時期にしてはかなり速く、面白そうなピッチャーでした。
サードの大石選手が好守備を魅せ、打つ方でも2ベースを1本。2番の坂本選手が唯一の複数安打を放ちました。

3月21日からの東海地区春季大会が最初の公式大会になるかな?楽しみですね。

先週(2月24日)重賞回顧

阪急杯
1着 スマートオーディン
2着 レッツゴードンキ
3着 ロジクライ
7着 ミスターメロディ

スマートオーディンは2歳〜3歳で重賞を3勝した素質馬。ダービー後に怪我で2年休んで昨年エプソムCで復帰してから4走は着外。11番人気でしたが、一気に大外からごぼう抜きで復活走。次は1600mに行くとのことですが、マイル戦線が面白くなりそうですね。
レッツゴードンキ、ロジクライという歴戦の古馬が上位に。
ミスターメロディは直線に入るまではいい手ごたえに見えたのですが、直線よれて失速。他馬の邪魔もしていましたし・・・。ジョッキー変わったら見直したいかも。

中山記念
1着 ウインブライト
2着 ラッキーライラック
3着 ステルヴィオ
4着 スワーヴリチャード
5着 エポカドーロ
6着 ディアドラ

G1馬5頭を差し置いて勝ったのは中山巧者ウインブライト。レースに賭ける思いの強さも影響したかな、と思いますね。中山のG1レースで古馬中距離があるといいんですが・・・。
ラッキーライラックも強い競馬でした。元々は強い牝馬世代でアーモンドアイが化け物すぎただけで、この馬はそこに勝てなかっただけの馬。秋に惨敗から立て直した陣営に拍手。
ステルヴィオは休養明けと思えばいい感じ。春は中距離〜マイルで活躍しそうですね。

エポカドーロがちょっとがっかり。買うつもりで避けたんですが、元々は応援している馬。ジョッキー変えてほしいな。

FC岐阜開幕戦勝利

DSC_0291
FC岐阜2−0モンテディオ山形

来場者数8878人

FC岐阜の2019年開幕戦に行ってきました。

昨年は中盤7位くらいまで浮上したことがあったのですが、そこから泥沼の連敗になり、結局20位と降格まで気にして戦う状態に最後はなってしまいました。

今年こそ、なんとか10位以内に入ってほしいと思いつつ、期待半分、不安半分で試合を観に行ったのですが、結果は快勝。

前半は0−0で折り返し。ただ、内容的には岐阜よりも山形のがチャンスが多かった。後半どうなるかな、と思いましたが、後半8分に、ライアンが高い位置でボールを奪ってドリブルで粘ってゴール前へ。柳澤が上手く抜けだして、マイナスのグラウンダーで風間が冷静に決めて先制。
ここからは岐阜がやりたいサッカーが出来るようになって、試合を支配。後半27分にも高い位置で山岸が奪って風間にスルーパスを出してまたもゴール。理想的な形で2点を奪って勝ちました。

風間選手が絡まないと得点は難しい感じがありますが、そこからバリエーションを増やして次の試合からも頑張ってほしいですね。
昨年はあまりいい活躍を見れなかったライアン選手がかなりチームにフィットしてきていました。今後も期待。

ビクトル選手が当たっていたのも大きかった。控えで外国人のキーパーを取ったのも刺激になっていそうですね。

次はいつ行けるか分かりませんが、また見に行くのが楽しみです。

クラシックオーケストラ観賞

人生で初めてクラシックのオーケストラ観賞に行ってきました。
名古屋フィルハーモニーの定期演奏会。
愛知芸術劇場も初めて行きました。ほぼ客席が埋まっていましたね。
DSC_0282
DSC_0283
DSC_0284
DSC_0285
基本撮影禁止と言っていたので、入った直後の写真のみで。

迫力とか、生で聴くのはいい、とは思いますが、やっぱり曲を知らないのは痛いなとも感じました。
知ってる曲を聴いてみたいな、と思いますね。事前勉強も必要だなと。

いつかドラクエのコンサートに行ってみたいです。

「半世界」を観てきました。

半世界
「半世界」を観てきました。

(あらすじ)
とある地方都市。山中にある炭焼き窯で、炭焼き職人として備長炭を製炭する39歳の紘(稲垣吾郎)は、帰郷してきた中学時代からの友人である元自衛官の瑛介(長谷川博己)と再会する。彼の一言を契機に、紘は父親から何となく継いで炭焼きの仕事をこなし、仕事を理由にして家庭のことを妻・初乃(池脇千鶴)に任せていたことに気付く。さらに別の同級生・光彦(渋川清彦)からは、息子の明に対して無関心だと言われてしまう。紘は仕事や家族に向き合おうと決意する一方、瑛介の過去を知り......。

稲垣吾郎が普通のおっさん役。最初一瞬分からなかったくらい、オーラを消しての役は見事でしたね。

全体的に話のつなぎ方というか、描写の仕方がいまいちで、あれ、あのあとどうなったの?と感じることが多かった部分はマイナス。

三重のいなか町での墨作りとか、生活とかそういう描写は良かったですね。言葉は標準語でしたが。(笑)

池脇千鶴さんは改めてすごいな、と感じました。彼女の演技でプラスして、☆4つにします。

吾郎ちゃん、この映画をきっかけに、役者としてたくさん出られるようになるといいですね。

ドラゴンゲート 岡崎大会(2月20日)感想

2月20日に岡崎竜美丘会館で行われたドラゴンゲートを見てきました。

正直当日まで行くかどうか悩んでいました。やっぱり岡崎までは遠いですし・・・。今回は電車で行きましたが、ある程度時間はかかりますからね。
それでも行こうと思ったのはカードが面白そうだったから。
IMG_20190220_182057
なんていうか、闘龍門時代を思い出させるカード。特にセミ。それ以外にも市っちゃんまで出るし、シュン−吉田のシングルもあるし、ということで行くことにしました。

第1試合はトライヴヴァンガード−R・E・Dの6人タッグ。
DSC_0260
1試合目から激しい試合。YAMATOが捕まる珍しい試合でした。最後は清水がカゲをピン。清水が良くなっていましたね。

第2試合は市っちゃんが問題龍とのタッグでガンマ・フジイさんと。
DSC_0261
DSC_0264
市っちゃんを岐阜以外で見るのいつ以来だろ。背中におかざえもんが書いてありました。
定番の秒殺→再試合も無く、ちゃんとした試合で沸かせていました。面白かった。

第3試合はシュン−吉田のシングルマッチ。
DSC_0268
PACとのタイトルマッチを控えていることを考えるとちょっと物足りない内容でしたが、最後の長身を活かしたジャックナイフ固めは丸めこみでも説得力がありました。
前日には丸藤選手とも対戦。いい経験を積んできていますね。

セミは斉了、クネス−シーサー、キッド。
Do FIXER−正規軍って感じの組み合わせですよね。
DSC_0269
DSC_0271
シーサーも久々に見ました。テクニックは変わらずで逆に目新しかった。

メインはマキシマム−ナチュラルバイブス。
まずはダンスで沸かしていました。
DSC_0272
DSC_0275
DSC_0278
最後は石田がタイガースープレックスで堀口からピン。石田も良くなりましたね。
DSC_0279
石田がマイクで締めていました。

途中で斉了がマイクで言っていましたが、当たり日だったと思います。最近見た中ではトップクラスの大当たり興業でした。
選手の当たりも強くて、ノリも良かったですし、ビックマッチか、とすら思う大会に。カードからして、プロモーターがいたのかな?要望があったのかな?と思える大会でした。

行って大正解。楽しかったです。こういう興業に当たることがあるから、足を運んじゃうんですよね^^;。

「フォルトゥナの瞳」を観てきました。

フォルトゥナの瞳
「フォルトゥナの瞳」を観てきました。

(あらすじ)
幼いころに飛行機事故で家族を亡くした木山慎一郎(神木隆之介)は、仕事一筋に生きてきた。しかし、死が近い人が透けて見えることに気付いた彼は、自らの不思議な力に悩む。ある日、慎一郎は明るく率直な女性・桐生葵(有村架純)と出会い、二人は付き合い始めるが、葵の体が透けてくる。

この映画、三木孝浩監督だったから観に行きました。
「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」
「陽だまりの彼女」
この2本はすごく好きな映画でしたから。「坂道のアポロン」も良かった。

ファンタジー色の強い秘密があって、それにまつわる物語。ただ、“ぼく明日”ほどのめりこめなかったのは設定のせいか、役の性格のせいか・・・。
結末も含め泣けませんでした。先もある程度読めてしまいましたし・・・。共感出来ないってのは厳しいですね。
最後の種明かしも・・・。“ぼく明日”はすごかったんだな、と改めて思いました。

話的には「きみにしか聞こえない」にも近かった。そことも比較してしまった部分はあったかなぁ。

☆は3つで。

ダート界の新生チャンピオン、インティ

第36回フェブラリーS(17日、東京11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、ダ1600メートル、1着本賞金1億円 =出走14頭)今年最初のJRA・GIは、1番人気のインティが鮮やかな逃げ切り。破竹の7連勝で、GI初制覇を飾った。鞍上の武豊騎手(49)=栗・フリー=は、同レース歴代最多の5勝目となった。タイム1分35秒6(良)。2着はゴールドドリーム、3着はユラノト。JRA女性騎手として初めてGIに騎乗した藤田菜七子騎手(21)=美・根本=のコパノキッキングは5着だった。(サンケイスポーツより)

1着 インティ 1分35秒6
2着 ゴールドドリーム クビ
3着 ユラノト 4馬身
4着 モーニン
10着 オメガパフューム

インティは強かったですね。すぐに先頭に立ってマイペースに落とせた時点で勝負は決まった印象。そこに最後追い詰めたゴールドドリームも相当強い。
この2頭にルヴァンスレーヴを加えた3頭の対決は今後楽しみですね。ダートがますます盛り上がりそう。
買っていたモーニン、オメガパフュームが3着に来なくて馬券的には外れ。モーニンは惜しかったんだけどな。

そのほかの重賞。
◇ダイヤモンドS
1着 ユーキャンスマイル
2着 サンデームーティエ
3着 カフェブリッツ

ユーキャンスマイルは万葉Sの2着から反撃。強い勝ち方でしたし、天皇賞春での出番もありそう。メンバーによっては勝ちきる可能性も。

◇京都牝馬S
1着 デアレガーロ
2着 リナーテ
3着 アマルフィコースト
5着 ミスパンテール

ミスパンテールの5着をどう見るか。1400mという距離も結構曲者だった気がしますね。デアレガーロは昨年2着。同条件での好走馬というのは注意しなければ。

◇小倉大賞典
1着 スティッフェリオ
2着 タニノフランケル
3着 サイモンラムセス

スティッフェリオは前走重賞で1着。ハンデ戦の前走1着はやっぱり買いですね。てっきり1番人気だと思っていたので3番人気にびっくり。買えば良かった・・・。
タニノフランケルもこれで2連続重賞で好走。次は勝てそうですので、注意したいですね。
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ(細川 浩平)

細川 浩平(ホソカワ コウヘイ)
コウでこれからも呼んでください^^

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
21日
名古屋地区予選
愛工大名電G
全日本プロレス
23日
名古屋地区予選
24日
未定
25日
西三河地区予選
刈谷球場
27日
名古屋ドルフィンズ戦
29日
ドラゴンゲート 東海市大会
30日
OZ女子プロレス
31日
地区予選
4月3日
ナゴヤドーム
中日−広島戦
Recent Comments
  • ライブドアブログ