コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

愛知大−愛工大 3回戦 観戦記(2018年愛知大学リーグ1部2部入替戦)

11月5日にパロマ瑞穂球場で行われた1部2部入替戦の3回戦、愛知大−愛工大の観戦記です。
球場に入った時点で2回終了時で5−0。正直勝負あったと思ったのですが、終盤まさかの展開が待っていました。

愛大
320000000|5 H11 E2
000002112|6 H11 E2
愛工大

愛大
緒方、田村−観音寺
愛工大
中村、中谷、三木、吉村、横谷−土居

投手成績
愛大
緒方 6回0/3 被安打6 四球2 三振3 失点3
田村 2回2/3 57球 被安打5 四死球4 三振1 失点3
愛工大
中村 5回 被安打8 四球0 三振3 失点5
中谷 2/3 11球 被安打1 四球0 三振0 失点0
三木 1/3 5球 被安打0 四球0 三振0 失点0
吉村 2回1/3 35球 被安打2 四球0 三振2 失点0
横谷 2/3 2球 被安打0 四球0 三振0 失点0

先発の両投手とも中1日での登板。中村投手の5失点は見ていませんが、本来の球威ではなかったということなんでしょうね。
3回戦の経験が豊富な緒方投手は5回までは3安打ピッチング。6回に珍しく2四球。これを八田監督は嫌ったのかもしれません。

愛大
9中村 6長谷部 4加藤 3服部 2観音寺 5阿部 7安田→貞清 8川良→H今村→8 1緒方→田村
愛工大
4木村 9市川→H藤井→9 5徳浪 3中井→H田中→3下里→H佐藤 7羽谷 8大堀 2土居 1中村→H岡田→山本航→1吉村 6江川

(試合経過)
1回表、3番加藤のタイムリー、5番観音寺のサードゴロの間、6番阿部のタイムリーで愛大が3点先制。
2回表、2番長谷部のスクイズ、3番加藤のタイムリーで2点追加。5−0
6回表、2死1塁でピッチャー交替、三木。
6回裏、2死満塁から7番土居の2点タイムリー内野安打。5−2
7回裏、無死1、3塁でピッチャー交替。昨日134球投げた田村がマウンドへ。1−6−3のゲッツーの間に1点。5−3
8回裏、2死1、2塁から9番江川がタイムリー。5−4
9回表、1死1塁でピッチャー交替、横谷。
9回裏、1死1、3塁から5番羽谷が犠牲フライ。同点。2死1、2塁から7番土居がサヨナラタイムリー。愛工大が勝ち1部昇格決定。

続きを読む

「走れ!T校バスケット部」を見てきました。

T校バスケット部
「走れ!T校バスケット部」を見てきました。

(あらすじ)
中学時代、バスケットボール部のキャプテンとして活躍した田所陽一(志尊淳)は強豪の白瑞高校に入学するが、部内でいじめに遭い退学する。通称T校と呼ばれる多田野高校に編入した彼は、成り行きで入部した弱小バスケ部で、次第にバスケへの熱意を取り戻す。

バスケットの映画。こういうスポーツ映画やドラマはそのシーンがどのくらい描けているかが気になりますが、かなり頑張っていたと思います。
それでも最後の試合、魅せかたがもう少し上手く出来たかな、と感じました。そこが残念。ただ、話としては感動しましたし、泣けました。結構序盤から。
志尊淳はトッキュウ1号で活躍。そこからかなりブレイクしてきていますね。今後も楽しみ。映画では仮面ライダードライブ(竹内涼真)、ゴセイレッド(千葉雄大)が出ていました。東映だったのもあったかもですね^^

☆は4.5で。

愛知大−愛工大 2回戦 観戦記(2018年愛知大学リーグ1部2部入替戦)

11月4日にパロマ瑞穂球場で行われた1部2部入替戦、愛知大−愛工大の2回戦の観戦記です。
愛大が崖っぷちに追い込まれた2回戦で、先発の人選になるかと思いましたが、1年生の田村投手が抜擢。どんな投球を見せるかに注目して観戦しました。

愛大
002000120|5 H9 E0
001000001|2 H9 E1
愛工大

愛大
田村、大矢−観音寺
愛工大
新村、吉村、大宅、三木、中谷−土居

投手成績
愛大
田村 8回 134球 被安打7 四球5 三振1 失点1
大矢 1回 11球 被安打2 四球0 三振0 失点1
愛工大
新村 7回 136球 被安打6 四死球6 三振6 失点3
吉村 2/3 9球 被安打0 四球1 三振0 失点1
大宅 0/3 8球 被安打2 四球1 三振0 失点1
三木 1/3 9球 被安打0 四球1 三振0 失点0
中谷 1回 14球 被安打1 四球1 三振0 失点0

田村投手は豊野出身の1年生。大学で先発した試合は初めて観戦。高校の頃から見て、応援してきたので、観戦しているだけでこっちが疲れる始末(苦笑)。この日はコントロールが比較的安定。ただ、左バッターにはやや投げにくそうで、球威が落ちる印象でした。
大矢投手は豊明出身の1年生。捉えられる打球が多かった。
新村投手は右のオーバーハンド。桜丘出身の2年生。ボールは走っていたものの、コントロールがばらつき5回までで103球。球数を減らす投球がしたい。
吉村投手は右のサイドハンド。キャッチャー登録の3年生。ボールが速くて驚きました。

愛大
9中村→貞清 6長谷部 4加藤 3服部 2観音寺 5阿部 7安田 8川良→H内山→今村 1田村→H東拓→R二宮→大矢
愛工大
4木村 8市川→H大堀 5徳浪 7羽谷 3山本航→R下里→3 9西崎→9佐藤 2土居 1新村→H田中→R平本→H中井 6江川

(試合経過)
3回表、2死2塁から4番服部が右中間の深いところに2ランホームラン。愛大が2点先制。
3回裏、無死1、3塁から2番市川の犠牲フライ。2−1
7回表、1死満塁から5番観音寺がタイムリー。3−1
7回裏、1死2,3塁と同点のチャンスで2番市川が遊ゴロ。2死2,3塁から3番徳浪のカウントが悪くなったところで申告敬遠。2死満塁で4番羽谷が1飛に倒れ3者残塁。愛大は賭けに成功。
8回表、2死1塁でピッチャー交替、大宅。2死1、2塁から3番加藤、4番服部が連続タイムリー。ここでピッチャー交替、三木。5−1
9回裏、1死1塁から代打大堀がタイムリー3ベース。5−2
愛大が勝ってタイに。
続きを読む

愛工大−愛知大 1回戦 観戦記(2018年愛知大学リーグ1部2部入替戦)

11月3日に名城大グランドで行われた1部2部入替戦、愛工大−愛知大の1回戦の観戦記です。
愛大はエース緒方投手を立てて負けられない試合。その緒方を愛工大が攻略するかに注目して観戦しました。

愛工大
000011000|2 H10 E1
000100000|1 H8 E0
愛大

愛工大
中村−土居
愛大
緒方−観音寺

投手成績
愛工大
中村 9回 124球 被安打8 四死球7 三振3 失点1
愛大
緒方 9回 110球 被安打10 四球1 三振2 失点2

中村投手は4回に一度崩れかけたのですが、5回に1死1塁から観音寺選手をゲッツーに取ってからリズムが良くなりました。
緒方投手はボールそのものは走っていない印象でしたが、変化球のコントロールは良く、ランナーは出しても粘るいつもの投球は出来ていたと思います。

愛工大
4木村 9市川 5徳浪 3梅林→H中井→3 7羽谷 8西崎→8大堀 2土居 6江川 1中村
愛大
9中村 6長谷部→H寺崎暁 4加藤 3服部 2観音寺 7安田→H新井→7貞清 5阿部 8川良→R二宮 1緒方→H寺崎光

(試合経過)
4回裏、2死満塁から1番中村が押し出し四球。愛大が先制。
5回表、1死1、2塁から2番市川のショートゴロがイレギュラーしてタイムリー。同点。
6回表、1死2塁から7番土居がタイムリー3ベース。愛工大が逆転。2−1
9回裏、2死1,2塁から3番加藤がレフトへヒットを放つも当たりがよかったのもあり2塁ランナーは3塁ストップ。結局4番服部が倒れ試合終了。
愛工大が先勝。愛工大が昇格王手。
続きを読む

「ごっこ」を見ました。

ごっこ
「ごっこ」を見ました。

(あらすじ)
大阪のさびれた帽子店で暮らすニートのアラフォー男・城宮(千原ジュニア)と5歳のヨヨ子(平尾菜々花)は、ある秘密を抱えていた。ある日、十数年ぶりに城宮が実家に戻ったことを知った幼なじみの警察官マチは、ヨヨ子の存在に疑念を抱く。

評価が高かったので見てきました。原作は未読。

☆は3つ。

理由としては、千原ジュニアのセリフで聞き取りにくいことが何度もあったこと。音響のせいなのか、技術のせいなのかは分かりませんが・・・。
あと、話の内容というか、やっていることが犯罪じゃね?と思うことが多く、それが気になって集中出来ませんでした。

泣かせに来てるところでもそういうのが気になって泣けず・・・。そういう意味ではもっと評価が下がってもいいのですが、ヨヨ子役の平尾菜々花ちゃんの演技に免じて、☆3つに。

こういう映画を見ると、自分って真面目なんだな、と思います(笑)。

名古屋経済大−愛知淑徳大 2回戦 観戦記(2018年愛知大学リーグ2部3部入替戦)

11月4日にパロマ瑞穂球場で行われた名経大−淑徳大の2回戦の観戦記です。
淑徳大は2015年に新人戦を見て以来の観戦。名経大にどこまで食らいつけるかに注目して観戦しました。

名経大
042121000|10 H11 E1
005010100|7 H13 E3
淑徳大

名経大
清水、伴、下條−薗田
淑徳大
川上、萩野、森−小澤

投手成績
名経大
清水 2回0/3 38球 被安打3 四球3 三振0 失点4
伴 3回 47球 被安打6 四死球2 三振1 失点2
下條 4回 64球 被安打4 四球2 三振2 失点1
淑徳大
川上 2回2/3 53球 被安打4 四死球2 三振0 失点6
荻野 2回 42球 被安打4 四球2 三振2 失点3
森 4回1/3 59球 被安打3 四球1 三振3 失点1

清水投手は左のオーバーハンド。テイクバックに特徴がある。誠信出身の2年生。球は以前より速くなった印象でした。
伴投手は大同大大同出身の2年生。右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。
淑徳大は荻野投手が右のオーバーハンド。瀬戸北総合出身の1年生。小気味いいボールを投げていました。高校時代に見ています。その時はコントロールに苦しんでいましたがかなり成長していました。
森投手は前日にも先発していますが、正直びっくりしました。名古屋高校出身の2年生ですが、かなり球が速かったです。179cmと上背も結構ありますし、球威もなかなか速い。大学時代の嶽野投手を彷彿とさせました。これからも注目したいピッチャーですね。

名経大
D白江→H廣瀬 4益留 6木原真 3木原修 9神谷 8吉野 5梅村 7蛯原 2薗田 P清水
淑徳大
4杉浦 9大本 7河口 5澤田 D後藤→H岩崎 2小澤 8田中→H田崎 3中村 6早川 P川上

(試合経過)
2回表、2死満塁から9番薗田が走者一掃の3点タイムリー2ベース。更にタイムリーエラー。4−0
3回表、2死2、3塁から7番梅村のサードゴロを弾き記録タイムリーエラー。ここでピッチャー交替、萩野。バッテリーエラーで1点。6−0
3回裏、無死1、2塁から2番大本が2点タイムリー2ベース。無死1、2塁でピッチャー交替、伴。無死満塁から5番後藤の2ゴロの間に1点。1死2、3塁から6番小澤がタイムリー。更にスクイズ成功。6−5
4回表、2死1、2塁から4番木原修がタイムリー。7−5
5回表、無死1、3塁から8番蛯原の1ゴロの間に1点。1死3塁から9番薗田がタイムリー。ここでピッチャー交替、森。9−5
5回裏、1死3塁から8番中村がタイムリー。9−6
6回表、2死2塁から5番神谷のタイムリー2ベース。10−6
7回裏、1死3塁から8番中村のタイムリー。10−7
名経大が連勝。2部残留を決めました。
続きを読む

津島東−豊野 練習試合 観戦記

11月3日に豊野高校グランドで行われた津島東−豊野の練習試合の観戦記です。
県大会に進出して、徐々に強くなり出している津島東に豊野がどう挑むか、注目して観戦しました。

津島東
000000010|1 H9 E4
10103002X|7 H7 E2
豊野

津島東
加藤、小田−宮田
豊野
石田−佐藤

投手成績
津島東
加藤 5回 74球 被安打5 四死球3 三振5 失点5
小田 3回 40球 被安打2 死球1 三振3 失点2
豊野
石田 9回 136球 被安打9 四球4 三振4 失点1

加藤投手は右のオーバーハンド。まっすぐはぼちぼち。1年生。インコースを突くコントロールもあり、カーブもいいですね。
小田投手は左のオーバーハンド。テイクバック小さく変則。ひじが見にくいタイプ。まっすぐはそんなに速くない。変化球が多め。
石田投手は右のアンダーハンド。1年生。まっすぐはそんなに速くない。高めを狙って使えるようになると、もっとピッチングが楽になって幅が広がると思います。

スタメン
津島東
6米田 5北脇 8南谷 2宮田 7林 3竹内 4川村 1加藤→H勝→1小田 9吉川→H戸谷
豊野
6藤澤 7清家 4永田 3井口 5坂部 2佐藤 9奥村 1石田 8成田→H松本→8

(試合経過)
1回裏、1死1,2塁から4番井口のタイムリーで豊野が先制。1−0
3回裏、2死2,3塁から、2塁ランナーが牽制の間に3塁ランナーがホームイン。2−0
5回裏、2死満塁から6番佐藤が走者一掃の3点タイムリー3ベース。5−0
8回表、1死2塁から6番竹内がセンターオーバーのタイムリーエンタイトル2ベース。5−1
8回裏、無死1,3塁から7番奥村の犠牲フライ。更に1死2,3塁から9番松本のところでスクイズ成功。7−1
豊野が勝ちました。
続きを読む

上武大−東海大 観戦記(2018年横浜市長杯争奪関東大学選手権)

10月29日に横浜スタジアムで行われた第3試合、上武大−東海大の観戦記です。
ともにリーグ優勝校。優勝候補と言っていいチームが初戦でぶつかる好カードでした。

上武大
000100001|2
000000000|0
東海大

上武大
吉野−吉田
東海大
原田−海野

吉野投手は右オーバーハンド。2年生。130km台のボールが多いのですが、時折力を入れて146kmもマーク。状況で力をコントロールしている印象。
東海大の原田投手も右のオーバーハンド。MAX141km。

上武大
9久保 5大橋 8市根井 7山田 3辻井 D長友 2吉田 4飯島 6大内 P吉野
東海大
4千野 7高田 D加藤 3平山快 2海野 5門馬 9藤井 8平山敦 6串畑 P原田

(試合経過)
4回表、2死1、3塁から7番吉田のタイムリー内野安打。上武大が先制。
4回終了時に球場を後にしました。

上武大がベスト4に進出しました。
続きを読む

「旅猫リポート」を見ました。

旅猫リポート
「旅猫リポート」を見てきました。

(あらすじ)
野良猫だったナナは交通事故に遭ってしまい、猫好きの人のいい青年・悟(福士蒼汰)に救われる。その後5年間、ナナは家猫として悟と仲良く暮らしてきたが、ある事情から彼は愛猫を手放す決意を固める。そして新たな飼い主を見つけるため、彼らは悟の親友や初恋の相手などを訪ねる旅に出る。

元々原作が好き。これを書いた有川浩が好き。ってことで、見に行きました。

1エピソードを丸々カットは気になりましたが、仕方ないかな。2時間の尺には限界もあるし。撮影の難しい部分だったと思うし。(猫的に)

概ね原作に沿った形でしたし、泣けました。ただ、あくまでも原作の力だった気もするし・・・。
原作を知らない人の評価がどうなんだろう。原作ファンとしては、良く描けたかな、と思える出来でした。

☆は4つで。

東京情報大−白鴎大 観戦記(2018年横浜市長杯関東大学選手権)

10月29日に横浜スタジアムで行われた横浜市長杯争奪関東大学選手権の第2試合、東京情報大−白鴎大の観戦記です。

東京情報大
102000000|3 H9 E2
002100001|4 H11 E0
白鴎大

東京情報大
坂巻、神里、又木−伊藤寿
白鴎大
安藤、大関、中村、山田啓−小川、渡邉

投手成績
東京情報大
坂巻 5回 被安打8 四球0 失点3
神里 2回 28球 被安打0 四球1 三振1 失点0
又木 1回2/3 41球 被安打3 四球1 三振0 失点1
白鴎大
安藤 2回0/3 被安打3 四球0 失点3
大関 2回2/3 47球 被安打3 四球1 三振4 失点0
中村 2回 39球 被安打3 四球2 三振3 失点0
山田啓 2回1/3 34球 被安打0 四球1 三振1 失点0

坂巻投手は左のオーバーハンド。4年生。MAX139km。
神里投手は右のオーバーハンド。3年生。MAX144km。小柄。
又木投手は左のオーバーハンド。2年生。MAX139km。壁を作れているフォーム。
大関投手は右のオーバーハンド。2年生。MAX143km。緩急があり、好投手です。
中村投手は左のスリークォーター。3年生。MAX144km。
山田啓投手も左のスリークォーター。2年生。スライダーが大きく曲がる。MAX141km。

東京情報大
8加藤→7 9鈴木 D佐野 3宮城 7吉野→8小宮 4吉田 5塚本→H菅谷→5伊藤大 2伊藤寿 6内藤
白鴎大
8金子 D龍 7大下 5ラミレス 9津川→9京橋→H渡辺→9 4山田和 3中山→H松本 6保立 2小川→渡邉 

(試合経過)
初回の東京情報大の先制は球場外にいたため見ていません。
3回表、無死1塁から2番鈴木がレフトポールに当たる2ランホームラン。ここでピッチャー交替、大関。3−0
3回裏、2死3塁から3番大下がレフトフェンス直撃のタイムリー2ベース。4番ラミレスがタイムリー。3−2
4回裏、2死3塁から9番渡邉のタイムリー内野安打。3−3
5回表、2死2塁でピッチャー交替、中村。
7回表、2死1、2塁でピッチャー交替、山田啓。
9回裏、2死2塁から1番金子のサヨナラタイムリー。白鴎大が勝ちました。
続きを読む
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ(向坂 昇)

向坂 昇(コウサカ ノボル)
コウでこれからも呼んでください^^

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

広告
記事検索
今後の観戦予定
10月15日
トヨタスポーツセンター
21日
東海大会
22日
未定
27日
東海大会
28日
未定
29日
未定
11月3日
入替戦
4日
市内県立大会
5日
未定
Recent Comments
  • ライブドアブログ