コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

大成−半田 観戦記(2021年秋季全尾張大会)

11月21日に阿久比球場で行われた全尾張大会の3位決定戦、大成−半田の観戦記です。
毎年いいチームを作ってくる半田がどんな状況か、注目して観戦しました。

大成
1013003|8 H12 E1
0000000|0 H2 E2
半田
(7回コールド)

大成
白井(1)−上岡
半田
大林(1)、佐々木(8)−竹内

投手成績
大成
白井 7回 103球 被安打2 四死球5 三振6 失点0

半田
大林 3回1/3 64球 被安打4 四死球5 三振1 失点3
佐々木 3回2/3 73球 被安打8 四球2 三振3 失点5(自責点2)

(出場選手)
大成
8福原(18) 4杉本 9矢野 3三宅(17)→3奥山(13) 7西浦 5山尾 6辻本 2上岡 1白井
半田
5平 6宇藤→H荒木(11)→6堀田(16) 9川尻 2竹内 7中野 8佐々木→1 4伊藤(13)→H榊原(4)→4 3新美→H牧野(12) 1大林→8→H猿渡(20)→8

(試合経過)
1回表、1死1,3塁から4番三宅の5−4−3のゲッツーの1塁送球が取れず、その間に1点。大成が先制。1−0
3回表、1死満塁からワイルドピッチで1点。2−0
4回表、1死1塁でピッチャー交代、佐々木。2死満塁からタイムリーエラーで1点。6番山尾の2点タイムリー。5−0
5回裏、1死1,2塁のチャンスでしたが、8番新美のところでエンドランを仕掛けるも三振ゲッツーとなり得点ならず。
7回表、2死2,3塁から2番杉本が2点タイムリー3ベース。更に2死1,3塁から4番奥山がタイムリー。8−0
7回裏、1死1,2塁のチャンスも半田は活かせず。
大成がコールド勝ちを収め、全尾張大会3位となりました。

総評

大成が序盤から得点を取って優位に進め、エースの白井投手が2安打に抑え、0点で抑えきりました。
大成もチャンスは毎回多かったのですが、なかなか押し切れず残塁も多い試合でした。それでも7回にコールド圏内までもっていったのは良かったですね。
白井投手はMAX133劼鬟沺璽。やや四死球は多かったものの、三振も6つ奪って最後まで投げ切ったのは自信になりそうです。
半田はミスがらみでの失点も多く、厳しい内容の試合となりました。
それでも5回、6回は足を使って崩そうとしたり、何とかしようという意図は感じられました。
反省点の多い試合だったと思いますが、これを糧に来年の春に成長した姿を見せてほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら


至学館−東邦 観戦記(2021年愛知県1年生大会)

11月20日に豊田球場で行われた1年生大会準決勝第2試合、至学館−東邦の観戦記です。
東海大会に進出し、あと一歩で敗れた至学館は、1年生も何人か出場。その選手たちが中心に東邦とどういう試合をするか注目して観戦しました。

至学館
000010000|1 H4 E2
00110000X|2 H7 E2
東邦

至学館
伊藤(1)、山本(9)−磯村新
東邦
宮國(1)、服部(10)、岡本(9)−荒島

投手成績
至学館
伊藤 5回1/3 83球 被安打6 四球2 三振2 失点2
山本 2回2/3 39球 被安打1 四球1 三振1 失点0

東邦
宮國 7回 98球 被安打2 四球2 三振7 失点1(自責点0)
服部 1回1/3 27球 被安打2 四球0 三振0 失点0
岡本 2/3 7球 被安打0 四球0 三振2 失点0

(出場選手)
至学館
3竹村(13)→4 8佐野 9山本→1→R細川 7犬飼→7森→H山田 6庄司→H稲本(19) 2磯村新 5高橋 1伊藤→9佐々木(18) 4清水→H五日市(3)→3杉本(14)
東邦
8上田 6眞鍋 9岡本→1 7古山 5三家→5中島 2荒島 3伊藤 1宮國→1服部(10)→9加藤 4山口

(試合経過)
3回裏、2死1,3塁からボークで1点。東邦が先制。1−0
4回裏、1死1,3塁から7番伊藤がタイムリー。2−0
5回表、2死2塁から7番高橋のタイムリー内野安打の間に2塁ランナーが生還。2−1
6回裏、1死1,2塁でピッチャー交代、山本。ここは三振、内野ゴロに抑えてピンチを脱出。
9回表、1死1塁でピッチャー交代、岡本。後続を抑えて試合終了。東邦が決勝戦進出を決めました。

総評

東邦の宮國投手が素晴らしいピッチングで、最速141劼里泙辰垢阿僕遒舛覽紊發Δ泙使って至学館打線を抑え込み、エラーのランナーを内野安打で返された1点で7回を投げ切り、勝利へと導きました。
至学館の伊藤投手も秋の東海大会で好投したように、安定感のある投手。MAX132劼妊灰鵐肇蹇璽襪安定しているので、東邦打線をうまく打ち取っていました。
6回に疲れを見せたところで山本投手にスイッチ。この継投も秋の東海大会でも見せた形でこの日もしっかりと抑えました。
至学館とすれば、惜しかったのは8回。2死2塁から1番竹村選手の当たりが抜けそうなところだったんですが、セカンドのファインプレーでアウトに。これは惜しかった。
あと、ホームスチール?でアウトが2つ。これは冷静に対応した東邦が良かったとも言えますが、ちょっともったいなかった。
東邦もちょこちょこ、攻守でミスがあったのですが、こういう接戦を取っていくことで経験も増していきますよね。
9回は服部投手がちょっとモタモタしましたが、岡本投手が冷静に抑えて勝ち切ったのはお見事でした。

ピックアップ選手等はこちら


2021年秋季全尾張大会結果

1回戦
半田4−2江南
大成2−0誉
東浦3X−2愛知啓成(延長10回タイブレーク)
誠信13−0大府(5回コールド)

準決勝
東浦4−3半田
誠信4−2大成

3位決定戦
大成8−0半田(7回コールド)
決勝戦
誠信4−3東浦

誠信が全尾張大会優勝を飾りました。おめでとうございます。



2021年愛知県1年生大会

1回戦
星城11X−10中京大中京
享栄4−3愛工大名電
愛産大三河4−3愛知啓成
大府7−1豊橋中央
誉8−1時習館(8回コールド)
東邦4−2中部大春日丘
豊川10−0安城学園(5回コールド)
至学館17−5名城大附(8回コールド)

2回戦
享栄5−2豊川
至学館10−1大府
星城10−3誉(7回コールド)
東邦8−1愛産大三河

準決勝
享栄9−5星城
東邦2−1至学館

3位決定戦
至学館3−0星城
決勝戦
東邦6−2享栄

東邦が2年連続3回目の優勝。おめでとうございます。
好素材がそろっている証明でもあると思いますので、来年の春以降の戦いも注目ですね。

星城−享栄 観戦記(2021年愛知県1年生大会)

11月20日に豊田球場で行われた1年生大会の準決勝第1試合、星城−享栄の観戦記です。
お互いに初めて見るチーム同士なので、どんな選手がいるか注目して観戦しました。

星城
000400100|5 H7 E5
11022030X|9 H12 E2
享栄

星城
西岡(1)、深谷(10)、中屋(9)−加藤
享栄
中井(13)、東松(1)−小笠原

投手成績
星城
西岡 5回 81球 被安打7 四死球3 三振1 失点6(自責点5)
深谷 1回 10球 被安打1 四死球2 三振0 失点0
中屋 2回 23球 被安打4 四球0 三振0 失点3(自責点1)

享栄
中井 3回2/3 51球 被安打3 四死球3 三振0 失点4(自責点3)
東松 5回1/3 64球 被安打4 四球0 三振9 失点1

(出場選手)
星城
6渡邉 4若原 5内山 9中屋→1 8金沢 3青木 7矢崎 2加藤 1西岡→H重野(13)→R川舩(18)→9川瀬(19)
享栄
9眞野 5村上 2小笠原 8高田 7青山 4大坂(3) 3小野(10) 6大橋 1中井(13)→1東松(1)

(試合経過)
1回裏、1死3塁から3番小笠原のセンター犠牲フライ(落球して記録はエラー)。享栄が先制。
2回裏、1死1,2塁から8番大橋のタイムリー2ベース。2−0
4回表、2死満塁から9番西岡に押し出し四球。ここでピッチャー交代、東松。1番渡邊が走者一掃の3点タイムリー2ベース。星城が逆転。4−2
4回裏、1死2,3塁から8番大橋のタイムリー。9番東松の犠牲フライ。4−4の同点に。
5回裏、1死2,3塁から6番大坂のタイムリー2ベース。7番小野の遊ゴロをファインプレーで捌くもその間に1点。6−4と享栄が再び逆転。
7回表、2死2塁から3番内山のタイムリー。6−5
7回裏、無死2,3塁から7番小野の2点タイムリー。更に1死2塁から9番東松のタイムリー。9−5
享栄が勝って決勝戦進出。

総評

お互いにミスなどが出た一戦。1年生大会なので、そういうのが出るのは仕方ない。
ミスに委縮せず、今後の糧にできるように取り組んでいってほしいですよね。
星城はセンター方向にしっかりと打ち返す打撃で、享栄の投手陣にも負けないスイングは出来ていたと思います。
ただ、エラーが出たイニングはやはり失点につながっているので、そこを今後の課題にしていきたいところ。
享栄の東松投手は左で141劼鬟沺璽。常時130卉翦廖糎緘召鮟个擦討い燭里如△なり安定して高いレベルの球を投げてきます。
変化球を捉えられるケースが多かったので、組み立てに改善の余地があるかも。なんにしても楽しみな投手です。
打線は下位が当たっていました。積極的な打撃で決勝戦も先手を取っていきたいですね。

ピックアップ選手等はこちら

JR東海−東邦ガス 壮行試合 感想(2021年11月19日)

11月19日に空見球場で行われたJR東海−東邦ガスの壮行試合の感想です。

JR東海
403100020|10 H14 E2
10802000X|11 H10 E0
東邦ガス

JR東海
川本、木部、秋山、谷−牛場、須永
東邦ガス
中村、笹川、棒遏⊃綸帖飮嚇帖氷見

(試合経過)
1回表、1死2,3塁から4番平野が2点タイムリー。5番中田が2ランホームラン。JR東海が4点先制。4−0
1回裏、2死1塁から4番柴田の所でエンドランが決まって長打となり、1塁ランナーが生還。4−1
3回表、1死1,2塁から8番秋田がタイムリー。更に1死2,3塁から9番牛場のスクイズ成功。更に2死1,3塁から1塁ランナーがスタートして1塁ランナーは途中で止まる。2塁送球の間に3塁ランナーが生還。この回3点。7−1
3回裏、1死2,3塁から3番比嘉が3ランホームラン。2死満塁から8番木村の1ゴロがイレギュラーして2点タイムリーに。更に2死2,3塁から9番山田の2点タイムリー2ベース。2死3塁から1番小林のタイムリー。この回打者12人で8点をあげ東邦ガスが逆転。9−7
4回表、2死満塁から7番武上がタイムリー。9−8
5回裏、1死1,3塁から9番山田のタイムリー。1番小林もタイムリーで続き、この回2点。11−8
8回表、無死1,2塁から5番長宗我部がタイムリー。無死1,3塁から遊ゴロの間に1点。11−10
東邦ガスが乱戦を制しました。

ピックアップ選手等はこちら

ヤマハ−トヨタ自動車 壮行試合 感想(2021年11月18日)

11月18日にトヨタスポーツセンターで行われたヤマハ−トヨタ自動車の壮行試合の感想です。

ヤマハ
000002001|3 H8 E1
04150000X|10 H10 E0
トヨタ自動車

ヤマハ
近藤卓、佐藤、水野、大野、ナテル−東、大本
トヨタ
川尻、山城、長谷部−高祖、小畑

(試合経過)
2回裏、2死満塁から1番中村が走者一掃の3点タイムリー3ベース。2死1,3塁から3番河原のタイムリー。4−0
3回裏、先頭の宝島がソロホームラン。5−0
4回裏、先頭の1番中村がライトへソロホームラン。更に2死満塁から7番多木の3点タイムリー2ベース。8番高祖のタイムリー2ベース。10−0
6回表、無死1塁から3番長野が2ランホームラン。10−2
9回表、先頭の7番秋利がソロホームラン。10−3
トヨタ自動車が快勝。

ピックアップ選手等はこちら

ミキハウス−西濃運輸 壮行試合 感想(2021年11月17日)

11月17日に西濃運輸グランドで行われた壮行試合、ミキハウス−西濃運輸の感想です。

ミキハウス
002020000|4 H9 E0
00020012X|5 H11 E0
西濃運輸

ミキハウス
藤井、齋藤、高橋−井上
西濃運輸
吉田、北村、船迫−森、福山、柏木

(試合経過)
3回表、2死2塁から3番原田が2ランホームラン。ミキハウスが2点先制。2−0
4回裏、2死1,3塁から8番住谷のタイムリー。更に2死満塁から1番北野が押し出し四球。2−2の同点に。
5回表、2死1塁から2番小河内がタイムリー3ベース。3番原田がタイムリー2ベース。ミキハウスが勝ち越し。4−2
7回裏、無死3塁から1番北野がタイムリー。4−3
8回裏、1死2,3塁から8番清水の犠牲フライ。更に2死1,3塁から1番北野がタイムリー2ベースを放ち逆転。5−4
西濃運輸が勝ちました。

ピックアップ選手等はこちら

「恋する寄生虫」を観てきました。

恋する寄生虫「恋する寄生虫」を観てきました。

(あらすじ)
ひどい潔癖症により人と接することができず孤独な青年・高坂賢吾(林遣都)は、視線恐怖症で不登校の女子高生・佐薙ひじり(小松菜奈)の面倒を見ることになる。佐薙の露悪的な態度に困惑する高坂だったが、それが弱さを隠すためのものだと気付き親近感を抱く。クリスマスに手をつないで歩くことを目標に「リハビリ」を始めた二人は次第に惹かれ合い、初めての恋に落ちるが・・・。

小松菜奈目当てで観に行きました。(笑)

映画は、う〜ん。

なんていうか、共感しにくい、矛盾を感じることが多い、映像の見せ方が好きではない。
自分的には残念な映画でした。
せめて小松菜奈がもうちょっときれいに見れていれば・・・。そこもちょっと残念。

最後もなぁ。ハッピーエンドにしても、そこまでのもって生き方があまり納得がいかず。

☆は2.5で。

西濃運輸−トヨタ自動車 壮行試合 感想(2021年11月16日)

11月16日にトヨタスポーツセンターで行われた西濃運輸−トヨタ自動車の壮行試合の感想です。
都市対抗の本戦まで2週間を切ってきました。
本番に向けての競争、調整も最終段階ですね。

西濃運輸
000100200|3 H8 E0
001010100|3 H8 E0
トヨタ自動車

西濃運輸
山下、池田、野田−柏木
トヨタ自動車
森田、長谷部、諏訪、渕上、佐竹−高祖

(試合経過)
3回裏、2死から1番中村がソロホームラン。トヨタが先制。1−0
4回表、無死満塁から6番小室の犠牲フライ。1−1
5回裏、先頭の7番八木がソロホームラン。トヨタが勝ち越し。2−1
7回表、2死1,2塁から3番伊礼の2点タイムリー3ベース。西濃運輸が逆転。3−2
7回裏、1死2塁から1番中村がタイムリー2ベース。3−3
引き分けとなりました。

ピックアップ選手等はこちら

Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
30日
都市対抗野球
12月1日
都市対抗野球
2日
都市対抗野球
11日
ラグビープレシーズンマッチ
15日
Bリーグ
三河−名古屋D
18日
東京女子プロレス
Recent Comments
  • ライブドアブログ