コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

安城学園−岡崎城西 観戦記(2022年秋季西三河地区1次予選)

8月14日に刈谷球場で行われた第2試合、安城学園−岡崎城西の観戦記です。
負けたら予選敗退が決まる試合。8回裏に球場を離れましたので、そこまでの観戦記になります。

安城学園
311000010|6
30000022X|7 
岡崎城西

安城学園
日比野(1)−畔柳
岡崎城西
永田(11)、齊藤(1)−平野

(出場選手)
安城学園
3高瀬 6増田 5角 9丹羽 7山口 2畔柳 4児島 8岩木 1日比野
岡崎城西
8堀 9藤村 4二村 6杉浦 3今井 2平野 7浅井 1永田→H橋本→1齊藤 5後藤

(試合経過)
1回表、無死2,3塁から3番角の2ゴロの間に1点。4番丹羽のタイムリー。更に1死1,3塁から6番畔柳の犠牲フライ。安城学園が3点先制。
1回裏、無死2,3塁から3番二村の2点タイムリー3ベース。4番杉浦の遊ゴロの間に1点。3−3の同点に。
2回表、1死3塁から9番日比野の遊ゴロの間に1点。安城学園が勝ち越し。4−3
3回表、無死3塁から4番丹羽がタイムリー。5−3
7回裏、2死2,3塁から4番杉浦が2点タイムリー。5−5の同点に。
8回表、2死2塁から8番岩木のタイムリー2ベース。安城学園が勝ち越し。6−5
試合は8回裏に逆転した岡崎城西が競り勝ちました。

短評

8回裏の最初だけいたのですが、エラーのランナーが出たんですよね。やはりエラーのランナーは返ってくるんだな、と帰った後のこととはいえ改めて実感します。
安城学園は序盤かなり押し気味に試合を進めていたのですが、4回以降も毎回ランナーは出すものの得点を奪えず。少しずつ相手に流れがいった試合となりました。
それでも追いつかれた直後に勝ち越した8回表である程度決まったかとも思いましたが。先発全員安打でしたが、押し切れませんでしたね。
岡崎城西は常に追いかける展開が続きましたが、それでも永田投手、齊藤投手が粘っている間に打線が何とか追いついて、最後追い越しました。
上位打線が活発。こういう苦しい試合を取った勢いを今後に活かしたいですね。

ピックアップ選手等はこちら


15日の試合結果

知多地区
知多翔洋10−11半田東(延長10回タイブレーク)
東海樟風4−2東海南
横須賀0−10日福大付
半田農1−11半田商

西三河地区
鶴城丘8X−7岡崎西
知立5−4幸田

東三河地区
新城有教館2−4蒲郡
豊橋商1−5成章
豊川26−0時習館
豊橋東4−5X豊橋南

尾張地区
小牧工科9−5小牧南
一宮興道1−7小牧

名古屋地区
明和9−2南山
桜台2−4名経大高蔵
大同大大同3−5名東
緑丘・山田・東海学園4−14名古屋南
名古屋工3−7名古屋国際
春日井3−5菊里
名古屋大谷2−5松蔭
東郷3−5天白
日進西11−0春日井工科
名古屋4−1瀬戸
名経大市邨2X−1昭和(延長10回タイブレーク)
中村1−11名城大附
瑞陵2−15旭丘
愛知総合工科9−6向陽

秋季愛知県大会出場校(8月15日現在)

秋季愛知県大会出場校(8月14日現在)

推薦
愛工大名電

名古屋地区
栄徳 名市工 菊華 中京大中京 享栄 至学館 中部大第一 東邦 愛知 中部大春日丘 星城 愛産大工 名古屋

大府−半田 観戦記(2022年秋季知多地区1次予選)

8月14日に阿久比球場で行われた第1試合、大府−半田の観戦記です。
大型選手が多い大府がどんな試合をするか、注目して観戦しました。

大府
0001321|7 H11 E0
0000000|0 H4 E3
半田
(7回コールド)

大府
長野(1)−大脇、相川
半田
石原(1)、河村(11)、蜷川(10)−中村

投手成績
大府
長野 7回 93球 被安打4 四球1 三振6 失点0

半田
石原 5回 73球 被安打7 四球0 三振2 失点4(自責点3)
河村 1回 19球 被安打3 四球0 三振1 失点2
皆川 1回 18球 被安打1 四球1 三振0 失点1(自責点0)

(出場選手)
大府
4椙村 5押谷(15)→2相川(12) 6田村 7竹内 3光松 8近藤 2大脇→H岡本(5)→5 1長野 9石田(17)
半田
9千葉 3荒木 2中村(12) 7久村(8)→8 6佐々木 1石原→7 5平野 4浅井 8亀井→H市野(19)→1河村(11)→1蜷川(10)

(試合経過)
4回表、1死3塁から6番近藤のスクイズで1点。大府が先制。
5回表、2死1,2塁から3番田村が2点タイムリー2ベース。4番竹内も連続となるタイムリー2ベース。4−0
6回表、1死2塁から8番長野がタイムリー3ベース。更に2死3塁から1番椙村がタイムリー。6−0
7回表、1死2塁から5番光松のライトフライ。2塁ランナーがタッチアップ。この時に中継が乱れる間に2塁ランナーがホームイン。7−0
7回裏、先頭の佐々木が2ベースを放つも、6番石原の遊ゴロで2塁ランナーが3塁でアウトに。後続も倒れコールド成立。
大府がコールドで勝ちました。

総評

知多地区の強豪対決。大府は2年生に長身の好投手がいる、と聞いていたのですが先発は1年生のエースナンバー、長野投手。
長野投手は球威がまずまずあり、コントロールも良く、気持ちの強い投手。エースを託されたのもわかる好投手でした。
大府は4月に監督が代わってやはり野球が変わってきているな、と実感。大型選手が多い印象ですが、小技もきっちりと決めますし、足も絡める。県大会でも力を発揮できそうな気がします。
半田は夏に3年生が中心で、1,2年生でベンチに入っていたのは2人(佐々木、石原)だけ。でも序盤は大府と互角に戦い、やはりレベルの高いチームだな、と感じました。
石原投手は1年生左腕。コントロールが良く安定した投手ですね。球威が上がってくれば勝てる投手になりそうです。

ピックアップ選手等はこちら

横須賀−日福大付 観戦記(2022年秋季知多地区1次予選)

8月15日に半田北部Gで行われた第1試合、横須賀−日福大付の観戦記です。
新チームは初めて見るチーム同士。どんな選手がいるか注目して観戦しました。

横須賀
00000|0 H3 E1
1441X|10 H11 E0
日福大付
(5回コールド)

横須賀
尾崎(1)、荒川(10)−濱田
日福大付
間瀬(1)−清田

投手成績
横須賀
尾崎 2回2/3 71球 被安打9 四死球5 三振1 失点9(自責点8)
荒川 1回1/3 31球 被安打2 四死球3 三振0 失点1

日福大付
間瀬 5回 51球 被安打3 四球1 三振2 失点0

(出場選手)
横須賀
4川瀬 8加藤 3塚野 7皆川 9成田 2濱田 6竹内 1尾崎→1荒川(10) 5山田
日福大付
3吉川 4友利 6杉浦 8伊藤 5小椋 1間瀬 7浅野 2清田 9小島

(試合経過)
1回裏、1死1,3塁から5番小椋のタイムリー。日福大付が先制。1−0
2回裏、1死1,2塁から1番吉川がタイムリー。更に1死2,3塁から2番友利がタイムリー。2死2,3塁からワイルドピッチで1点。2死3塁から4番伊藤のタイムリー内野安打。この回4点。5−0
3回裏、2死満塁から2番友利が2点タイムリー。この時にバッターランナーが挟まれる間に1塁ランナーも生還。2死1,3塁から4番伊藤がタイムリー。ここでピッチャー交代、荒川。9−0
4回裏、2死2塁から1番吉川がタイムリー2ベース。10−0
日福大付が5回コールドで勝ちました。

総評

日福大付が快勝。
日福大付は強振というよりはしっかりとコンタクトして野手の間を抜くという打撃で、そこに次の塁を狙っていく姿勢が光る攻撃でした。
ピッチャーの間瀬投手は前のチームからのエースで、MAX133劼鬟沺璽。ストライク先行でどんどん打たせて取っていきました。
経験者も多いし新チームは期待できそうですね。
横須賀は逆に、夏までは3年生が中心のチームということで、まだまだこれからという感じ。ピッチャーが四死球から崩れてしまったので、ここを改善していきたいですね。
攻撃では走塁死が2つ。このあたりは経験しながら、攻める形を作っていってほしいですね。

14日の試合結果

14日の試合結果
東三河地区
福江5−7豊橋中央
桜丘11−0豊橋工科
三谷水産1−15渥美農
蒲郡東1−9豊橋西
豊川工科2−3成章
新城有教館0−13豊橋商
豊橋東0−10豊川
小坂井2−4時習館

知多地区
☆半田0−7大府
大府東・半田工科12−1常滑
内海・武豊9−8阿久比

西三河地区
刈谷北3−4岡崎北
☆安城学園6−7岡崎城西
豊田高専3−12三好
豊田西10−0高浜
豊田南10−2岡崎東
人環大岡崎4−3科技高豊田

尾張地区
犬山1−8西春
愛西工科3−8清林館
大成19−4犬山南・津島北
一宮商6−7杏和
一宮南6−5津島
美和6−5一宮西
誠信9−2江南
一宮工科12−5一宮起工科

名古屋地区
豊明3−4南山
栄徳8−1明和
大同大大同5−0愛知商
名市工11−3名東
名市工芸2−8桜台
菊華4−3名経大高蔵
千種0−3名古屋工
中京大中京7−0名古屋国際
緑丘・山田・東海学園12−4春日井西・鳴海・春日井商・瀬戸工科
享栄21−2名古屋南
富田4−7名古屋大谷
至学館11−0松蔭
中部大第一8−1菊里
東郷7−2東海
東邦7−0天白
中村7−2長久手
名城大附2−5愛知
名経大市邨7−0旭野
中部大春日丘10−1昭和
愛知総合工科8−4惟信
星城12−2向陽
瑞陵11−4名古屋工科
愛産大工10−0旭丘



劇場版『Gのレコンギスタ V』「死線を越えて」を観てきました。

Gレコ5
劇場版『Gのレコンギスタ V』「死線を越えて」を観てきました。

(あらすじ)
海賊船メガファウナに乗り、ジット団を追うベルリ・ゼナムたち。その間に、キャピタル・アーミィ、アメリア軍、ドレット艦隊がカシーバ・ミコシの付近で激しい戦闘を繰り返したことで、地球圏の戦況は一変してしまっていた。戦争が生む悲劇や憎悪を失くそうとするベルリだが、キャピタル・アーミィとジット団の共闘、アメリア軍とドレット艦隊の連帯によって、宇宙戦艦をも撃沈する破壊力を誇るモビルスーツ群が次々と戦場に投入され、やがて戦いの場所は大気圏内に移っていく。

うん、かなり分かりやすくはなった。
TVシリーズではだれがだれとなんで戦っているのか、自分の頭では最後までさっぱり分からなかったのですが、そこはかなり分かりやすくなったと思います。そして、やっぱり富野御大のMS戦とかは面白いんですよね。
それでもなかなか最後まで理解とまではいかず。
自分の頭の悪さを実感してしまいました^^;

☆は4つで。

13日試合結果

知多地区
東海南10−11X半田東(延長10回タイブレーク)
東海樟風3−4X知多翔洋
半田農2−12横須賀
半田商6−16日福大付

西三河地区
碧南1−3人環大岡崎
知立東10−12岡崎
杜若6−7X刈谷
吉良1−5岡崎商
安城南4−2豊田北
碧南工科4−6豊田工科

尾張地区
愛知黎明4−1滝
新川8−11五条
誉2−3尾北
一宮14−0修文学院
丹羽0−15愛知啓成

津島−一宮西 観戦記(2022年秋季尾張地区1次予選)

8月12日に津島球場で行われた第1試合、津島−一宮西の観戦記です。
勝てば2次T進出が決まる試合でした。

津島
00213303|12 H18 E6
20010010|4 H5 E6
一宮西
(8回コールド)

津島
村田、中野、近藤璃−横井
一宮西
片岡、吉田−吉田、旭

投手成績
津島
村田 3回2/3 58球 被安打2 四球1 三振1 失点3(自責点2)
中野 3回1/3 45球 被安打3 四球1 三振2 失点1(自責点0)
近藤璃雲 1回 11球 被安打0 四球0 三振1 失点0

一宮西
片岡 7回 127球 被安打15 四球1 三振0 失点9(自責点6)
吉田 1回 28球 被安打3 四球1 三振0 失点3(自責点2)

(出場選手)
津島
7山崎→8 4橋本 8近藤璃→1 9伊藤颯 2横井 5島村 3工藤 6長瀬 1村田(11)→1中野(10)→7
一宮西
5安西 7大谷 2吉田→1 8松井 1片岡→9 4住田 9旭(10)→2 3八木 6中埜

(試合経過)
1回裏、1死1,2塁から4番松井の投ゴロで2塁送球が逸れタイムリーエラー。1死1,3塁から5番片岡のスクイズが成功。一宮西が2点を先制。
3回表、1死満塁から6番島村の犠牲フライ。7番工藤の2塁後方に落ちるタイムリー。2−2の同点に。
4回表、1死3塁から2番橋本のスクイズ成功。津島が勝ち越し。3−2
4回裏、2死2,3塁から9番中埜の遊ゴロをエラー。3塁ランナーが生還。ここでピッチャー交代、中野。3−3の同点に。
5回表、無死1,3塁から6番島村の3塁後方の難しいファールフライを好捕するも3塁ランナーがタッチアップして生還。1死2塁から7番工藤がタイムリー2ベース。2死3塁からタイムリーエラー。津島が3点勝ち越し。6−3
6回表、無死1塁から4番伊藤颯がタイムリー2ベース。無死1,3塁から6番島村の3ゴロをもたつく間に1点。2死2,3塁からワイルドピッチで1点。9−3
7回裏、2死1,3塁から5番片岡の遊ゴロをタイムリーエラー。9−4
8回表、1死2塁から7番工藤がタイムリー2ベース。更にタイムリーエラー。2死2塁から1番山崎がタイムリー2ベース。12−4
津島が8回コールドで勝ちました。

総評

新チーム同士の1戦。一宮西はこれが最初の公式戦。それを考慮してもお互いにエラー6つずつというのはちょっと厳しい内容。
そんな中では津島高校の積極的なバッティングというのは光りました。4回以降は特に初球からどんどん打っていく形で得点を奪い、コールドまで持っていけたのは収穫。あと、エースを温存できたのも良かったですよね。
ピッチャー以外にヒットが出たし、2次Tにつながりそうですね。
一宮西は4回裏にもらったチャンスで同点に追いつき尚も2死満塁となるも同点止まり。ここで勝ち越したかったですね。
何にしても片岡投手は打たせて取る投手。やはりバックがしっかりと支えないと厳しい。吉田投手はMAX120劼魑録。まずまず力がありました。

ピックアップ選手等はこちら


12日の試合結果

名古屋地区
南陽1−11豊明
栄徳12−1南山
高蔵寺0−8大同大大同
愛知商3−6名市工
瀬戸北総合1−11名市工芸
菊華5−4桜台
千種1−10名古屋国際
中京大中京10−0名古屋工
富田3−10松蔭
至学館10−1名古屋大谷
菊里13−11春日井
東郷3−4X天白(延長10回タイブレーク)
東邦20−0東海
瀬戸6−5春日井工科
名古屋7−1日進西
愛知13−1中村
名城大附2X−1長久手
名経大市邨5−6昭和
中部大春日丘14−4旭野
向陽7−0愛知総合工科
星城13−0惟信
旭丘13X−12瑞陵(延長13回タイブレーク)
愛産大工10−0名古屋工科

東三河地区
桜丘7−0国府
豊橋工科0−7豊橋中央
蒲郡東0−7豊丘
豊橋西6−8渥美農

知多地区
常滑2−5東浦
大府9−0内海・武豊
半田15−5阿久比

西三河地区
豊田大谷12−0岩津・一色
三好1−3西尾
刈谷工科10−4岡崎城西
知立東9−1加茂丘・衣台・松平・御津
岡崎北11−2安城農林
豊野0−29西尾東

尾張地区
大成10−0杏和
岩倉総合5−16一宮商
津島12−4一宮西
美和12−1稲沢・稲沢東
江南9−8一宮起工科
一宮工科20−0木曽川


Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
15日
知多地区予選
半田北部G
19日
名大・静岡大・滋賀大定期戦
パロマ瑞穂球場
Recent Comments
  • ライブドアブログ