コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

「先送りせず「すぐやる人」になる100の方法」を読みました。

「先送りせず「すぐやる人」になる100の方法」を読みました。

心理学ジャーナリストの佐々木正悟氏の著書。ということで、心理学からのアプローチが多い内容でした。

先送りしがちな性格の自分を変えたくて買いましたが、参考に出来そうな話も多かった。100の方法と言っても似たような内容の話が多かったのも確かですが・・・。
値段も手ごろですし、読みやすいのでお勧めです。

あまり気負わず、分解して動き出すようにするのが重要かな、と思いました。今後に活かしたいです。

桐蔭横浜大−創価大 観戦記(2018年横浜市長杯関東大学選手権)

10月29日に横浜スタジアムで行われた横浜市長杯争奪関東地区大学選手権の1回戦、桐蔭横浜大−創価大の観戦記です。
リーグ戦2位同士の一戦。どんな選手がいるか楽しみに観戦しました。

桐蔭横浜大
0001011100|4 H11 E3
1020000101|5 H6 E0
創価大
(延長10回タイブレーク)
桐蔭横浜大
三浦、関野−大貫
創価大
杉山、子孫、望月−萩原

投手成績
桐蔭横浜大
三浦 4回1/3 86球 被安打3 四死球4 三振5 失点3
関野 5回 56球 被安打3 四球0 三振2 失点2
創価大
杉山 5回 91球 被安打5 四球4 三振2 失点1
子孫 1回2/3 54球 被安打2 四球4 三振2 失点2
望月 3回1/3 50球 被安打4 四球0 三振2 失点1

三浦投手は右オーバーハンド。3年生。MAX138km。テイクバックの小さいフォームでそんなに速くはないのですが、変化球を上手く使って三振も取れていました。
関野投手は右のオーバーハンド。MAX140km。3年生。ストライク先行で安定していました。
杉山投手は右のオーバーハンド。3年生。やや荒れ気味でした。MAX146km。
子孫投手は右のオーバーハンド。こちらも3年生。MAX145km。
望月投手は長身の右オーバーハンド。3年生。MAX140km。

桐蔭横浜大
7佐藤 4瀬戸 5鈴木 3渡部 9霜田 8林 D石橋→R井上 6中井→R山根→6村瀬 2大貫
創価大
8松村 7松本 9高 3山形 D保科 6下小牧 4鈴木嘉 2萩原 5古和田

(試合経過)
1回裏、2死2塁から4番山形がタイムリー。創価大が先制。
3回裏、2死満塁から5番保科のセカンド後方へのハーフライナーを落とし、記録2点タイムリーエラーに。3−0
4回表、2死3塁から9番大貫がタイムリー。3−1
5回裏、1死1、2塁でピッチャー交替、関野。
6回表、2死2塁から1番佐藤がタイムリー3ベース。3−2
7回表、2死満塁から8番中根に押し出し四球。ここでピッチャー交替、望月。3−3
8回表、1死2塁から3番鈴木がレフトオーバーのタイムリー2ベース。ついに逆転。4−3
8回裏、先頭の4番山形がレフトポールを巻く同点ホームラン。4−4
延長タイブレーク突入。
10回表、無死1,2塁から9番大貫のバントを1塁手が好フィールディングで3塁封殺。このプレーが大きく無失点に。
10回裏、こちらも最初のバッターがバント失敗で3塁封殺となるも、次打者でエラーが出て、1死満塁から4番山形がレフトフェンス直撃のサヨナラタイムリー。創価大が勝ちました。
続きを読む

常葉大浜松−日大国際 新人戦 観戦記(2018年静岡リーグ新人戦)

10月28日にヤマハ豊岡球場で行われた常葉大浜松−日大国際の新人戦の観戦記です。
アナウンスが無かったので、HPで名前を照らし合わせましたが、抜けがあったりしますのでご容赦ください。

常葉大浜松
0000202000|4 H7 E2
0030100001|5 H5 E1
日大国際
(延長10回タイブレーク)

投手成績
常葉大浜松
清水 9回2/3 142球 被安打5 四死球7 三振9 失点5
日大国際
(18) 4回 48球 被安打2 死球1 三振0 失点0
野田 1回 28球 被安打1 四球2 三振0 失点2
田中 1回2/3 39球 被安打3 四球1 三振2 失点2
後遠田 3回1/3 26球 被安打1 四球0 三振0 失点0

常葉大浜松の清水投手は左のスリークォーター。まっすぐはなかなか。序盤はやや四死球がかさんだものの、切れのいいボールで三振の取れるピッチャー。覚えておきたいです。

(試合経過)
3回裏、無死満塁から3番小林の2点タイムリー。4番丹羽のゲッツーの間に1点。日大国際が3点先制。
5回表、1死満塁から2ゴロのタイムリーエラーで2者生還。3−2
5回裏、1死3塁からタイムリーエラー。4−2
7回表、無死2塁から1番森川のタイムリー。2死2塁から4番佐野がタイムリー。ここでピッチャー交替、後遠田。4−4
10回裏、1死満塁から5番服部の犠牲フライ。日大国際が勝ちました。


続きを読む

中部学院大−皇學館大 観戦記(2018年三連盟王座決定戦)

10月28日に浜松球場で行われた3連盟王座の決勝戦、中部学院大−皇學館大の観戦記です。
奇しくも東海地区同士で、東海地区リーグの決勝戦と同じ組み合わせとなった試合。その時は皇學館大が勝ちましたが、神宮がかかった試合でどうなるか、注目して観戦しました。

中部学院大
000002021|5 H9 E0
000000000|0 H2 E1
皇學館大

中部学院大
若山、大中、宮前、櫻麹−高杯
皇學館大
市川、脇田、中山、若林、中川−中妻

投手成績
中部学院大
若山 4回 63球 被安打1 四球3 三振5 失点0
大中 1回 12球 被安打0 四球0 三振1 失点0
宮前 2回 36球 被安打0 四球1 三振2 失点0
櫻糀 2回 27球 被安打1 四球1 三振2 失点0
皇學館大
市川 5回1/3 94球 被安打7 四球3 三振2 失点2
脇田 2回 34球 被安打1 四球2 三振2 失点2
中山 2/3 5球 被安打0 四球0 三振0 失点0
若林 1/3 6球 被安打0 四球1 三振0 失点1
中川 2/3 13球 被安打1 四球0 三振1 失点0

中部学院大は若山投手が連投で先発。四球はやや多かったものの、ヒット1本に抑える好投で試合を作りました。
櫻糀投手は以前に見た時は左のサイドハンドでしたが、スリークォーターまでひじが上がっていました。その分特徴が薄れたようにも感じましたが・・・。
皇學館大は市川投手が粘りのピッチング。5回まで毎回のようにピンチでしたが、なんとか踏ん張っていましたが、6回についに捕まりました。
中川投手はエースらしくさすがの球威を見せていました。どっか上でやってほしい投手ですね。

スタメン
中部学院大
8福尾 2高杯 9武藤 3廣部→5鈴村 7高見→7新井 6中山→3 4藤澤 5結城→6 1若山→大中→H松田→R増田→1宮前→H碓井→櫻糀
皇學館大
6青木 5宮崎 9森本 8奥谷 3中園 2中妻 4八重田→H加藤→4 1市川→H杉田→R山口→1若林 7鈴木→H山本将→7永森

(試合経過)
6回表、1死1、3塁から1番福尾が2点タイムリー2ベース。ここでピッチャー交替、脇田。中部学院大が2点先制。
8回表、1死1、2塁から1番福尾が2点タイムリー3ベース。ここでピッチャー交替、中山。4−0
9回表、1死2塁でピッチャー交替、中川。2死2塁から6番中山がタイムリー。5−0
中部学院大が神宮行きを決めました。
続きを読む

中京学院大中京−東邦 観戦記(2018年秋季東海大会)

10月27日に四日市霞ヶ浦球場で行われた第2試合、中京学院大中京−東邦の観戦記です。
1位校同士の対戦。終盤に東邦がドラマを起こしました。

中京学院大中京
0204000021|9 H13 E0
0210000052|10 H15 E0
東邦
(延長10回)
中京学院大中京
不後、元−藤田
東邦
植田、奥田、石川−成沢

投手成績
中京院中京
不後(1) 9回0/3 181球 被安打13 四死球10 三振9 失点9
元(18) 1/3 9球 被安打2 四球0 三振0 失点1
東邦
植田(11) 3回1/3 53球 被安打3 四球2 三振2 失点3
奥田(10) 2回2/3 50球 被安打3 四球4 三振1 失点3
石川(1) 4回 78球 被安打7 四死球2 三振5 失点3

不後投手は左のオーバーハンド。まっすぐはMAX133km。最初はボールの走りが今一つと感じましたが徐々に良くなった印象。投球術が高く、狙ってファールを打たせてるように感じる技術を持っていますね。
元投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。1年生。
植田投手は左のオーバーハンド。MAX137km。夏のいい時に比べるとボールの走りは今一つに感じましたが、そんなに悪くないとも思いました。
奥田投手は右のスリークォーター。MAX139km。ストライクボールがはっきりしていて、コントロールに苦しみました。ボールに怖さを感じなかった。
石川投手は右のスリークォーター。MAX139km。ややこわごわ投げているようにも最初感じましたが、徐々に腕が振れるように。

中京学院大中京
6井上 4申原 9増田 2藤田 1不後→7 8高畠 7元(18)→1 3瀧野(19)→3楠橋(16) 5二村→R一色(14)→5
東邦
7松井 8河合(14) 5石川(1)→1 6熊田 2成沢 9坂上 3長屋 4杉浦 1植田(11)→1奥田(10)→H水鳥(19)→5仲間

(試合経過)
2回表、1死2塁から7番元が左中間に場外2ランアーチ。中京院中京が2点先制。
2回裏、1死2塁から8番杉浦が2ランホームラン。2−2
3回裏、2死から7番長屋がライトへソロホームラン。東邦が勝ち越し。3−2
4回表、1死2塁でピッチャー交替、奥田。1死満塁から9番二村が犠牲フライ。2死2、3塁から1番井上が2点タイムリー2ベース。2番申原がタイムリー2ベース。中京院中京が逆転。6−3
9回表、2死満塁から7番元が2点タイムリー2ベース。8−3
9回裏、1死満塁から6番坂上が2点タイムリー。7番長屋が3ラン!同点!延長戦突入。
10回表、1死3塁から2番申原の1ゴロの間に1点。9−8
10回裏、先頭の河合が四球。石川が打席。ここでピッチャー交替、元。1死1、3塁から5番成沢がレフト線に落ちる2点タイムリー2ベースで逆転サヨナラ!
東邦が勝ちました。
続きを読む

中京大中京−津田学園 観戦記(2018年秋季東海大会)

10月27日に四日市霞ヶ浦球場で行われた中京大中京−津田学園の観戦記です。
勝った方がほぼ選抜が確定する大事な試合。予想以上に一方的な試合になりました。

中京大中京
00002|2 H4 E0
30154|13 H12 E1
津田学園
(5回コールド)
中京大中京
板倉、高橋、川崎−関岡
津田学園
前−阿萬田

投手成績
中京大中京
板倉(1) 2回1/3 54球 被安打5 四球1 三振3 失点4
高橋(10) 1回2/3 29球 被安打4 四球1 三振2 失点5
川崎(11) 2/3 16球 被安打3 四球1 三振1 失点4
津田学園
前(1) 5回 66球 被安打4 四球0 三振3 失点2

板倉投手は左のサイドハンド。前回の試合後の新聞記事でひじを痛めていて、という記述がありました。毎回思いますけど、そういうピッチャーが普通に投げているのってどうなんでしょうね。この日もその記述を見たせいもありますが、球威があまりないように感じました。
高橋投手は右のオーバーハンド。四日市球場のガンで140出るか出ないかでした。現状球速で押すピッチングなので、そこが通じないと厳しくなりますね。
川崎投手は左のオーバーハンド。上背はないですが、上から投げおろすフォームで球威はあります。まっすぐはまぁまぁ速い。やや力に頼った投げ方。
前投手はこの日のMAXは139km。高めが多い印象ですけど、切れのいいまっすぐがそこに来るので捉えるのが難しいピッチャー。コントロールも良かったし、好投手ですね。

中京大中京
8西村(9) 7伊賀 6今泉 9尾崎(19) 3印出→5 5中山(4)→4 1板倉→3 2関岡 4川合→1高橋→H飯島→1川崎
津田学園
6大音 5松尾 9藤井 3前川 7石川 2阿萬田 4小林 1前 8渡邉

(試合経過)
1回裏、1死1、2塁から4番前川が右中間へ3ランホームラン。津田学園が3点先制。
3回裏、1死2、3塁でピッチャー交替、高橋。5番石川が犠牲フライ。4−0
4回裏、無死2塁から8番前がタイムリー2ベース。無死1、3塁から1番大音がタイムリー。2死2、3塁から4番前川が2点タイムリー。9−0
5回表、2死2、3塁から代打飯島の2点タイムリー2ベース。9−2
5回裏、1死満塁から2番松尾が犠牲フライ。3番藤井が3ランホームラン。津田学園が13−2でコールド勝ち。選抜をほぼ確定しました。
続きを読む

東海大会準決勝、他大会結果

東海大会準決勝
津田学園13−2中京大中京(5回コールド)
東邦10X−9中京学院大中京(延長10回)

これで津田学園と東邦の選抜出場がほぼ確定。おめでとうございます。

全三河大会
準決勝
豊川9−6科技高豊田
安城学園8−3岡崎城西

全尾張大会
大府14−10大成
日福大付12−4愛知啓成(7回コールド)
誉6−3小牧南
東浦14−10誠信

今回は知多地区がベスト4に3校残りましたね。

「日日是好日」を見てきました。

日日是好日
「日日是好日」を見てきました。

(あらすじ)
大学生の典子(黒木華)は、突然母親から茶道を勧められる。戸惑いながらも従姉・美智子(多部未華子)と共に、タダモノではないとうわさの茶道教室の先生・武田のおばさん(樹木希林)の指導を受けることになる。

樹木希林さんの遺作となった作品。病気を抱えながらこれだけの演技をしたと思うとすごさが伝わってくる。思った以上に主役並みの出演でした。

基本的には茶道をいそしむ中での、月日の流れを描く映画。典子(黒木華)の大学生(1993年頃)から現代までの半生を茶道の部分だけで描くイメージ。それが違和感なく描けているのはすごいと思いました。
ドラマティックではない、誰にでも起こる出来事。そこをじんわりと描く映画でした。

☆は4つで。

中日の2018年ドラフト雑感

中日の2018年の指名
1位 根尾内野手 大阪桐蔭
2位 梅津投手 東洋大−仙台育英
3位 勝野投手 三菱重工名古屋−土岐商
4位 石橋捕手 関東第一
5位 柿越投手 山梨学院
6位 滝野外野手 大商大−大垣日大

根尾選手が4球団の競合で取れたのは良かった。中日が育てられるかが課題ですが・・・。

現状はショートに京田がいるので、セカンドかな。まずは下でショートやらせるのが無難な気はしますが。

2位の梅津投手はポテンシャルは東洋大の3人の投手(上茶谷、甲斐野)の中でも1番ということですし、未完の大器を育てられるか。

3位勝野投手は地元指名。ちょっとこの秋調子落としているって聞いたので心配していましたが、指名あって良かった。高校時代も見ている投手なので、頑張ってほしいです。

4位は高校生捕手。打てるキャッチャーということで楽しみですね。世代的には高校生捕手は必要だと思いますが、出番がどれだけ確保できるか。中日の育成姿勢がどうなるかですね。

柿越投手は左の大型左腕。根尾とは中学のチームメイトということで、その点も心強いでしょうね。

滝野外野手は大垣日大出身。大学で見ています。これも地元枠ですね。かなりリーグでヒットを打ったそうなので、プロで活躍を期待したいですね。

総じていいドラフトだったと思います。強いて言えば、左の即戦力左腕が欲しかったと思いますが・・・。

何にしても、中日の課題は育成力。ここからが大事ですね。

2018年ドラフト会議 速報

楽天
1位入札 ×藤原外野手 大阪桐蔭
1位再入札 ◎辰己外野手 立命館大 確定
2位 太田捕手 大商大
3位 引地投手 倉敷商
4位 弓削投手 SUBARU
5位 佐藤投手 山形中央
6位 渡邊内野手 明治大
7位 小郷外野手 立正大
8位 鈴木投手 富士大
選択終了
育成1位 清宮投手 八千代松陰
育成2位 則本投手 山岸ロジスターズ

阪神
1位入札 ×藤原外野手 大阪桐蔭
1位再入札 辰己外野手 立命館大
1位再々入札 ◎近本外野手 大阪ガス 確定
2位 小幡内野手 延岡学園
3位 木浪内野手 ホンダ
4位 齋藤投手 ホンダ
5位 川原投手 創成館
6位 湯浅投手 BC富山
選択終了
育成1位 片山捕手 福井BC

ロッテ
1位入札 ◎藤原外野手 大阪桐蔭 確定
2位 東妻投手 日体大
3位 小島投手 早稲田大
4位 山口投手 明桜
5位 中村投手 亜細亜大
6位 古谷投手 習志野
7位 松田内野手 ホンダ
8位 土居投手 松山聖陵
選択終了
育成1位 鎌田投手 徳島IS


中日
1位入札 ◎根尾内野手 大阪桐蔭 確定
2位 梅津投手 東洋大
3位 勝野投手 三菱重工名古屋
4位 石橋捕手 関東第一
5位 柿越投手 山梨学院
6位 滝野外野手 大商大
選択終了

オリックス
1位入札 ×小園内野手 報徳学園
1位再入札 ◎太田内野手 天理 確定
2位 頓宮捕手 亜細亜大
3位 荒西投手 ホンダ熊本
4位 富山投手 トヨタ
5位 宜保内野手 未来沖縄
6位 左澤投手 JX−ENEOS
7位 中川内野手 東洋大
選択終了
育成1位 漆原投手 新潟医療福祉大

DeNA
1位入札 ×小園内野手 報徳学園
1位再入札 ◎上茶谷投手 東洋大 確定
2位 伊藤内野手 立正大
3位 大貫投手 新日鐵住金鹿島
4位 勝又投手 日大鶴ヶ丘
5位 益子捕手 青藍泰斗
6位 知野内野手 BC新潟
選択終了
育成1位 宮城投手 滋賀学園

日本ハム
1位入札 ×根尾内野手 大阪桐蔭
1位再入札 ◎吉田投手 金足農 確定
2位 野村内野手 花咲徳栄
3位 生田目投手 日本通運
4位 万波外野手 横浜
5位 柿木投手 大阪桐蔭
6位 田宮捕手 成田
7位 福田投手 星槎道都大
選択終了
育成1位 海老原外野手 富山BC

巨人
1位入札 ×根尾内野手 大阪桐蔭
1位再入札 辰己外野手 立命館大
1位再々入札 ◎高橋投手 八戸学院大 確定
2位 増田内野手 明秀日立
3位 直江投手 松商学園
4位 横川投手 大阪桐蔭
5位 松井内野手 折尾愛真
6位 戸郷投手 聖心ウルスラ学園
選択終了
育成1位 山下外野手 健大高崎
育成2位 平井投手 岐阜第一
育成3位 沼田投手 旭川大高
育成4位 黒田内野手 敦賀気比

ソフトバンク
1位入札 ×小園内野手 報徳学園
1位再入札 辰己外野手 立命館大
1位再々入札 ◎甲斐野投手 東洋大 確定
2位 杉山投手 三菱重工広島
3位 野村内野手 早稲田実
4位 板東投手 JR東日本
5位 水谷外野手 石見智翠館
6位 泉投手 金沢星稜大
7位 奥村投手 MHPS
選択終了
育成1位 渡邉捕手 神村学園
育成2位 岡本投手 東農大北海道オホーツク
育成3位 重田投手 国士舘大
育成4位 中村外野手 西日本短大附

ヤクルト
1位入札 ×根尾内野手 大阪桐蔭
1位再入札 ×上茶谷投手 東洋大
1位再々入札 ◎清水投手 國學院大 確定
2位 中山外野手 法政大
3位 市川投手 明徳義塾
4位 濱田外野手 明豊
5位 坂本投手 新日鐵住金広畑
6位 鈴木投手 日本文理
7位 久保投手 九州共立大
8位 吉田内野手 明治安田生命
選択終了
育成1位 内山捕手 栃木BC
育成2位 松本内野手 福井BC

西武
1位入札 ◎松本投手 日体大 確定
2位 渡邉投手 浦和学院
3位 山野辺内野手 三菱自動車岡崎
4位 粟津投手 東日本国際大
5位 牧野捕手 遊学館
6位 森脇投手 セガサミー
7位 佐藤内野手 富士大
選択終了
育成1位 東野投手 日本経済大
育成2位 大窪投手 北海
育成3位 中熊捕手 徳山大

広島
1位入札 ◎小園内野手 報徳学園 確定
2位 島内投手 九州共立大
3位 林内野手 智弁和歌山
4位 中神投手 市岐阜商
5位 田中投手 菰野
6位 正随外野手 亜細亜大
7位 羽月内野手 神村学園
選択終了
育成1位 大盛外野手 静岡産業大
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ(向坂 昇)

向坂 昇(コウサカ ノボル)
コウでこれからも呼んでください^^

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

広告
記事検索
今後の観戦予定
10月15日
トヨタスポーツセンター
21日
東海大会
22日
未定
27日
東海大会
28日
未定
29日
未定
11月3日
入替戦
4日
市内県立大会
5日
未定
Recent Comments
  • ライブドアブログ