コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

矢場とんブースターズ−Jグループ 観戦記(2020年都市対抗1次愛知予選)

8月15日にJR東海Gで行われた矢場とんブースターズ−Jグループの観戦記です。
クラブチームの中では力のある両チームの対戦。好ゲームとなりました。

矢場とん
020000000|2 H7 E2
00300110X|5 H9 E1
Jグループ

矢場とん
原井、大浦、西浦、岩本−名越、吉中
Jグループ
国廣−松本

投手成績
原井 4回 67球 被安打5 四球2 三振6 失点3
大浦 2回 21球 被安打2 四球0 三振1 失点1
西浦 1回 15球 被安打2 四球0 三振1 失点0
岩本 1回 20球 被安打0 四球1 三振1 失点0
Jグループ
国廣 9回 110球 被安打7 死球4 三振3 失点2

(出場選手)
矢場とん
4西→4松原 8藤井 7花田 D西村→H勝嵜 5山本 6鳥居→H伊塚 3山岡 9福尾 2名越→H菊地→2吉中→H中山
Jグループ
6橋本 7エドポロ 5田村 D高木 8有野 9鈴木 3鎌田 2松本 4岡本

(試合経過)
2回表、1死2,3塁から7番山岡のタイムリーとエラーが重なり矢場とんが2点先制。
3回裏、1死3塁から1番橋本がタイムリー。更に2死満塁から5番有野が2点タイムリー。Jグループが逆転、3−2。
6回裏、1死1,3塁から1番橋本の犠牲フライ。4−2
7回表、2死2塁から5番有野のタイムリー3ベース。5−2

Jグループが勝ちました。

愛知ベースボール倶楽部−Central Arch(セントラルアーチ) 観戦記(2020年都市対抗1次愛知予選)

8月15日にJR東海Gで行われた愛知ベースボール倶楽部−セントラルアーチの観戦記です。
この試合は1回戦。朝から暑い中試合が行われました。

愛知ベースボール倶楽部
100110031|7 H12 E0
102000100|4 H11 E3
セントラルアーチ

愛知ベースボール倶楽部
勝股、津田、平野−安藤
セントラルアーチ
小俣、古田−藤原

投手成績
愛知ベースボール倶楽部
勝股 2回1/3 51球 被安打4 四球4 三振2 失点3
津田 3回2/3 52球 被安打2 四球2 三振2 失点0
平野 3回 41球 被安打5 四球0 三振1 失点1
セントラルアーチ
小俣 5回 85球 被安打5 四球2 三振5 失点3(自責点2)
古田 4回 63球 被安打7 四球3 三振0 失点4(自責点3)

(出場選手)
愛知ベースボール倶楽部
6川合 7前田 2安藤 5豊島 D関 3小林 9石牧 8南→伊藤 4小田中→8柴田
セントラルアーチ
6森 9加藤 8三根 4岩井 7竹内→1古田 3高木 2藤原 D成瀬→7 5柳ケ瀬

(試合経過)
1回表、1番川合、2番前田の連続2ベースで愛知ベースボール倶楽部が先制。
1回裏、1死1,3塁から4番岩井のタイムリー2ベース。1−1
3回裏、1死1,2塁から6番高木の2点タイムリー3ベース。セントラルアーチが勝ち越し。3−1
4回表、無死1塁から6番小林の犠打の際に3塁が空いてしまい、カバーに走る選手に投げた球が逸れてエラーとなりランナー生還。3−2
5回表、2死1,3塁から4番豊嶋のタイムリー2ベース。3−3
7回裏、2死1,2塁から7番藤原のタイムリー。セントラルアーチが勝ち越し。4−3
8回表、1死1,2塁から8番伊藤の2点タイムリー3ベースで逆転。更に2死3塁からタイムリーエラー。6−4
9回表、2死1,3塁から8番伊藤のタイムリー。7−4

愛知ベースボール倶楽部が勝ちました。

2020年8月写真アルバムリンク

8月1日 三重県知事杯 皇學館大−三重高虎B・C

8月1日 三重県知事杯 三重大−ホンダ鈴鹿

8月2日 三重県知事杯 ホンダ鈴鹿−皇學館大

8月2日 三重県知事杯 四日市大−永和商事ウイング

8月2日 三重県知事杯 永和商事ウイング−ホンダ鈴鹿

8月3日 OP戦 日本新薬−西濃運輸


8月4日 OP戦 愛知学院大−西濃運輸

8月6日 OP戦 ジェイグループ−ジェイプロジェクト

8月8日 OP戦 ジェイプロジェクト−中部大

8月10日 OP戦 山岸ロジスターズ−愛知学院大

8月11日 OP戦 中京大−JR東海

8月13日 OP戦 東海学園大−中部大

8月14日 OP戦 星城大−四日市大

8月15日 都市対抗1次愛知予選 愛知ベースボール倶楽部−セントラルアーチ

8月15日 都市対抗1次愛知予選 矢場とんブースターズ−Jグループ

15日試合結果

15日試合結果
◇知多地区
東浦23−0半田商
半田東4−7常滑
東海南6−12横須賀
大府東・阿久比8−9知多翔洋

◇西三河地区
豊田西5−2安城学園
安城10−0豊田南
刈谷工2−8三好
愛産大三河17−6碧南

西三河の勝った4校は県大会進出決定。

14日試合結果

◇尾張地区
愛知黎明8−1清林館
西春12−0一宮西
誠信9−0五条
津島東10−0犬山南・尾西
大成12−0犬山
木曽川1−8丹羽
小牧工2−9杏和
小牧南9−10一宮商

◇名古屋地区
菊華5−9旭丘
豊明16−14東海(延長11回タイブレーク)
明和7−4千種
春日井0−10大同大大同
日進西3−4同朋(延長10回タイブレーク)
瀬戸12−5南山
東郷13−1緑丘・菊里
☆松蔭0−8長久手
愛知13−3富田
日進・守山・春日井商15−7名古屋南
天白2−5向陽
高蔵寺7−5瀬戸窯業
瑞陵5−12愛知総合工科
☆愛知商2−11名市工

◇東三河地区
豊川3−2成章
豊橋中央13−7国府
渥美農10−0豊丘
桜丘10−3豊橋東

◇西三河地区
岡崎商0−10岡崎学園
安城南9−7岡崎
豊田北12−2岡崎北
西尾東5−6X西尾(延長10回タイブレーク)

星城大−四日市大 OP戦 感想(8月14日)

8月14日に四日市霞ケ浦第一球場で行われた星城大−四日市大の感想です。

星城大
000000010|1 H1 E2
00010047X|12 H12 E2
四日市大

星城大
奥田(3)、浅井(2)、竹内(2)、笠川(1)−山本、山田
四日市大
角井(7)、飯田(1)、吉村(1)−伊藤
※()はイニング数

(試合経過)
4回裏、1死2塁から6番加藤がタイムリー。四日市大が先制。
7回裏、1死満塁から9番堰口が2点タイムリー。1番西野がタイムリー。2番村川がタイムリー2ベース。5−0
8回表、1死1塁から代打望月の3塁線のゴロを逸らし、レフトももたつく間にランナーが生還。5−1
8回裏、1死3塁から7番萱野がタイムリー。更に1死満塁から代打別所が2点タイムリー。1死1,3塁から1ゴロ野選で1点。更に3番川合の犠牲フライ。2死3塁からタイムリーエラー。2死1,2塁から6番加藤がタイムリー。この回7点。12−1
四日市大が大勝しました。

ピックアップ選手等はこちら

13日の試合結果

◇尾張地区
小牧5−9美和
尾北4−7一宮工
一宮13−14滝(延長10回タイブレーク)
江南10−6佐織工
誉10−0新川
一宮南11−22一宮興道(延長12回タイブレーク)
愛知啓成12−2津島
津島北7−0稲沢・稲沢東

◇名古屋地区
春日井西5−9東海
栄徳8−0豊明
旭丘7−3東海学園
名古屋国際6−2菊華
旭野3−4春日井
享栄10−0大同大大同
南陽0−10千種
明和2−10名経大市邨
南山8−2春日井工
星城15−5瀬戸
同朋5−3名古屋工
東邦17−2日進西
名南工3−7松蔭
名城大附4−3長久手(延長10回タイブレーク)
緑丘・菊里5−0名経大高蔵
愛工大名電10−0東郷
日進・守山・春商4−2中村
中部大春日丘16−2名古屋南
富田8−7昭和
中京大中京9−1愛知
高蔵寺7−2名市工芸
瀬戸窯業0−8桜台
向陽14−2鳴海
至学館10−0天白
名市工10−1名東
愛産大工5−3愛知商
愛知総合工科8−3名古屋大谷
中部大第一8−1瑞陵

◇東三河地区
☆時習館2−12成章
国府6−3新城有教館
豊丘6−4豊橋商
豊橋東4−3豊橋西(延長10回)

◇西三河地区
安城2X−1加茂丘・衣台・猿投農林
刈谷工8−2豊野
愛産大三河22−0安城農林
三好12−8豊田工
刈谷2−3杜若

◇知多地区
半田工14−6常滑
半田農2−14半田商
日福大付6−2東浦
半田東8−2内海・武豊
大府11−1知多翔洋
半田11−8東海南
横須賀8−3東海商

東海学園大−中部大 OP戦 感想(8月13日)

8月13日に中部大Gで行われた東海学園大−中部大のOP戦の感想です。
基本的にはB戦とのことですがAで出ている選手も結構出場していました。

東海学園大
000001101|3 H6 E1
38000201X|14 H15 E0
中部大

東海学園大
稲葉、浦野、中野、南出−塩坪
中部大
駒田、大塚、茶谷、平田−城野、宇納、五十嵐
※()はイニング数

(試合経過)
1回裏、2死満塁から6番栗田が押し出し四球。7番城野の1ゴロタイムリーエラーで2者生還。中部大が3点先制。
2回裏、2死満塁から連続ワイルドピッチで2点。更に2死1,3塁から6番栗田の3ランホームラン。更に2死3塁から8番藤澤のタイムリー。2死1,2塁から1番大西、2番田中の連続タイムリー。11−0
6回表、2死から1番朝倉がソロホームラン。11−1
6回裏、1死2,3塁から2番梨本の2点タイムリー。13−1
7回表、先頭の4番高辻がソロホームラン。13−2
8回裏、2死2塁から5番平尾のタイムリー。14−2
9回表、先頭の2番水野、3番塩坪の連続2ベースで1点。14−3
中部大が勝ちました。

ピックアップ選手等はこちら

12日の試合結果

12日の試合結果
◇知多地区
内海・武豊1−11日福大付
東海商1−8知多翔洋
大府東・阿久比5−19半田

◇尾張地区
☆一宮西0−6清林館
☆西春3−4愛知黎明
五条9−8犬山南・尾西(延長10回タイブレーク)
岩倉総合1−11津島東
大成7−1丹羽
木曽川11−4一宮北・海翔
杏和12−2一宮商
小牧南12−6起工

五条が2次進出決定。健闘が光りますね。
愛知黎明が西春に辛勝。

◇西三河地区
岡崎西4−10西尾
岡崎工6−9豊田西
豊田南7−4安城東(延長12回)
知立13−14X安城学園
刈谷北3−6豊田大谷
吉良1−2岡崎城西
科技高豊田0−10知立東
碧南5−4豊田

岡崎工が初戦敗退。
豊田高校も好投手の小川投手がいましたが、初戦で敗れています。

中京大中京、無敗で完結

智弁学園
0003000000|3
3000000001|4
中京大中京
(延長10回タイブレーク)

最後はタイブレークで無死満塁となり、セカンド後方のフライがインフィールドフライとなり、落球。3塁ランナーがスタートを切ってホームセーフとなりサヨナラという珍しいプレーとなりました。

インフィールドフライは打者はアウトになるもボールインプレー。落球した場合は3塁ランナーはリタッチなしで進塁は可能。今回の場合もホームはタッチプレーとなる。3塁ランナーの好走塁でした。

高橋宏斗投手はMAX153km。三振11個奪いました。四死球5個と本来の出来では無かったように思いますが、それでも力を示した投球。大学行く必要ないと思うけどなぁ・・・。

松島投手の甲子園でのピッチングも見たかった。大学で更なる飛躍を期待ですね。

打線は智弁学園の2年生左腕の西村投手に4回以降抑え込まれました。素晴らしいピッチャーですね。
ただ中京大中京打線もそんなに迫力なかったのは事実。愛知大会でもそんなに打ててなかったですし。

何にしても目標としていた無敗で終える、というのを達成したのはお見事でした。選手のみなさん、関係者のみなさん、お疲れ様でした。おめでとうございます。
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
 
Recent Comments
  • ライブドアブログ