コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

小林クリエイト−ニデック 観戦記(2021年天皇賜杯愛知東部大会)

6月15日に刈谷球場で行われた第3試合、小林クリエイト−ニデックの観戦記です。
新春のリーグ戦に出てくるチーム同士の対戦。やはりレベルの高さを感じる試合となりました。

小林クリエイト
000000200|2 H5 E0
000000000|0 H4 E0
ニデック

小林クリエイト
田中−宮城
ニデック
堀田、浅川−高木翔

投手成績
小林クリエイト
田中 9回 124球 被安打4 四死球5 三振3 失点0

ニデック
堀田 7回 95球 被安打4 死球1 三振3 失点2
浅川 2回 21球 被安打1 四球0 三振2 失点0

(出場選手)
小林クリエイト
6小杉 8浜崎 9大西 3濱元→R竹内 5近藤 4葛西 2宮城 7坂之下 1田中
ニデック
9白石 5泉 6越智 8山崎→7村瀬 3水谷 7寺嶋→8 4坪田 1堀田→H今江→1浅川 2高木翔

(試合経過)
2回裏、無死1,2塁から8番堀田がバント失敗(ファール)の後、打って2ゴロゲッツー。9番も倒れ先制ならず。
3回裏、無死満塁のチャンスも4番山崎が2−2からエンドランで空振り(三振)。ランナーもアウトで2死2,3塁。5番水谷も倒れ0点。
7回裏、無死1,2塁から4番濱元の犠打が決まり、1死2,3塁。死球で満塁となり、6番葛西がタイムリー。7番宮城が犠牲フライ。小林クリエイトが均衡を破り2点先制。
小林クリエイトが勝ちました。

5回までは小林クリエイトは一人もランナーを出せず、ニデックは何度もチャンスがあったという試合。こういう試合は得てして6回以降流れが変わるもの、ということが多いのが野球ですが、この試合も御多分に漏れず、そんな試合となり、6回に初ヒットを放った小林クリエイトが、7回表に連打で無死1,2塁。ここで4番の濱元選手へ犠打を選択し、これを一球でばっちりと決めたことで小林クリエイトに点が入る流れになりました。
先制打は葛西選手でしたが、濱元選手のバントが大きい試合でしたね。
ニデックは1〜4回までチャンスがあった。特に3回の無死満塁はなんとかしたかったですね。
堀田投手は素晴らしい球を投げていました。それだけにもったいない試合でした。

ピックアップ選手等はこちら

三京アムコ−中庸スプリング 観戦記(2021年天皇賜杯愛知東部大会)

6月15日に刈谷球場で行われた第1試合、三京アムコ−中庸スプリングの観戦記です。
三京アムコは初めて試合を見るチームでした。

三京アムコ
100021000|4 H9 E1
000000000|0 H2 E1
中庸スプリング

三京アムコ
山本−村上
中庸スプリング
岸本、小田、池田−伊東、山田

投手成績
三京アムコ
山本 106球 被安打2 四球0 三振4 失点0

中庸スプリング
岸本 4回 68球 被安打4 四球0 三振2 失点1
小田 2回 41球 被安打4 四球1 三振3 失点3(自責点2)
池田 3回 36球 被安打0 死球2 三振2 失点0

(出場選手)
三京アムコ
6平戸 7木場 8松山 9藤江→3 2村上 5橋本 3高木→9本澤 1山本 4加藤
中庸スプリング
5高岡 8坂田圭→H山村 4坂田卓 7奥村 3山本 9長深田 6青山→H中野 2伊東→H山田→2 1岸本→1小田→1池田→H後藤

(試合経過)
1回表、先頭の平戸がレフトスタンドへ先頭打者ホームラン。1−0
5回表、1死2塁から1番平戸が3ベース。2番木場がタイムリー。3−0
6回表、1死3塁から8番山本の3ゴロの間に1点。4−0
三京アムコが勝ちました。

三京アムコが初回に平戸選手のホームランで先手を奪い、投手がしっかりと抑えて快勝となりました。
平戸選手はホームランに3ベース。凡退したセンターフライも当たりは良く、ボールの飛び方が硬式のようでした。
山本投手も左でコントロールが良く、チェンジアップも良く聞いていて、最終回に少しピンチを招いだだけで完璧な投球でした。
中庸スプリングは初回に先頭の高岡選手がヒットで出て、2番の坂田圭選手がバント失敗でゲッツーになり、ここから全く塁にも出せない状態で完敗となりました。
8回まで打者24人。最終回にラッキーな当たりで2人ランナーが出ましたが、それが無ければ27人で終わったかもしれない攻撃となってしまいました。

ピックアップ選手等はこちら

愛知プリンスヤング−愛知中央BCヤング 観戦記(ヤングリーグ選手権東海地区予選)

6月13日に空見球場で行われた準決勝第2試合、愛知プリンスヤング−愛知中央ヤングの観戦記です。
4回終了時までの感想になります。

愛知プリンスヤング
2000100|3
2000000|2
愛知中央BCヤング

プリンスヤング
上松、山野−習田
中央BCヤング
永井−大澤

(スタメン)
プリンスヤング
8河合 2習田 1上松 7若松 4長谷川 6山野 9金田 3中島 5上江洌
中央BCヤング
8堤 4篠田 5竹谷 2大澤 1永井 7宮前 9中村 3岩田 6中根

(試合経過)
1回表、2死1,2塁から5番長谷川の3ゴロエラーで1塁ランナーまで生還。プリンスヤングが2点先制。
1回裏、無死満塁から4番大澤が押し出し死球。1死満塁から6番宮前が押し出し四球。2−2
2回表、2死1,2塁から1ゴロで抜けそうな当たりを1塁の岩田が好プレーでアウトに。
2回表終了時に雨で中断に。
4回終了時に球場を後にしました。

試合が始まってまもなく雨がかなり強くなって、やや投手が投げずらそうになり、それが序盤に多少影響したかも。
中央BCヤングの1塁手は女性の岩田選手。好プレーもあり、こういう男子に交じって試合に出るだけのものを見せてくれました。前の試合では投手だったようで、抑えて勝ったようです。
雨はかなり降りましたが、グランド状態はほぼ悪化せず。空見球場の水捌けの良さにびっくり。選手のプレーにそれほど影響が無かったのも良かったです。

ピックアップ選手等はこちら

和合病院−パナソニックSUNX 観戦記(2021年天皇賜杯愛知西部大会決勝戦)

6月18日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた天皇賜杯愛知西部大会の決勝戦、和合病院−パナソニックSUNXの観戦記です。
県内では負けない和合病院に対し、久しぶりの全国大会を狙うパナソニックSUNXの対戦。
パナソニックSUNXペースで試合は進みました。

和合病院
000002000|2 H5 E1
01100100X|3 H4 E1
パナソニックSUNX

和合病院
肥田、山口、斉藤−山田
パナSUNX
福野、櫻木−寺崎

投手成績
和合病院
肥田 3回 52球 被安打3 四球1 三振3 失点2
山口 3回 28球 被安打1 死球1 三振2 失点1(自責点0)
斉藤 2回 12球 被安打0 四球0 三振0 失点0

パナSUNX
福野 6回 93球 被安打4 四球1 三振1 失点2
櫻木 3回 34球 被安打1 死球1 三振0 失点0

(出場選手)
和合病院
6柘植 4安井 3前田 7落司 2山田 8小野 9丸山 1肥田→1山口→H(9)→1斉藤 5山本
パナSUNX
8山田 5赤野 2寺崎 6柴山 9川良 7井戸 4隈元 3池本 1福野→1櫻木

(試合経過)
2回裏、2死3塁から7番隈元がタイムリー。パナSUNXが先制。1−0
3回裏、1死1,3塁から3番寺崎の初球スクイズが成功。2−0
6回表、2死1塁から4番落司がレフトスタンドへ2ランホームラン。同点に追いつきます。
6回裏、1死2塁から4番柴山のタイムリー2ベース。パナSUNXが勝ち越し。3−2
パナソニックSUNXが逃げ切り。11年ぶりの天皇賜杯の本戦に出場となりました。

好ゲームでした。
パナソニックSUNXとしては、勝つにはこれしかない、というような内容で、2回裏は2死3塁を作って、ここで一本が欲しいというところで出る。
3回裏は1死1,3塁で初球にスクイズを仕掛けて成功。
6回裏もエラーで出たランナーを初球からエンドランを仕掛けて投ゴロも1死2塁に。こういう積極的な姿勢が柴山選手の勝ち越しタイムリー2ベースを生んだと思います。
終始攻めの姿勢を貫いた。これぞ王者を倒すための攻撃。そして、ピッチャーを代えるタイミングもここしかないという感じ。そういうベンチワークに選手も良く応えました。
和合病院も珍しくほころびが出たんですよね。3回は先頭バッターのピッチャーに四球。6回も先頭バッターにエラー。これを逃さなかったパナSUNXが見事でしたけど、らしくない部分が出てしまったのは負ける試合の典型とも言えます。
山口投手が4回からマウンドに上がり、4回、5回とパーフェクト。流れを作って6回に同点ホームランが出た時は和合病院の流れかと思ったのですが、その直後に勝ち越されたのが痛かった。
和合病院はこの試合で2021年、19試合目の公式戦の試合でした。それを勝ち続けてきたというのもすごいですよね。県内では久々の敗戦とのことですが、これを糧にまた次に臨んでほしい。
8月には国体の東海大会が控えます。そちらで全国を目指してほしい。

パナソニックデバイスSUNXは10月に東京で行われる予定の全国大会に臨みます。愛知西部代表として結果を出してきてほしいですね。

菊水化学工業−和合病院 観戦記(2021年天皇賜杯愛知西部大会)

6月18日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた第2試合、菊水化学工業−和合病院の観戦記です。
天皇賜杯愛知西部大会の準決勝です。

菊水化学工業
0000000|0 H1 E2
0000043|7 H9 E1
和合病院
(7回コールド)

菊水化学工業
小松−小塚
和合病院
中野−山田

投手成績
菊水化学工業
小松 6回2/3 117球 被安打9 四球3 三振4 失点7(自責点5)

和合病院
中野 7回 90球 被安打1 四死球2 三振3 失点0

(出場選手)
菊水化学工業
9冨依 4山中 5村田 3浜田 6江川 2小塚 8戸田 1小松 9池田
和合病院
6柘植 9丸山 3前田 7落司 2山田 8小野 4安井 1中野 5山本

(試合経過)
3回表、死球とエラーで1死1,2塁のチャンスも2番山中、3番村田が倒れ先制ならず。
6回裏、先頭の1番柘植に四球。2番丸山の投ゴロを2塁に送球もやや逸れてセーフに。3番前田の進塁打で1死2,3塁から4番落司、5番山田が連続タイムリー。2死1,2塁から7番安井が2点タイムリー2ベース。和合病院が4点先制。
7回裏、2死満塁から5番山田が2点タイムリー2ベース。6番小野の遊ゴロで1塁送球が逸れ3塁ランナーが生還しコールド成立。
和合病院が決勝進出を果たしました。

5回までは0−0の投手戦。
こういう試合で点が動く際は四球かエラー。これがそのまま出た6回裏の和合病院の攻撃になりました。
また、そういうチャンスの時の和合病院の集中力はすごいですね。絶対にチャンスを逃さない。これが県内で無敗を誇っていた秘訣なんでしょうね。
菊水化学工業は打線が中野投手を捉えられず。唯一3回表に相手がミスをして1死1,2塁とチャンスになったので、ここで何とかしたかった。
小松投手に続く頼れる投手の育成も何とかしたいですね。

SASUKE名古屋ヤング−名古屋コンドルズヤング 観戦記(ヤングリーグ選手権東海地区予選)

6月13日に空見球場で行われたヤングリーグ、SASUKE名古屋ヤング−名古屋コンドルズヤングの観戦記です。
ヤングリーグ選手権の東海支部の愛知予選準決勝。負けると3年生の大会は終了という試合でした。

SASUKEヤング
1002012|6 H10 E2
1000000|1 H3 E0
名古屋コンドルズヤング

SASUKEヤング
久松、上田、花田−近藤
名古屋コンドルズヤング
掛布、瀧野−東山

投手成績
SASUKEヤング
久松 3回 42球 被安打2 四球1 三振1 失点1(自責点0)
上田 1回1/3 18球 被安打1 死球1 三振0 失点0
花田 2回2/3 23球 被安打0 四球0 三振2 失点0

名古屋コンドルズ
掛布 5回 73球 被安打5 四球1 三振3 失点3
瀧野 2回 27球 被安打5 四球0 三振1 失点3

(出場選手)
SASUKEヤング
8高桑 7渡邉 9花木 5田中 6福田→3→6 3竹山→4西川→H南川→3 2近藤 1久松→H安藤→1上田→1花田 6山田隆
名古屋コンドルズ
6有瀧 4川北 7永津 2東山 5近藤 1掛布→1瀧野 8山口 3星野 9加藤海

(試合経過)
1回表、1死3塁から3番花木の遊ゴロの間に1点。SASUKEヤングが先制。
1回裏、無死2塁から2番川北がタイムリー2ベース。1−1
4回表、1死満塁から7番近藤が2点タイムリー。3−1
5回裏、1死1,2塁でピッチャー交代、金田。2塁への牽制で2塁ランナーが挟まれて、2塁ベースに戻った時にアウトに、そして1塁ランナーが2塁から戻ってしまいこちらもアウトに。チャンスを逸します。
6回表、無死1塁から4番田中がタイムリー2ベース。4−1
7回表、無死2,3塁から1番高桑が2点タイムリー2ベース。6−1
SASUKE名古屋ヤングが勝ちました。

序盤3回までは名古屋コンドルズヤングが食らいつき1−1で中盤に入りますが、4回に近藤選手の2点タイムリーで勝ち越して、優位に立ち、リリーフの瀧野投手を攻略して快勝となりました。
ただ、名古屋コンドルズももっと大量失点になりそうなところで好プレーも多く、良く粘ったと思います。
5回裏のプレーはそのまま止まっていれば、アウト一つで2死2塁で継続出来ただけにもったいないプレーでした。そういう判断は中学生では難しいのかな。これも経験ですね。
SASUKEヤングは選手層が厚いな、と思いました。花田投手は力のある球を投げます。
名古屋コンドルズもバッテリー中心に良く守っていました。ノーエラーは立派です。

ピックアップ選手等はこちら

東海大相模−中部大春日丘 観戦記(2021年招待試合)

6月12日に刈谷球場で行われた東海大相模−中部大春日丘の招待試合の観戦記です。
6回裏途中までの観戦記になります。

東海大相模
200100010|4 H11 E1
000101000|2 H5 E1
中部大春日丘

東海大相模
庄司、池本、石川−谷口
中部大春日丘
水野、新宅−早坂

(スタメン)
東海大相模
8門馬 4綛田 9佐藤 3求 5小林 7仙庭 6牧野 2谷口 1庄司
中部大春日丘
5尾 4服部 3篠原 7吉川 8吉村 9岩田 6林 2早坂 1水野

(試合経過)
1回表、1死2,3塁から4番求の2点タイムリー2ベース。東海大相模が先制。2−0
4回表、1死2塁から8番谷口がタイムリー。3−0
4回裏、先頭の尾崎がライトスタンドへソロホームラン。3−1
6回裏、2死2塁から5番吉村がタイムリー3ベース。3−2
ここで球場を後にしました。
試合は東海大相模が勝ちました。

東海大相模は2年生の庄司投手が先発。MAX142kmをマークするなど、力のあるボールが目立ちました。秋からは主力になりそうですね。他にもいい投手は一杯いるんでしょうが・・・。
この試合で4番に入った求選手は3安打とさすがのバッティング。ヒットは全て初球。どんどん振る姿勢は素晴らしい。
中部大春日丘は3点ビハインドで1番の尾崎選手がライトへホームラン。自信になりそうですね。
水野投手はこの日はMAX139km。立ち上がりはバタバタしましたが2回以降は立ち直りました。まだ伸びしろのありそうな好投手ですね。夏大前に見れて良かった。

ピックアップ選手等はこちら

トヨタ車体−豊田鉄工 観戦記(2021年天皇賜杯愛知東部大会)

6月17日に刈谷球場で行われた第2試合、トヨタ車体−豊田鉄工の観戦記です。

トヨタ車体
000000000|0 H4 E1
000000001|1 H9 E0
豊田鉄工

トヨタ車体
野村大−野村謙
豊田鉄工
井上、村松−吉村

投手成績
トヨタ車体
野村大 8回1/3 180球 被安打9 四球6 三振6 失点1
豊田鉄工
井上 4回 52球 被安打2 四球1 三振4 失点0
村松 5回 45球 被安打2 四球1 三振4 失点0

(出場選手)
トヨタ車体
8坂本 5筏 4(4) 9田原→3 7鈴木 3(27)→R杉浦→9 6押川 1野村大 2野村謙
豊田鉄工
7奥村 4村田 8森亮 2吉村 9工藤 3土屋→H森元→3 5堀本 1井上→H小川→1村松 6安食

(試合経過)
9回裏、無死1,3塁から4番吉村の犠牲フライでサヨナラ。豊田鉄工が勝ちました。

豊田鉄工が勝つには勝ちましたが、毎回チャンスを作っては逃す流れで厳しい試合でした。
残塁が8回までに13。トヨタ車体の野村投手が180球投げているので良く分かりますよね。
トヨタ車体の野村大投手が粘りのピッチングで8回まで無失点。ただ、打線は豊田鉄工の井上投手、村松投手から得点を奪えず。8回表に先頭バッターが出たところで盗塁がアウトに。紙一重の判定でこれがセーフになっていたら・・・。
豊田鉄工はこの競り合いを制したことを次の試合に活かしてほしいですね。

豊田自動織機−東郷製作所 観戦記(2021年天皇賜杯愛知東部大会)

6月17日に刈谷球場で行われた第1試合、豊田自動織機−東郷製作所の観戦記です。

豊田自動織機
0000000|0 H0 E2
113201X|8 H11 E1
東郷製作所
(7回コールド)

豊田自動織機
野畑、貞廣−神谷
東郷製作所
久保田−池上、瀬戸

投手成績
豊田自動織機
野畑 2回2/3 39球 被安打7 死球1 三振0 失点5
貞廣 3回1/3 59球 被安打4 四死球3 三振1 失点3

東郷製作所
久保田 7回 74球 被安打0 四球1 三振4 失点0

(出場選手)
豊田自動織機
6中野 4森田 8杉浦 2神谷 9河村 7萬部 5矢野 1野畑→1貞廣 3戸嶋
東郷製作所
8松田 4伊藤→H水谷→R近藤→4 5小代田 3手崎 6野瀬 7岩崎 9石井 1久保田 2池上→2瀬戸

(試合経過)
1回裏、1死1,3塁から4番手崎がタイムリー。東郷製作所が先制。
2回裏、1死3塁から8番久保田がエンドランで叩いて2ゴロで1点。2−0
3回裏、1死3塁から3番小代田がタイムリー。2死2塁から5番野瀬が2ランホームラン。2死3塁でピッチャー交代、(14)。5−0
4回裏、1死1塁から1番松田がタイムリー3ベース。更に1死1,3塁から3番小代田がタイムリー。7−0
6回裏、1死2,3塁から4番手崎の犠牲フライ。8−0
東郷製作所が快勝。久保田投手は7回参考記録ですがノーヒットノーランを達成しました。

東郷製作所が快勝。
初回からタイムリーが出て主導権を握り、毎回点を取って優位に試合を進めました。
1番松田選手が4安打。4度ホームに返ってきたのは1番として素晴らしい活躍ですよね。
久保田投手はストライク先行でどんどん打たせてリズムを作っていきました。
豊田自動織機は6回、7回にランナーは出しましたが2塁に進めず。厳しい内容の試合となりました。

東海大相模−至学館 観戦記(2021年招待試合)

6月12日に刈谷球場で行われた招待試合の第1試合、東海大相模−至学館の観戦記です。

東海大相模
201000020|5 H7 E0
100010000|2 H3 E1
至学館

東海大相模
武井、石田−小島
至学館
山本、片山、竹林、石川、古田−山田聖

投手成績
東海大相模
武井(11) 8回 92球 被安打3 四死球2 三振6 失点2
石田(1) 1回 12球 被安打0 四球0 三振2 失点0

至学館
山本(11) 2回1/3 37球 被安打3 四球0 三振1 失点3(自責点1)
片山(20) 1回2/3 14球 被安打0 四球0 三振1 失点0
竹林(18) 1回 18球 被安打0 四球1 三振0 失点0
石川 (1) 3回 59球 被安打4 四球1 三振2 失点2
古田(10) 1回 7球 被安打0 四球0 三振0 失点0

(出場選手)
東海大相模
7大塚 4綛田 8門馬 5柴田 2小島 9佐藤 7仙庭→H黒澤→7 3小林 1武井→H求→1石田
至学館
8横道 7佐藤 3八神 2山田聖 4安並 9山岡慎 5兜森→R加藤→5→6 1山本→1片山→1竹林→H矢澤→R杉村→1石川→H秋山→1古田 6高柳→H宮田→5牧野

(試合経過)
1回表、2死2,3塁から5番小島の2点タイムリー2ベース。東海大相模が2点先制。
1回裏、1死1,3塁から4番山田聖の犠牲フライ。2−1
3回表、1死1塁でピッチャー交代、片山。1死2塁から2塁ランナーがスタートを切っていて三振振り逃げで大きくそれる間にランナーが生還。3−1
5回裏、1死2塁から代打矢澤のタイムリー3ベース。3−2
8回表、1死2,3塁から5番小島が2点タイムリー。5−2
東海大相模が勝ちました。

春に選抜制覇をした東海大相模ですが、強打で制覇をしたわけではないチーム。
守備がしっかりして足を絡めてミスに付け込む。それが色濃く出た試合になりました。
3盗も積極的に仕掛けますし、8回裏に見せたライトゴロはとにかく鮮やか。
最後は顔見せで石田投手がマウンドへ。MAX136kmでしたが、切れはさすがで2奪三振。
派手さはないがうならされる。そんなチームですね。
至学館は失点にミスが絡み、5回には1死3塁で3塁ランナーがキャッチャーからの送球で刺される痛いプレー。ちょっとらしくない感じがしました。こういう経験は夏の前に出来たのは良かった気がします。
継投でしのぐ中、やはり軸は石川投手、古田投手。ある程度しっかり試合が作れたのは良かったですね。

ピックアップ選手等はこちら

Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
3日
日本選手権東海地区予選
岡崎球場
5日
日本選手権東海地区予選
岡崎球場
6日
日本選手権東海地区予選
岡崎球場
7日〜10日
大学選手権
Recent Comments
  • ライブドアブログ