コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

愛知工業大−名城大 3回戦 観戦記(2019年春季愛知大学リーグ)

4月8日にパロマ瑞穂球場で行われた愛工大−名城大の3回戦の観戦記です。
一部昇格直後の愛工大が昨秋優勝校の名城大相手にどう戦うかに注目して観戦しました。

愛工大
012300000|6 H6 E0
000101000|2 H5 E2
名城大

愛工大
中村、山口、新村−尾濱
名城大
村瀬、近藤、横尾、二宮−奥原、野口

投手成績
愛工大
中村 4回 57球 被安打4 四球0 三振2 失点1
山口 1回0/3 28球 被安打0 四球4 三振0 失点1
新村 4回 62球 被安打1 四球2 三振4 失点0
名城大
村瀬 2回2/3 51球 被安打2 四球3 三振0 失点3
近藤 1/3 3球 被安打0 四球0 三振0 失点0
横尾 4回 58球 被安打4 四球2 三振4 失点3
二宮 2回 21球 被安打0 四球0 三振0 失点0

中村投手は左のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ速い。ボールは走っていました。
山口投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか速い。波佐見出身の1年生。コントロールに苦しみました。
新村投手がピンチで登板。落ち着いた投球で最少失点で食い止めました。決めに行くまっすぐがコースに決まり見逃し三振を多く取っていました。
名城大は村瀬投手が登板。まっすぐはなかなか。毎回先頭を出したところで苦しいピッチングに。
近藤投手は右のサイドハンド。豊田高校出身の2年生。
横尾投手は右のオーバーハンド。上田西出身の1年生。まっすぐはかなり速い。三振の取れる球威を持っていて今後楽しみなピッチャー。
二宮投手は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ速い。連投でしたが危なげないピッチングが光りました。

愛工大
7後藤→8矢野 6平本 8市川→7 9中井 4岡田 3山本航 D田中→H竹腰 2尾濱 5江川
名城大
8舟橋 5川瀬→H高沢→5大場→H小林→4 3加納 D大川 9坂上 6飯田 7小川大 2奥原→H中村→2野口 4木邊→5

(試合経過)
2回表、無死3塁から6番山本航の3ゴロ野選で1点。愛工大が先制。
3回表、2死満塁でピッチャー交替、近藤。6番山本航の3ゴロで2点タイムリーエラー。3−0
4回表、2死満塁から4番中井が走者一掃の3点タイムリー3ベース。6−0
4回裏、2死1塁から4番大川がタイムリー2ベース。6−1
6回表、無死満塁でピッチャー交替、新村。3番加納に押し出し四球で1点。しかし後続が三振、1ゴロ、遊飛に倒れ1点止まり。6−2
愛工大が勝ち、勝ち点を上げました。
続きを読む

愛知大−名古屋学院大 2回戦 観戦記(2019年春季愛知大学リーグ2部)

4月7日に愛産大Gで行われた第2試合、愛知大−名古屋学院大の観戦記です。
昨秋に2部に落ちた愛大が、新しいシーズンでどういう戦いを見せるかに注目して観戦しました。

愛大
011001010|4 H10 E1
000000020|2 H5 E3
名院大

愛大
大矢、林−寺崎
名院大
深尾、磯村、中津−藤田

投手成績
愛大
大矢 7回1/3 91球 被安打5 四球2 三振2 失点2
林 1回2/3 32球 被安打1 四球1 三振1 失点0
名院大
深尾 4回2/3 67球 被安打5 四球0 三振2 失点2
磯村 1/3 11球 被安打0 四球0 三振0 失点0
中津 4回 77球 被安打5 四球0 三振3 失点2

大矢投手は右のオーバーハンド。2戦目の先発を任されました。ストライクをどんどん振ってくる名院大相手に省エネピッチングで行きましたが、終盤疲れが出ました。ボールはまずまず走っていました。
林投手は右のオーバーハンド。県岐阜商出身の2年生。丁寧に低めに投げるピッチングで打たせて取る。まっすぐはそこそこ速い。
深尾投手は栄徳出身の2年生。まっすぐはまぁまぁ速い。最少失点で食い止めるピッチングは出来ていました。
磯村投手は東海大甲府出身の3年生。左のスリークォーター。
中津投手は瀬戸出身の4年生。右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか速い。スピードが結構あってびっくりしました。

(出場選手)
愛大
7横井 6長谷部 D安田 8川良 3丹羽 9中野→9田中来 2寺崎 4鈴木→H伊藤→4田中竣 5松下
名院大
9宮本 8竹内→H番場→R平中→8 7渡邊 D湯本 6高田 3浅沼 5伊勢谷→4 2藤田→H松原→R田村 4大屋→H水野→5二村→R宮坂

(試合経過)
2回表、1死1,3塁から7番寺崎がタイムリー。愛大が先制。
3回表、2死2塁から4番川良のタイムリー。2−0
5回表、2死でピッチャー交替、磯村。
6回表、1死から4番川良がホームラン。3−0
8回表、2死1,2塁から7番寺崎がタイムリー。4−0
8回裏、1死1,2塁から3番渡邊が2点タイムリー2ベース。ここでピッチャー交替、林。4−2
愛大が逃げ切りました。
続きを読む

星城大−愛知産業大 2回戦 観戦記(2019年春季愛知大学リーグ2部)

4月7日に愛産大Gで行われた第1試合、星城大−愛産大の2回戦の観戦記です。
リーグ戦の2戦目。力を付けつつあり、初戦を逆転勝ちした星城大がどういう戦いをするかに注目して観戦しました。

星城大
000040001|5 H12 E0
40000011X|6 H6 E1
愛産大

星城大
小坂、新美、近藤、肥塚−小田
愛産大
寺澤、松橋−奥村

投手成績
星城大
小坂 1/3 31球 被安打2 四球4 三振0 失点4
新美 6回2/3 94球 被安打3 四球3 三振5 失点1
近藤 2/3 17球 被安打1 四球1 三振1 失点1
肥塚 1/3 5球 被安打0 四球0 三振0 失点0
愛産大
寺澤 4回2/3 68球 被安打7 四球0 三振1 失点4
松橋 4回1/3 52球 被安打5 四死球2 三振1 失点1

小坂投手は帝京可児出身の2年生。右オーバーハンド。コントロールに苦しみました。まっすぐはそこそこ速い。
新美投手は至学館出身の2年生。至学館高校時代に見て以来。まっすぐはなかなか速い。ひじが上から出てくるフォーム。
寺澤投手は右のオーバーハンド。愛産大三河出身の3年生。まっすぐはそこそこ速い。変化球のコントロールは相変わらずいいですね。
松橋投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか速い。桜丘出身の3年生。球威は結構ありました。

(出場選手)
星城大
8松見 6栗山 9住 3栗田 5山口→R浅井→5蓬莱 D竹村→H山本 4向山 2小田 7定塚
愛産大
9長尾→H大橋→9→H杉本→9塩見 6江川 7高木 3濱元 5金山→H北出→5 D甲斐→H藤江 4平岩→H出口→4 2奥村 8神谷

(試合経過)
1回裏、1死1,2塁から4番濱元がタイムリー。更に1死満塁から6番甲斐がタイムリー。更に7番平岩に押し出し四球。ここでピッチャー交替、新美。8番奥村の犠牲フライ。愛産大が4点先制。
5回表、1死2塁から8番小田がタイムリー。2死1,3塁から2番栗山がタイムリー。ここでピッチャー交替、松橋。3番住の2点タイムリー2ベース。同点。
7回裏、1死2塁から3番高木がタイムリー2ベース。愛産大が勝ち越し。5−4
8回裏、2死1,3塁でピッチャー交替、肥塚。ワイルドピッチで1点。6−4
9回表、2死1,3塁から3番住がタイムリー。6−5
愛産大が勝ちました。
続きを読む

桜花賞はグランアレグリアの圧勝。

桜花賞
1着 グランアレグリア 1分32秒7
2着 シゲルピンクダイヤ 2 1/2
3着 クロノジェネシス クビ
4着 ダノンファンタジー ハナ
5着 ビーチサンバ クビ

3角から先頭をうかがって直線持ったまんま。最後突き放して桜花賞レコード。
これは化け物ですわ。グランアレグリア。強かったって言葉では足りない感じ。
ダノンファンタジーは負かしにいった分4着に敗れました。勝負にいっただけさすがでしたけどね。道中行きたがっていたし距離延長は難しいかも。
グランアレグリアはマイルに行くみたいですけどね。オークスは厳しいのかな。

シゲルピンクアイヤは馬群を割って最後2着確保。和田騎手の好騎乗でしたね。オークスで面白い存在になりそう。
クロノジェネシスは直線手前で前が壁に。そこから外に持ち出した分最後3着止まり。こちらもスローに泣いたところもあるので、オークスで見なおしてもいいかもです。

阪神牝馬S
1着 ミッキーチャーム
2着 アマルフィコースト
3着 ミエノサクシード
7着 レッドオルガ
8着 ラッキーライラック

1600m戦で1000m通過が1分ちょうど。ドスローの上がりの競馬。前に行った馬が有利な展開になっちゃいましたね。
絶好調の川田騎手が上手く乗った感じでした。ミッキーチャームは秋華賞2着馬。これくらいは不思議じゃない馬ってことですね。
ラッキーライラックは展開に泣いた感じ。前も壁になっていたし。次はG1でしょうが反撃はありそう。
レッドオルガの複勝を買いましたがはずれ。こちらも後ろになって展開に泣きました。

ニュージーランドT
1着 ワイドファラオ
2着 メイショウショウブ
3着 ヴィッテルバッハ

ワイドファラオが逃げ切り。抜群のスタートからスローに落として最後踏ん張りました。ウォッカの角居厩舎はここで勝った、という感じでしたね。
メイショウショウブも内々から回って好騎乗。ヴィッテルバッハはこの展開で後ろからぶっとんできたので相当力はありそう。府中で狙うならこの馬かも知れませんね。

全日本プロレス チャンピオンカーニバル 名古屋大会(4月7日)感想

全日本プロレスのチャンピオンカーニバル大会を見に、名古屋国際会議場に行ってきました。

公式戦は4試合。
IMG_20190407_180607

ゼウス−ヴァレッタはヴァレッタが仕掛けて飛ばしましたが、ゼウスが逆転で勝利。短い時間でした。
ジェイク−橋本は若手の意地の張り合い。橋本は声の出し方がなんか変なんだよなぁ。先日のアジアタッグのお帰して橋本がピン。
石川−崔は結局30分引き分け。なんていうか、途中でこれ引き分けかも、と分かってしまう展開だったのが残念・・・。まぁ序盤から飛ばして30分は無理なのは分かるんですけどね・・・。

メインはジョー−ヨシタツ。
DSC_0430
基本的にはジョーが押す展開でしたが、関節で活路を見出したヨシタツが最後にピン。
説得力はともかく結果勝って良かったという試合でした。

セミがいい試合だったんですが、結果ありきの試合に見えてしまったのが残念。セミとメインが逆だったらまた違った印象だったかも。

チャンピオンカーニバルにしてはちょっと空席が多かった。雰囲気は悪くなかったですけどね。

中京学院大−岐阜聖徳大 1回戦 観戦記(2019年春季岐阜大学リーグ)

4月6日にKYBスタジアムで行われた第2試合、中京学院大−岐阜聖徳大の1回戦の観戦記です。
5回までは投手戦だったのですが、6回から突然試合が変わりました。

中京学院大
00000607|13 H14 E0
00000000|0 H2 E0
岐阜聖徳大
(8回コールド)
中京学院大
長島彰−馬場
岐阜聖徳大
荒木、橋本、渡邊貴、前田−大山、反頭

投手成績
中京学院大
長島彰 8回 96球 被安打2 四球1 三振6 失点0
岐阜聖徳大
荒木 5回2/3 83球 被安打7 四球2 三振1 失点6
橋本 1回1/3 19球 被安打2 死球1 三振1 失点2
渡邊貴 2/3 22球 被安打4 四球1 三振0 失点5
前田 1/3 17球 被安打1 四球2 三振1 失点0

長島彰投手は右のサイドハンド。2年生の頃から主軸で投げているピッチャー。MAX136kmと、以前はもう少し出ていた気もするのですが、投球術は上手くなって相手にバッティングをさせない投球になりました。
荒木投手は右のオーバーハンド。MAX138km。5回までは1安打1四球と完璧な内容。6回は突如つかまりました。
橋本投手は1年生サウスポー。MAXは137kmを記録
渡邊貴投手は右のオーバーハンド。MAXは131km
前田投手は丹羽高校出身の2年生。右のオーバーハンド。MAX140kmを記録するも、ボールがバラバラでアウト1つ取るのに苦労。

(出場選手)
中京学院大
8藤田 5中村 6吉位 9叺田→9樋口 D石川→R山形→H請関 4西浦 3宮川 7堀田→H早川→7佐々木 2馬場
岐阜聖徳大
9澤田 D佐藤 5堀江 3高橋駿 7高橋昇→7仲村 4木村→H牧内→4清水 6小木曽 8栗田→H横山→8花岡 2大山→H半頭→2

(試合経過)
5回まではお互いにヒットが1本ずつの投手戦でした。
6回表、1死2塁から2番中村がタイムリー2ベース。1死1,3塁から4番叺田がタイムリー。1死満塁から6番西浦がタイムリーエンタイトル2ベースで2点。2死2、3塁から8番堀田の2点タイムリー3ベース。ここでピッチャー交替、橋本。中京学院大が6点を上げました。
8回表、無死1,2塁でピッチャー交替、渡邊貴。無死満塁から8番堀田が2点タイムリー。更に1死満塁から2番中村が2点タイムリー。3番吉位がタイムリー。2死2、3塁でピッチャー交替、前田。2死満塁から押し出し四球。7番宮川がタイムリー。13−0
中京学院大が先勝。
続きを読む

岐阜大−岐阜協立大 1回戦 観戦記(2019年春季岐阜大学野球)

4月6日にKYBスタジアムで行われた岐阜大−岐阜協立大の1回戦の観戦記です。
岐阜大が岐阜協立大にどこまで食らいつけるかに注目して観戦しました。

岐阜大
0100510|7 H11 E3
435102X|15 H12 E1
岐阜協立大

岐阜大
松久保、板津、澤田、古山−島村
協立大
依藤、林、小窪−毛利

松久保投手は右のオーバーハンド。MAX130km。
板津投手は右のスリークォーター。
澤田投手は右のオーバーハンド。MAX120km。
依藤投手は右のオーバーハンド。フォロースルーが大きいタイプ。MAX135km。

(スタメン)
岐阜大
8三島 7竹下 3伊藤巳 6亀谷 D野本 2島村 5安立 4伊藤誠 9太田
岐阜協立大
6山下翔 4橋本 D立川 7白井 9山下海 5宇須 3舩越 2毛利 8小山

(試合経過)
1回裏、2死2塁から4番白井が2ランホームラン。2死1,2塁から7番舩越のタイムリー2ベース。8番毛利がタイムリー。岐阜協立大が4点先制。
2回表、無死2塁から5番野本がタイムリー。4−1
2回裏、1死2、3塁から4番白井が犠牲フライ。2死1,2塁から6番宇須が2点タイムリー2ベース。2死1,2塁でピッチャー交替、板津。7−1
3回裏、2死2、3塁からボークで1点。2死満塁でピッチャー交替、澤田。6番宇須が2点タイムリー。7番舩越が2点タイムリー2ベース。12−1
3回終了時に球場を後にしました。
試合は岐阜協立大が7回コールドで先勝しました。

岐阜大は2回に4番亀谷選手の2ベース、5番野本選手のタイムリーで1点を返しました。野本選手は投手登録ながらDHに入る二刀流選手。滝高校出身の医学部の4年生。高校時代から応援していますが、最終学年でも活躍してすごいですよね。頑張ってほしいです。
帰った後ですが、5回コールドを回避する反撃を見せたのは素晴らしいですよね。次の試合に活かしてほしいです。

岐阜協立大は1年生で7番舩越、9番小山選手がスタメンですがどちらも東海大菅生出身。舩越選手はいきなり2安打2本のツーベースで3打点の活躍。これから注目される存在になるかもですね。
4番白井選手は先制2ランホームランが見事でした。
校名が変わって最初のシーズン。結果を出して新しい校名をアピールしたいところですよね。

朝日大−中部学院大 1回戦 観戦記(2019年春季岐阜大学リーグ)

4月6日にKYBスタジアムで行われた岐阜大学リーグの第2週、朝日大−中部学院大の1回戦の観戦記です。
先週開幕した岐阜リーグの第2週。3試合行われる日なので行ってきました。

朝日大
100010001|3 H7 E1
01003101X|6 H10 E1
中部学院大

朝日大
徳永、佐藤、吉田、坂本−垣内
中部学院大
伊藤、伏見、小引、秋田−田島

投手成績
朝日大
徳永 4回2/3 83球 被安打6 四球3 三振0 失点4
佐藤 1/3 9球 被安打0 四球1 三振0 失点0
吉田 2回 46球 被安打3 四球1 三振0 失点1
坂本 1回 19球 被安打1 四球0 三振0 失点1
中部学院大
伊藤 5回 60球 被安打3 四球0 三振2 失点2
伏見 2回 29球 被安打1 四球1 三振0 失点0
小引 1回 20球 被安打1 四球1 三振1 失点0
秋田 1回 17球 被安打2 四球0 三振0 失点1

徳永投手は右のオーバーハンド。MAX138km。緩急を使い、ボールを動かして打たせて取るタイプ。
佐藤投手は右のスリークォーター。1年生。
吉田投手は左のオーバーハンド。2年生。MAX129km。
坂本投手は右のオーバーハンド。2年生。MAX144kmを記録。
中部学院大の伊藤投手は右のオーバーハンド。MAXは144kmを記録。初回は上ずっていましたが、2回以降はボールに伸びが出てきました。
伏見投手は長身の右のオーバーハンド。MAX137km。重そうなボールでスピードガンより速く感じる球。
小引投手は左のオーバーハンド。MAX129km。角度があるが抜け球も多かった。
秋田投手も右のオーバーハンド。MAX141km。

(出場選手)
朝日大
7小林 8前田 9林 5里見 D和田 3志村 4小松→H武隈 2垣内→H徳光 6眞部
中部学院大
8福尾 4結城 9武藤 3廣部 D新井 5鈴村 6山崎 7藤本 2田島

(試合経過)
1回表、1死1,3塁から4番里見が犠牲フライ。朝日大が先制。
2回裏、2死1,2塁から8番藤本がタイムリー。同点。
5回表、1死3塁からパスボールで1点。朝日大が勝ち越し。2−1
5回裏、1死1塁から藤本がタイムリー3ベース。9番田島のスクイズで逆転。更に2死満塁となったところでピッチャー交替、佐藤。ここで4番廣部に押し出し四球。4−2
6回裏、2死2塁から9番田島がタイムリー。5−2
8回裏、2死3塁から1番福尾がタイムリー。6−2
9回表、2死2塁から代打徳光がタイムリー。6−3
中部学院大が勝ちました。
続きを読む

2019年春季愛知大学リーグの展望

明日から愛知大学リーグが始まります。
自分なりに展望をまとめます。

中京大が優勝候補の筆頭。投手陣は大内投手(現三菱重工名古屋)が抜けましたが、他は健在。快速球の初祖投手を筆頭に山本、三輪、伊藤、香村ら好投手が揃っています。
野手も1部リーグナンバーワンショートの和田選手に、4番の松井選手、卒業した池田捕手(現ニチダイ)を差し置いて1年時マスクを被ったこともある福島捕手ら、主力が残っているので、経験を活かして突っ走る可能性も。
唯一、勝負どころで相手の絶対的エースに敗れる傾向があったので、そういう経験をどう活かすか。
どちらにしても力は頭一つ抜けていると思います。

2番手以下は混戦。
本来は昨秋優勝の名城大が優勝、もしくは2番手で上がるべきなのですが、大エース栗林投手(現トヨタ自動車)と宮津投手が抜けた穴がかなり大きい。
4年生の坂倉投手が中心になると思いますが、昨年1年間は不振。どこまで調子を戻しているか。2年生で大事なところでチームを救った池戸投手、オープン戦でいい球を投げていた大滝投手と両左腕の活躍もポイントになりそう。
野手は捕手で栄徳から野口捕手が加入。1年から使われるかは分かりませんが、ここがはまると安定した戦いが長く出来そう。2年生になるスラッガー、大川選手が楽しみです。

中部大は、昨年秋のリーグ戦をひっかきまわしました。上位2つ(名城大、中京大)から勝ち点を奪うも、序盤に3カード続けて他の3チームから勝ち点を落とすという不思議な形に。
ここは投手陣次第。野村投手が一時期大不振に陥っていましたが、オープン戦を見た限りでは復調気配。元々投球術にたけているタイプなので、勢いが戻れば勝ち切れると思います。
ここも2番手以降が問題。片塩投手が1年時の勢いを取り戻してきつつはありましたが、リーグ戦で結果を出せるか。ただ、新戦力が出てくる可能性もあるチームなので、それ次第かも。
打線は稲生選手、武市選手ら中軸が残っているので、力は発揮できそう。打線がカギとなって台風の目に再びなるか。

東海学園大が不気味な存在。昨年から複数投手を使って戦うスタイルになり、ピッチャーの酷使をしなくなりました。
また多くのピッチャーがマウンドを経験したことで成長。柱の木下投手は抜けましたが、カバーする投手はそろっていますね。下級生の時からマスクを被る村上捕手に期待。小柄ながら弾むように鋭い球を投げていた古田投手に個人的には期待。

愛工大が久しぶりに1部復帰。野手は4年生が多かったためかなり抜けた点は心配ですが、エース格の中村投手、新村投手が残っているので、投手陣はある程度戦えそう。
野手は1年生に名電から後藤選手や室田投手が加入。新戦力の台頭次第で十分上位進出も可能。

愛知学院大は監督が交替。それで新味が出せるかどうか。
投手は残留の立役者になった後藤投手、十河投手が抜けて、佐藤良投手、白木投手らが中心となりますが、ちょっと厳しい戦いになるかも。
福本選手らの野手陣と、目の前の試合をきっちりと勝てるか。何にしても新監督の手腕に期待ですね。

2部の展望も簡単に。
2部A
愛知東邦大、星城大、名産大、至学館大、愛産大、名経大

混戦かと思いますが星城大の躍進に期待。確実に力は増していますし、選手の獲得も積極的。山田大我捕手を中心にリーグの中心になりそう。

2部B
愛大、名商大、日福大、愛知学泉大、同朋大、名院大

1部から降格した愛大ですが、緒方投手は健在。ただ、2戦目の投手が不透明。大矢投手、田村投手らがどこまで投げられるか。他のチームも力はあるので、簡単には愛大も勝ち抜けないかも。

いよいよ明日開幕。楽しみですね。

バイタルネット−ヤマハ 観戦記(2019年JABA静岡大会)

4月4日に浜松球場で行われたバイタルネット−ヤマハの観戦記です。
ヤマハは昨年両全国大会に出れず、監督が交替。どういうチームになったか注目して観戦しました。

バイタルネット
101000000|2 H10 E3
00120032X|8 H10 E0
ヤマハ

バイタルネット
佐々木、沖垣、アドゥワ−染矢
ヤマハ
緒方、池谷、大野−東

スタメン
バイタルネット
D菊名 5櫻吉 8吉浦 2染矢 7酒井 4河野 9御築 3柴崎 6椎名
ヤマハ
9池田 7矢幡 5藤岡 D網谷 8前野 3笠松 6三浦 4羽山 2東

(試合経過)
1回表、1死1,3塁から4番染矢の犠牲フライ。バイタルネットが先制。
3回表、先頭の8番柴崎がホームラン。2−0
3回裏、1死1,3塁から3番藤岡の1ゴロの間に1点。2−1
4回裏、2死1塁から8番羽山のタイムリー2ベース。9番東のタイムリー。逆転。3−2
7回裏、無死3塁から2番矢幡の犠牲フライ。2死2,3塁から2点タイムリーエラー。6−2
8回裏、1死2,3塁から3番藤岡が2点タイムリー。8−2
ヤマハが勝ちました。続きを読む
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ(細川 浩平)

細川 浩平(ホソカワ コウヘイ)
コウでこれからも呼んでください^^

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
15日
春日井球場
愛知大学リーグ3回戦
18日
新宿FACE
owe旗揚げ戦
19日
東都大学リーグ
20日
愛知県大会
岡崎球場
21日
愛知県大会
小牧球場
27日
愛知県大会
岡崎球場
28日
愛知県大会
岡崎球場

Recent Comments
  • ライブドアブログ