コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

東山クラブ−西名古屋ベースボールクラブ 観戦記(2022年ポッカサッポロ杯)

8月5日にパロマ瑞穂球場で行われたポッカサッポロ杯の決勝戦、東山クラブ−西名古屋ベースボールクラブの観戦記です。
強い東山クラブに対し、どこまで西名古屋BCが食い下がるか、注目して観戦しました。

東山クラブ
0200000|2 H6 E0
1000000|1 H7 E1
西名古屋BC

東山クラブ
藤川(1)、浅井(15)−大橋
西名古屋BC
樋口(1)、仲(6)−伊藤幹

投手成績
東山クラブ
藤川 2/3 28球 被安打2 四球1 三振2 失点1
浅井 6回1/3 78球 被安打5 四球0 三振6 失点0

西名古屋BC
樋口 6回0/3 96球 被安打6 四死球3 三振0 失点2
仲 1回 7球 被安打0 四球0 三振0 失点0

(出場選手)
東山クラブ
3坂下(3) 7柴田(7) 1藤川(1)→8 6戸塚(10) 8浅井(15)→1 4伊藤(4) 9鈴木(13)→(18) 5鮫島(5) 2大橋(2)
西名古屋BC
6仲(6)→1 7奥村(7) 3伊藤智(3) 2伊藤幹(2) 9浅井(9) 1樋口(1)→6 5加納(10) 4大西(4)→H村上(11)→5児玉(5)→H久保(17) 8鬼頭(8)

(試合経過)
1回裏、2死2塁から4番伊藤幹がタイムリー3ベース。2死1,3塁でピッチャー交代、浅井。西名古屋BCが先制。1−0
2回表、1死2,3塁から9番大橋のスクイズ成功。2死1,3塁から2番柴田のタイムリーで逆転。2−1
7回表、無死3塁でピッチャー交代、仲。1死3塁からスクイズを外されて3塁ランナーがアウトに。結局無得点。
7回裏、2死1塁から9番鬼頭がヒットでつなぎ、1番仲に回しましたが、レフトへ大きなフライもフェンス間際でキャッチし試合終了。
東山クラブが逃げ切り、優勝を果たしました。

短評

前日の試合を見た感じだと、東山クラブが圧倒するかな、と思っていましたが、西名古屋BCもかなり食らいつきました。
1回裏に4番伊藤幹選手のタイムリー3ベースで先制。先発の樋口投手は2回に逆転を許しましたが、3回〜5回は三者凡退に斬ってリズムを作る。緩急を使って上手くタイミングを外す投球がお見事でした。
6回表、7回表とピンチをしのぐと、最終回の裏はヒット2本で見せ場、決勝進出した強さを見せてくれましたね。
東山クラブは1回、6回、7回とランナーを3塁まで送るもあと1本が出ず。2つ、3塁からのエンドラン、スクイズを失敗したのも響きました。
それでも早期登板だった浅井投手が1回裏のピンチをしのぐと、2回以降はしっかりと0を並べて勝利に貢献。層の厚さを感じる起用でした。
東山クラブは優勝。しっかりと喜んでいました。こういうシーンを見れるとうれしくなりますね。

ピックアップ選手等はこちら



西名古屋ベースボールクラブ−犬山中 観戦記(2022年ポッカサッポロ杯)

8月4日にパロマ瑞穂球場で行われたポッカサッポロ杯の準決勝第2試合、西名古屋BC−犬山中の観戦記です。
唯一学校チームで残った犬山中がどう戦うか注目して観戦しました。

西名古屋BC
20052|9 H8 E4
00033|6 H5 E1
犬山中
(5回時間切れコールド)

西名古屋BC
仲(6)、樋口(1)−伊藤幹
犬山中
大久保(1)、岡田(10)−岡田、大久保

投手成績
西名古屋BC
仲 4回0/3 76球 被安打3 四球4 三振4 失点5(自責点3)
樋口 1回 17球 被安打2 四球0 三振1 失点1

犬山中
大久保 4回 80球 被安打7 四球5 三振1 失点7
岡田 1回 21球 被安打1 四球2 三振0 失点2

(出場選手)
西名古屋BC
1仲(6)→6 7奥村(7) 3伊藤智(3) 2伊藤幹(2) 9浅井(9) 6樋口(1)→1 5加納(10)→4(17) 4大西(4)→R(5)→4→5 8鬼頭(8)
犬山中
6三沢(6) 5高野(5) 2岡田(10)→1 1大久保(1)→2 3加藤(3) 4土屋(4) 9奥田(9) 7宮田(7) 8八神(12)

(試合経過)
1回表、2死満塁から6番樋口が2点タイムリー。西名古屋BCが2点を先制。
4回表、1死1,3塁から1番仲の2点タイムリー3ベース。2番奥村のタイムリー。3番伊藤智のタイムリー2ベース。2死2,3塁からワイルドピッチで1点。この回5点。7−0
4回裏、1死2,3塁から5番加藤のタイムリー。1死1,3塁から6番土屋の3ゴロエラーの間に1点。7番奥田のタイムリー。7−3
5回表、1死1塁から9番鬼頭のランニング2ランホームラン。9−3
5回裏、無死2,3塁でピッチャー交代、(1)。3番岡田の2点タイムリー3ベース。2死3塁から6番土屋のタイムリー。9−6
5回終了時に時間切れで試合終了に。西名古屋BCが決勝戦進出。

短評

西名古屋BCが初回に2点を取って優位に立ち、4回に5点取ってコールド圏内になって楽勝かと思いましたが・・・。
4回裏に急にバタバタとしだして、四球、エラーのランナーを返されて、失点。ここで雷で中断になりましたが、再開後も犬山中が押し気味に試合を進めました。
5回で試合が成立して、そこで雷も近づいてきたのもあって終了となりましたが、流れ的には犬山中に傾いていましたので、西名古屋BCにとってはラッキーだったかも。
それでも4回、5回と長打を打って突き放していましたし、雷等の影響もあったかもですね。
大きい選手もいて、力がありそうなチームでした。
犬山中もショート、バッテリ−等、軟式の学校チームとは思えない体格の選手もいて、ここまで残ったのも納得のチームでしたね。

ピックアップ選手等はこちら


東山クラブ−愛知フラッシュジュニア 観戦記(2022年ポッカサッポロ杯)

8月4日にパロマ瑞穂球場で行われたポッカサッポロ杯の準決勝第1試合、東山クラブー愛知フレッシュジュニアの観戦記です。

東山クラブ
20420|8 H9 E1
00000|0 H3 E1
愛知FJ
(5回コールド)

東山クラブ
(1)、大橋(2)−大橋、戸塚
愛知FJ
(11)、(20)、(17)−(2)

投手成績
東山クラブ
(1) 3回 46球 被安打2 四球1 三振3 失点0
大橋 2回 30球 被安打1 四球1 三振1 失点0

愛知FJ
(11) 2回2/3 68球 被安打6 四死球2 三振0 失点6(自責点4)
(20) 1回1/3 15球 被安打3 四球0 三振0 失点2
(17) 1回 27球 被安打0 四死球3 三振0 失点0

(出場選手)
東山クラブ
3(3) 7(7)→8(18) 1(1)→(9) 6戸塚(10)→2 8(15)→7 4(4)→(14) 9(13)→(6) 5(5) 2大橋(2)→1
愛知FJ
4(10) 6(6) 3(3)→8 7(7) 8(1)→3 9(9) 1(11)→1(20)→1(17) 5(14)→H(12) 2(2)→H(5)

(試合経過)
1回表、1死3塁から3番のぼてぼての投ゴロが内野安打となりタイムリーに。1死2塁から4番戸塚の中安にエラーが絡んで1点。東山クラブが2点先制。
3回表、1死2塁から4番戸塚のタイムリー3ベース。5番の2球目にホームスチール成功。更に2死1塁から7番のタイムリー3ベース。更にタイムリーエラーで1点。ここでピッチャー交代、(20)。6−0
4回表、無死2,3塁から3番の2点タイムリー。8−0
東山クラブがコールドで勝ちました。

短評

東山クラブは長打が4本。それが上手く得点に絡み、コールドまでもっていきました。外野を超えていく打球も多く、鋭いスイングが目立ちました。
ピッチャーも2人とも120丗罎竜紊鯏蠅欧討靴辰りと抑え込みました。強いですね。
愛知FJは初回に先頭バッターがヒットとエラーで無死2塁を作るも、後続が倒れチャンスを活かせず。結局5回まで毎回ランナーは出したのですが・・・。
ちょっと力の差があった感じでした。

ピックアップ選手等はこちら

春日井工科−高蔵寺 観戦記(2022年春日井市大会)

8月3日に春日井球場で行われた第2試合、春日井工科−高蔵寺の観戦記です。
前のチームも見れていなかったチーム同士の一戦。どんな試合をするか注目して観戦しました。

春日井工科
0220000|4 H8 E2
2321003|11 H14 E4
高蔵寺
(7回コールド)

春日井工科
鼎(1)−山口
高蔵寺
新宅(10)−島村

投手成績
春日井工科
鼎 6回1/3 109球 被安打14 四死球4 三振5 失点11(自責点8)

高蔵寺
新宅 7回 86球 被安打8 四球0 三振3 失点4(自責点1)

(出場選手)
春日井工科
4水野 5伊藤大 2山口 3村井 9加藤 7河井 1鼎 6坂田 8石黒
高蔵寺
7柏田→R大坂(14) 9加藤 8安原 2島村 3梅田 4小倉 6佐藤 1新宅(10)→H細(13) 5小林

(試合経過)
1回裏、1死1塁から3番安原がタイムリー3ベース。4番島村がタイムリー。高蔵寺が2点先制。
2回表、無死2,3塁から7番鼎の2ゴロの間に1点。1死3塁から8番坂田のタイムリー。2−2の同点に。
2回裏、2死3塁から1番柏田がタイムリー3ベース。2番加藤がタイムリー。2死2,3塁からパスボールで1点。この回3点勝ち越し。5−2
3回表、1死2,3塁から5番加藤の犠牲フライ。2死3塁からタイムリーエラー。5−4
3回裏、1死2塁から8番新宅がタイムリー。2死1,3塁から1塁ランナーがスタートして、2塁送球が逸れる間に3塁ランナーが生還。7−4
4回裏、1死2,3塁から7番佐藤のスクイズが成功。8−4
7回裏、無死1塁から代打細がタイムリー3ベース。更にパスボールで1点。1死2塁から2番加藤のタイムリー2ベースでコールド成立。
高蔵寺が勝ちました。

短評

春日井工科は12人。試合前のノックも12番の選手がやっていました。ノッカーに渡す人もいないので高蔵寺の選手が助け船。それはほほえましい光景でした。
試合でもキャッチャーが1人しかいないので、途中から、高蔵寺の選手がキャッチャーがすぐに出れない時はボールを受ける等手伝っていました。
春日井工科は鼎投手がエースでキャプテン。左でボールに力がありました。序盤は良く食らいつきましたが、暑さもあってか集中力が切れた感じになったのは仕方ないかな。
少しでもミスでの失点を減らして、点の取り合いをしていきたいですね。
高蔵寺は結果コールドで勝ちましたが、エラー4つが示す通り、ミスも多かった。打つ方は上位が力があるので、上位打線で点を取っていきたいですね。
以前の私学にも勝っていたころの高蔵寺を思うと力は落ちている印象。まずは自分たちのミスでの失点はなくしていきたいですね。

ピックアップ選手等はこちら

中部大春日丘−春日井 観戦記(2022年春日井市大会)

8月3日に春日井球場で行われた第1試合、中部大春日丘−春日井の観戦記です。
春日井市大会は背番号ありで試合をする大会。選手にとっては貴重な試合ですよね。

中部大春日丘
031120030|10 H16 E2
000013000|4 H14 E2
春日井

中部大春日丘
久松(12)、吉本(13)、木村(11)−中西
春日井
伊藤奏(1)、大嶽(4)−河部

投手成績
中部大春日丘
久松 3回 39球 被安打5 四球0 三振3 失点0
吉本 4回 63球 被安打8 死球1 三振2 失点4(自責点3)
木村 2回 26球 被安打1 死球1 三振1 失点0

春日井
伊藤奏 8回 104球 被安打16 四死球3 三振2 失点10
大嶽 1回 14球 被安打0 四球1 三振0 失点0

(出場選手)
中部大春日丘
7小島→R椙山(18)→7 6佐々木→4 5堀 3土屋→3稲本(14) 9大櫃→R大石(20)→9 4大満→6 2中西 1久松(12)→H吉本(13)→1→H野村(16)→1木村(11) 8犬飼裕
春日井
6下平 7河村 4大嶽(10)→1 2河部 3加藤 1伊藤奏→4→H内記 9浅野 8藤森 5北村

(試合経過)
2回表、2死1,2塁から1番小島が2点タイムリー3ベース。2番佐々木もタイムリー3べース。この回中部大春日丘が3点先制。3−0
3回表、1死3塁から6番大満のスクイズが成功(記録はヒット)。4−0
4回表、2死1塁から2番佐々木がタイムリー2ベース。5−0
5回表、無死3塁から5番大櫃がタイムリー。更に2死2塁から8番吉本がタイムリー2ベース。7−0
5回裏、1死1,3塁から5番加藤がタイムリー。7−1
6回裏、1死3塁から2番川村の3ゴロの間に1点。更に2死3塁から4番河部がタイムリー2ベース。5番加藤がタイムリー。この回3点。7−4
8回表、無死2,3塁から9番犬飼裕のバントヒットがタイムリーに。無死1,3塁から1番椙山の犠牲フライ。2死2塁から3番堀のタイムリー。10−4
中部大春日丘が勝ちました。

短評

中部大春日丘は夏のベンチ入りしていた選手は未出場。このチームがAなのかどうかは分かりません。
打線で目立ったのは1番の小島選手、2番佐々木選手。それぞれ3本ずつヒットを放ち、得点に絡みました。
投手陣は春日井高校の上位打線にかなりヒットを打たれて4失点。ちょこちょこミスも出ていましたね。
逆に春日井高校の打線の良さが目立ちました。4番の河部選手は5打数5安打の大暴れ。1年生が1,2,3,5番で出場していたのですが、活躍も目立ちましたし、この先が楽しみなチームです。

ピックアップ選手等はこちら

小牧−小牧南 観戦記(2022年小牧市内大会)

8月2日に小牧球場で行われた第2試合、小牧−小牧南の観戦記です。
新チーム同士でいい選手がいるか注目して観戦しました。

小牧
000000|0 H1 E2
012214|10 H12 E1
小牧南
(6回コールド)

小牧
木村一、葉山、日比野−平山
小牧南
是枝、高橋−田中詠

投手成績
小牧
木村一 3回 45球 被安打5 四球1 三振1 失点3
葉山 2回0/3 57球 被安打6 四球3 三振1 失点7(自責点5)
日比野 1/3 1球 被安打1 四球0 三振0 失点0

小牧南
是枝 3回 39球 被安打1 死球1 三振3 失点0
高橋 3回 44球 被安打0 四球1 三振5 失点0

(出場選手)
小牧
6川口 5坪田 8葉山→1→1日比野 2平山 7松島 3井伊 9鵜篭 4上 1木村一→8掛川
小牧南
8鈴木瑛 3宗野 6深井 7吉岡 2田中詠 5長谷 4松本→4矢野 9大池 1是枝→H田中太→1高橋→鈴木新→R木下

(試合経過)
2回裏、1死2,3塁から7番松本の2ゴロの間に1点。小牧南が先制。1−0
3回裏、1死2塁から2番宗野のタイムリー2ベース。2死3塁から4番吉岡のタイムリー。3−0
4回裏、2死2塁から1番鈴木瑛のタイムリー。更に2死2塁からワイルドピッチとキャッチャーの送球エラーで1点。5−0
5回裏、2死3塁から5番長谷がタイムリー。6−0
6回裏、無死2,3塁から2番宗野の2点タイムリー3ベース。3番深井のタイムリー。無死1,3塁でピッチャー交代、日比野。5番田中詠のライト前に落ちる当たりで3塁ランナーが返りコールド成立。小牧南が快勝しました。

短評

小牧高校としては、なかなか小牧南の投手をとらえきれず、ヒットが1本。唯一5回に2死から四球とエラーでチャンスを得ましたが得点ならず。厳しい結果となりました。
そんなに力の差はないのですが、確実にチャンスを活かされるとこうなるという典型の試合。どう最小で防いでいくか、2死からあとアウト1つをどうとるか。チームで取り組んでいきたいですね。
小牧南は素晴らしい内容の試合となりました。特に1年生の活躍が目立ちました。高橋投手はMAX129劼鬟沺璽。ショートの深井選手は初回にファインプレーを2つ見せて是枝投手を乗せましたよね。
宗野選手は長打2本を放つ打撃は見事。鈴木瑛選手の俊足も健在。
新チームの躍進が楽しみになる試合でした。

ピックアップ選手等はこちら


小牧工科−誉 観戦記(2022年小牧市内大会)

8月2日に小牧球場で行われた小牧工科−誉の観戦記です。
最近毎年恒例になりつつある新チームの最初は小牧市大会。今年もそうなりました。無事に行われて良かったです。

小牧工科
0010110010|4 H8 E2
0211000001|5 H9 E0

(延長10回タイブレーク)

小牧工科
近藤、伊藤翔−桂川

深見、皆元、井上−瀧田

投手成績
小牧工科
近藤 5回 92球 被安打6 四球1 三振4 失点4
伊藤翔 4回0/3 被安打3 四死球4 三振5 失点1(自責点0)


深見 2回 42球 被安打1 四球4 三振2 失点0
皆元 3回 54球 被安打3 四球2 三振2 失点2
井上 5回 64球 被安打4 死球1 三振6 失点2

(出場選手)
小牧工科
7北川 8今村 3滝原 5伊藤彼 2桂川 4伊藤コウスケ 6富田 9斎藤 1近藤→1伊藤翔

6後藤 7大矢→7上田 2瀧田 3水谷 5木谷 4船橋 8佐々木 9宮下 1深見→1皆元→1井上

(試合経過)
2回裏、無死2塁から6番船橋がタイムリー3ベース。1死3塁から8番宮下が犠牲フライ。誉が2点先制。
3回表、無死1,3塁から5番桂川のレフト後方の当たりを好捕。犠牲フライとなり1点。2−1
3回裏、2死から3番瀧田がソロホームラン。3−1
4回裏、2死2塁から8番宮下がタイムリー。4−1
5回表、2死2塁から2番今村がタイムリー2ベース。4−3
9回表、1死3塁から4番伊藤彼の1ゴロでホームに突っ込みセーフとなり記録野選。4−4の同点に。
9回裏、2死1,2塁から3番瀧田のピッチャーへの強いゴロを伊藤翔が叩き落し、1−3と送りアウトにするファインプレー。タイブレークに突入。
10回表、無死1,2塁からでしたが、7番の富田から連続三振と遊飛で得点ならず。
10回裏、無死1,2塁から4番水谷がセンターへヒット。センターからの送球が逸れる間に2塁ランナーが生還し、サヨナラ。誉が競り勝ちました。

短評

誉は12人だけのベンチ入りで、主力は遠征に行っていたそうです。
1年生が中心でしたし、その分苦戦したのかな、という試合。
ただ、それでも互角に戦った小牧工科は自信になりそうですね。伊藤翔太投手は6回からの登板でヒット3本。タイブレークまで持ち込む原動力となりました。変化球でカウントを取れる左腕。コントロールの良さがあり、新チームでの活躍が楽しみになりました。
3番の滝原選手は4安打の大暴れ。9回の3盗は見事で、同点に追いつく大きな盗塁となりました。
誉は3番手の井上投手が好投。三振6つを奪う力投でした。多分交代する投手がいない状況だったと思いますが、そんな中タイブレークをしっかりと抑えたのはいい経験になりましたよね。
こういう準公式戦という感じの試合ですが、選手には貴重な経験ですよね。今後の糧にしていってほしいです。

ピックアップ選手等はこちら


名古屋大−静岡大 OP戦 感想(2022年7月31日)

7月31日にヤマギシ豊里球場で行われた第3試合、名古屋大−静岡大のOP戦の感想です。
静岡大は1,2年生のみのチームでの参戦ということで、名大も1,2年生が中心の試合でした。

名大
400000002|6 H6 E2
10004211X|9 H11 E3
静大

名大
宮崎(3)、佐藤(2)、豊田(1)、西原(1)、西(1)−川原、三橋
静大
佐野(3)、綿引(1)、堀内(1)、雨宮(1)、今井(1)、近藤(2/3)、崎浜(1 1/3)−矢澤、大澤
※()はイニング数

(試合経過)
1回表、2死満塁から6番加藤が2点タイムリー。更に2死2,3塁から7番中武が2点タイムリー2ベース。名大が4点先制。4−0
1回裏、無死1塁から2番加藤がタイムリー2ベース。4−1
5回裏、1死1,2塁から2番加藤の2ゴロで2塁送球が逸れ、さらに3塁へ投げた球が悪送球になるダブルエラーで1点。更に1死満塁から代打山本が2点タイムリー2ベース。更に5番内村のタイムリー2ベース。静大が逆転。5−4
6回裏、無死1,2塁から1番宇野がタイムリー。更に1死満塁から3番岡野犠牲フライ。7−4
7回裏、1死3塁からワイルドピッチで1点。8−4
8回裏、2死2塁から5番内村のタイムリー2ベース。9−4
9回表、無死満塁から8番今井が2点タイムリー。9−6
静岡大が逆転勝ちを収めました。

ピックアップ選手等はこちら


名古屋工業大−名古屋大 OP戦 感想(2022年7月31日)

7月31日にヤマギシ豊里球場で行われた第2試合、名工大−名古屋大のOP戦の感想です。
3部優勝の名工大が2部準優勝の名大にどういう試合を見せるか注目して観戦しました。

名工大
00020500|7 H7 E0
0011141X|8 H10 E0
名大
(8回時間切れコールド)

名工大
加藤(4)、田村(1 0/3)、近藤(2)−山中、柴田
名大
本田(3)、河合(2)、伊串(2/3)、藤田(1 1/3)、森(1)−河合、三橋
※()はイニング数

(試合経過)
3回裏、2死2,3塁からワイルドピッチで1点。名大が先制。1−0
4回表、2死2塁から5番落合がタイムリー3ベース。6番花井がタイムリー。名工大が逆転。2−1
4回裏、1死満塁から6番今井がタイムリー。2−2
5回裏、2死1,2塁から4番片上がタイムリー。名大が逆転。3−2
6回表、1死満塁から7番高橋が2点タイムリー。2死満塁から押し出し死球。ここでピッチャー交代、藤田。更に連続四死球で押し出し。この回5点。7−3
6回裏、無死2塁から7番石川がタイムリー2ベース。無死1,3塁でピッチャー交代、近藤。1死満塁から2番本山の2ゴロの間に1点。1死2,3塁から3番神谷が2点タイムリー。7−7の同点に。
7回裏、1死1,3塁から8番近藤がタイムリー。名大が逆転。8−7
名大が競り勝ちました。

ピックアップ選手等はこちら

愛知教育大−三重大 OP戦 感想(2022年7月31日)

7月31日にヤマギシ豊里球場で行われる予定だった東海地区国立大学大会が、前日の中止を経て大会が中止となり、それぞれOP戦となりました。
第1試合は愛教大−三重大のOP戦です。

愛教大
01001000|2 H7 E2
0002303X|8 H10 E1
三重大
(8回時間切れコールド)

愛教大
若尾(2)、小笠原(2)、千葉(1/3)、江尻(2 1/3)、野村(1/3)−久田、山口
三重大
吉村(7)、村田(1)−大澤
※()はイニング数

(試合経過)
2回表、1死2,3塁から7番野田の遊ゴロの間に1点。愛教大が先制。1−0
4回裏、2死1塁から8番大沢の2ランホームランで逆転。2−1
5回表、1死1,2塁から2番平野がタイムリー。2−2の同点に。
5回裏、1死1,2塁からタイムリーエラーで1点。更に1死満塁から連続ワイルドピッチで2点。ここでピッチャー交代、江尻。5−2と三重大が勝ち越し。
7回裏、1死満塁から7番村國がタイムリー。8番大沢がタイムリー。更に2死満塁から1番橋本がタイムリー。ここでピッチャー交代、野村。8−2
三重大が勝ちました。

ピックアップ選手等はこちら


Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
10日
西三河1次予選
豊田球場
11日
未定
12日
西三河地区1次予選
岡崎球場
13日
未定
14日
知多地区1次予選
阿久比球場
Recent Comments
  • ライブドアブログ