コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

至学館大−同朋大 観戦記(2019年愛知強化リーグ)

至学館大
010000002|3
000000002|2
同朋大

至学館大
宮地、瀧川、井川、後藤−山田
同朋大
稲垣、加藤、大林、平井−金田

出場選手
至学館大
8山本 7小川 D加藤 9奥村 3安井 4川合 6早川 2山田 5大林
同朋大
7長江 9岸本 5柴山 3吉川 2金田 4春日井 6宮村 D三浦 8山田

(試合経過)
1回裏、1死1,2塁で4番吉川が6−4−3のゲッツー。先制ならず。
2回表、2死2塁から8番山田のタイムリー。至学館大が先制。
5回裏、1死1,2塁のチャンスも8番三浦が5−5−3のゲッツー。
8回表、2死1塁でピッチャー交代、大林。
9回表、2死1、3塁から2番小川の2点タイムリー3ベース。3−0
9回裏、2死1、2塁から4番吉川5番金田の連続タイムリー。3−2
至学館大が逃げ切りました。

詳しい観戦記はこちら

淑徳大−名商大 観戦記(2019年愛知強化リーグ)

淑徳大
9000000|9
0010000|1
名商大

淑徳大
森−宮嵜
名商大
畑山、田中、井原、松島、島本−丹治、川畑

出場選手
淑徳大
4平野 D川北 8山口 3篠原 9南谷 5石黒 6磯金 2宮嵜 7丹羽→H浅野→7渕脇
名商大
9加藤→H中津川 4角田→6 3伊藤健人→5→3 2丹治→R竹中→7 5寺田→3→H坂井拓→5 7伊藤稜→H川畑→2 D西岡→H堀田 6丹羽→4杉本 8兼次

(試合経過)
球場に入ったら1回表、8番宮嵜の打席。4点入って無死満塁という状況でした。要は一人もアウトが無い状態で8番を迎えた状態。ここで8番宮嵜が2点タイムリー。更に暴投で無死2,3塁としたところで畑山をあきらめて、田中がマウンドへ。1死2,3塁から1番平野がタイムリー。2死3塁から2番川北がタイムリー。更に2死1,2塁から4番篠原がタイムリー。打者14人で9点を上げる猛攻で淑徳大がリード。
3回裏、2死3塁から2番角田の1ゴロを逸らしタイムリーエラー。更に四球とヒットで2死満塁となるも5番寺田が倒れ1点止まり。
4回表、2死から3連続四球で満塁となり、ここでピッチャー交代、松島。ここは三振で抑えます。
淑徳大がコールドで勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

金沢学院大−関西大 観戦記(明治神宮大会)

金沢学院大
000000000|0
01001300X|5
関西大

金沢学院大
松井、武並、長谷川、和田、孫大−黒田
関西大
森、肥後−久保田

2回裏、2死1、2塁から8番坂之下がタイムリー。関西大が先制。
5回裏、2死2塁から2番関本がタイムリー2ベース。2−0
6回裏、無死1、3塁から6番久保田のタイムリー。ここでピッチャー交代、長谷川。2死満塁から押し出し四球。2番関本のタイムリー。5−0
9回表、無死1、2塁でピッチャー交代、肥後。
関西大が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

マイル春秋連覇、インディチャンプ(11月16日、17日重賞回顧)

マイルCS G機1600m
1着 インディチャンプ 1分33秒0
2着 ダノンプレミアム 1 1/2
3着 ペルシアンナイト クビ
5着 ダノンキングリー
10着 ダイアトニック

インディチャンプが春秋マイル連覇。馬もかなり強かったですけど、ジョッキーの池添騎手の好騎乗も光りました。道中はインにいて4角で上手く外目へ。直線は早めに抜け出しを図るダノンプレミアムに相手を絞って追い出しを我慢して残り200mでスパートして抜け出す。完璧な騎乗でした。手ごたえもあったのでしょうけど、馬自身に相手はこいつだと見せてからの追い出しはほれぼれする上手さでしたね。代打騎乗で一発大仕事。さすが池添騎手という感じです。
ダノンプレミアムはそつのない競馬で直線抜け出しを図りましたが、案外もたつきました。力はあるのに勝ち切れない。陣営としてもどかしいですね。
ペルシアンナイトは後方からの競馬で最後素晴らしい脚で突っ込んできました。久々に光るところを見せましたね。
ダノンキングリーはインを突いて勝っていれば好騎乗。ただ、思ったより内が悪かったのかもしれませんね。逃げたマイスタイルすらとらえきれず。来年の成長に期待です。
ダイアトニックは後方からでしたが、伸びきれず。距離が微妙に長いのかな。思ったより弾けませんでしたね。

東京スポーツ杯2歳S G掘1800m 2歳
1着 コントレイル 1分44秒5
2着 アルジャンナ 5
3着 ラインベック 4

コントレイルが圧勝。勝ちタイムも相当優秀でハイペースになって折り合えたというのはありますが、これで2戦2勝。新馬戦の勝ちタイムも優秀ですし、相当能力が高い。気性に課題がありそうですが・・・。でもディープ産駒の大物かもしれませんね。次のレースも注目です。
離されたアルジャンナ、ラインベックもタイムは悪くないし、力はある馬な気がします。
クラシックまで行けるか、コントレイルは注目です。



神宮大会は中京大中京、慶応大が優勝

第50回の明治神宮大会が終了し、高校の部は中京大中京、大学の部は慶應義塾大が優勝を飾りました。

◆高校の部

中京大中京が初優勝。これで、全国大会と呼ばれる、春夏の甲子園、国体に続いての完全制覇を達成した形に。
これは以前は(1999年まで)東海地区は4位校でリーグ戦をやって代表を決めたりしていたため、強いチームが出ていなかったことも影響していたかと思います。

新チーム結成以後、全勝で公式戦を駆け抜けた中京大中京。ただ、愛知県では抜けた強さがあったものの、東海大会、神宮大会ではそこまで突き抜けた勝ち方をしたわけではないのも事実。守備は固い、投手は全国クラス、あとは打線。いい選手が多いわりに打撃に物足りなさを感じるのは指導面の問題もある気がするので、一冬越して、という部分に期待があんまり持てないのですが、なんにしてもいい冬を過ごして春を迎えてほしいものです。

神宮枠は静岡の2校の争い。藤枝明誠と加藤学園。準決勝で県岐阜商相手に終盤までリードしていて延長で敗れた試合内容から加藤学園が有利と言われていますが、静岡県大会では藤枝明誠が勝っていることもあり、微妙な選考になりそう。ただ、藤枝明誠は中京大中京相手のコールド負けという結果がいかにも印象が悪いのですが・・・。試合内容はそこまで悪くなかっただけにもったいなかったですね。

◆大学の部
慶応大が19年ぶり4回目の優勝。東京六大学代表が春(明治大)秋(慶応大)を優勝する形に。
しっかりと選手を育てられるチームが結果を出す形になってきて、六大学も学校によっては人材の墓場といわれるところもありますが、もともといい素材が集まっているだけに、地力は上ですよね。
慶応大の大久保監督が退任が決まっている中での優勝。JX−ENEOSに戻るみたいですが、結果をどちらでもしっかりと出すのはかっこいいですね。
元々はプロでやっていた御方。NPBでやってみてほしいです。

関西大が準優勝。秋にエースとしてフル回転した森投手が社会人に行ってからも楽しみですね。今からでもプロに行けそうな投球をしていましたし。

神宮大会、特に高校の部は、日程が詰まっていることもあり、投手起用が難しくなります。もともと自分たちの県や学校に恩恵がないことがほとんどですし・・・。神宮枠もいいですけど、選手権の出場枠も1つ増やすというのは面白いと思いますね。そうすれば、夏に自分たちが恩恵を受けられる可能性が高くなりますし。もっと各校の必死さが増えると思います。
どうかご一考を。

1年生大会は享栄が初優勝

準決勝
愛工大名電9−1愛産大工(7回コールド)
享栄17−1星城(5回コールド)

3位決定戦
星城12−0愛産大工(5回コールド)
決勝戦
享栄3−0愛工大名電

享栄は1年生大会、7回目にして初優勝。いいきっかけになりそうですね。
名電は田村投手は登板せず。この2校がこの世代では中心になりそうです。

健大高崎−白樺学園 観戦記(2019年明治神宮大会)

健大高崎
000200100|3 H9 E1
000002000|2 H9 E0
白樺学園

健大高崎
下−戸丸
白樺学園
坂本武、片山−業天

出場選手
健大高崎
7古滝 8戸澤 4小澤 9山本 3木川 6橋本脩 1下 2戸丸 5山畑
白樺学園
7川波 9細谷 4宮浦 3片山(1)→1 6二ッ森 5宍倉 2業天→H坂本愛(16) 1坂本武(10)→3岩田 8佐々木→H玉置→8

(試合経過)
2回裏、1死満塁から9番佐々木がホームゲッツーで0点。
4回表、2死2塁から5番木川が2ランホームラン。健大高崎が2点先制。
6回裏、先頭の3番宮浦がソロホームラン。2死満塁から三振振り逃げでキャッチャーの送球がランナーに当たり、振り逃げ成立で1点。同点に。
7回表、2死3塁から9番山畑がタイムリー。3−2
7回裏、2死から4番片山、5番二ッ森、6番宍倉のヒットで満塁になるも7番業天がレフトフライに倒れ0点。
8回裏、無死1,2塁から2死満塁までいくも4番片山が倒れ0点。
健大高崎が競り勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

健大高崎−中京大中京 TV速報

健大高崎
020100000|3
10300000X|4
中京大中京

健大高崎
橋本拳、櫻井、長谷川−戸丸
中京大中京
松島、高橋宏−印出

1回裏、1死2塁からバッテリーエラー2つで中京大中京が先制。
2回表、2死2塁から戸丸のタイムリー2ベース。8番橋本拳のタイムリーで逆転。
3回裏、2死1,3塁から健大高崎の牽制エラーで1点。同点。2死2塁から中山がタイムリー3ベース。中京大中京が逆転。更に4番印出がタイムリー。4−2。
4回表、1死1,3塁から7番戸丸の1塁ランナースタートしての2ゴロで1点。4−3
6回表、中京大中京は高橋宏斗がマウンドへ。
7回裏、ピッチャーが櫻井に交代。無死1,2塁でピッチャー交代、長谷川。

中京大中京が神宮初制覇を果たしました。

広島経済大−城西国際大 観戦記(2019年明治神宮大会)

広島経大
000000021|3
03010100X|5
城西国際大

広島経大
加納、梅原、馬倉、松本−宮脇
城西国際大
中島−梅田

2回裏、1死1、3塁から9番吉田がタイムリー。更に1死満塁から2番山田がタイムリー。ここでピッチャー交代、梅原。3番篠崎の2ゴロの間に1点。城西国際大が3点先制。
4回裏、2死2塁から4番淀川がタイムリー。4−0
6回裏、1死満塁から犠牲フライ。5−0
8回表、2死1、2塁から代打亀岡が2点タイムリー2ベース。5−2
9回表、2死1塁から5番森脇のタイムリー2ベース。5−3
城西国際大が逃げ切りました。

詳しい観戦記はこちら

明豊−健大高崎 観戦記(2019年明治神宮大会)

明豊
2100000100|4 H9 E0
0011100101|5 H11 E1
健大高崎
(延長10回タイブレーク)

明豊
若杉−居谷
健大高崎
橋本拳、長谷川、朝井、下−戸丸

(試合経過)
1回表、4番狭間の犠牲フライと5番小川のタイムリーで明豊が2点先制。
2回表、1番中村のタイムリー。3−0
3回裏、相手の悪送球で1点。3−1
4回裏、2死2塁から6番橋本脩のタイムリー2ベース。3−2
5回裏、2死1塁から2番戸澤のタイムリー2ベース。3−3に追いつく。
8回表、2死2塁から8番宮川の1ゴロをタイムリーエラー。明豊が勝ち越し。
8回裏、1死2塁から4番山本のタイムリー。同点。尚も1死1,2塁でしたが、ここは逆転ならず。
延長タイブレークに入ります。
10回表、無死1,2塁で5番の小川が三振。2死後死球で満塁になり、8番宮川の当たりはセンター前に落ちそうな当たりでしたがこれをセンターの戸澤が飛び込んでキャッチするビッグプレー。0点で抑えます。
10回裏、送って1死2,3塁から満塁策。4番山本のレフト後方のフライで犠牲フライとなり、健大高崎が競り勝ちました。

詳しい観戦記はこちら
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
11日
Bリーグ
ドルフィンズアリーナ
14日
トークライブ
Recent Comments
  • ライブドアブログ