コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

中京大−日本福祉大(準硬式)観戦記(2021年東海地区準硬式秋季リーグ戦)

10月15日にパロマ瑞穂球場で行われた準硬式のリーグ戦、中京大−日福大の観戦記です。

中京大
000101100|3 H12 E1
010020000|3 H6 E0
日福大
(9回時間切れサスペンデッド)

中京大
伊藤(18)、小久保(20)、西村(11)、夏目(1)、道崎(16)−飯島
日福大
佐藤(19)、谷輪(41)、山本(9)、大浦(40)−木戸

投手成績
中京大
伊藤 4回1/3 85球 被安打4 四死球3 三振5 失点3(自責点2)
小久保 1回2/3 29球 被安打0 四球1 三振2 失点0
西村 1回 14球 被安打1 四球1 三振0 失点0
夏目 1回 13球 被安打1 四球0 三振1 失点0
道崎 1回 10球 被安打0 四球0 三振1 失点0

日福大
佐藤 4回 62球 被安打4 四球2 三振3 失点1
谷輪 1回2/3 28球 被安打4 四球1 三振0 失点1
山本 1回 25球 被安打1 四球2 三振0 失点1
大浦 2回1/3 44球 被安打3 四球1 三振1 失点0

(出場選手)
中京大
8奥田(33) 7石川(25) 3赤峯(3) 2飯島(22) D森雄(13)→R川崎(9) 6白井(6)→5 9山本悠(24)→H水野(37)→9 4森隆(2)→4向井(43) 5橋詰(5)→6中根(10)
日福大
7藤田(23) 9板橋(46)→9福林(11) 8山崎(1) D森(49)→H大田(25) 5川口(48)→6 2木戸(2) 3平山(33) 6中野(4)→5吉永(5) 4高橋(10)→H山本隆(22)→4→4竹元(6)

(試合経過)
2回裏、1死3塁から8番中野が遊ゴロの間に1点。日福大が先制。1−0
4回表、1死3塁からワイルドピッチでランナー生還。1−1の同点に。
5回裏、1死満塁から2番福林が押し出し四球。3番山崎がタイムリー。ここでピッチャー交代、小久保。ここは小久保が踏ん張りピンチを食い止める。3−1
6回表、1死から5番森がソロホームラン。更に2死1,2塁でピッチャー交代、山本。3−2
7回表、1死2塁から3番赤峯のタイムリー。3−3。2死1,2塁でピッチャー交代、大浦。6番白井がレフトへヒットを放つも2塁ランナーがホームを突くもタッチアウトに。3−3
9回終了で同点に。時間切れということで引き分けに。

総評

首位を走る中京大でしたが試合は追いかける展開。
毎回のようにヒットが出た中京大でしたが、なかなか得点が奪えないジリジリした展開。それでも7回に追いついて9回終了まで同点で終えたのはさすがです。
8番の森選手は背番号の書き間違えで反則となる珍しいケースでヒットを取り消されて交代せざる負えないという出来事もありました。
投手陣のレベルも高いですね。道崎投手はかなり球が速く、球速図ってみたら138劼箸なり速かったです。
日福大は先手を取りながら、踏ん張り切れず。それでも投手陣はそれぞれヒットを多く浴びながら何とか粘りました。
今季2部から昇格したチームですが、ここまで4勝。健闘ですよね。
5回にもう1,2点取れていたら・・・。
サスペンデッドとなっているので、再試合なのか継続試合なのかわかりませんが、首位を苦しめてほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら

時習館−科技高豊田 観戦記(2021年秋季全三河大会)

10月16日に蒲郡球場で行われた第2試合、時習館−科技高豊田の観戦記です。
好投手の投げ合いとなりました。

時習館
000000000|0 H5 E3
10000000X|1 H5 E1
科技高豊田

時習館
安田(1)−持田
科技高豊田
杉本(1)−若林

投手成績
時習館
安田 8回 134球 被安打5 四球1 三振6 失点1

科技高豊田
杉本 9回 106球 被安打5 四死球3 三振2 失点0

(出場選手)
時習館
5謀 9中根 6片桐 8木戸脇 3伊藤耕(10) 2持田 7山田 1安田 4塗師
科技高豊田
6淺井 8神谷 3今野 2若林 7小田 4山内 5可児(10)→5武田(5) 9水野→9西村(16) 1杉本

(試合経過)
1回裏、1死1,3塁から4番若林のタイムリー。科技高豊田が先制。
7回裏、1死満塁から8番西村のところでスリーバントスクイズを仕掛けるもピッチャーがうまく外してバントを空振り(三振)。3塁ランナーも挟まれてタッチアウトになり三振ゲッツー。
8回表、1死3塁のチャンス。2番中根はセーフティスクイズを仕掛けるも投手正面で3塁ランナーはスタート切れず。そして1塁送球の時にスタートを切ってホームを狙うもホームタッチアウトに。同点ならず。
8回裏、1死3塁のチャンスも2番神谷、3番今野が倒れ追加点ならず。
9回表、2死1,2塁のチャンスを作るも7番山田が遊ゴロに倒れ試合終了。
科技高豊田が1点を守り切りました。

総評

時習館の安田投手、科技高豊田の杉本投手。両投手とも130劼鯆兇┐覽紊鯏蠅欧觜ヅ蠎蠅如⊆虍も固い。力も似たようなチーム同士で好ゲームに。
終盤はお互いにチャンスを作ってのしのぎ合いでしたが、7回裏、8回表のスクイズをめぐる攻防も見ごたえがありました。
時習館は夏の時点で3年生が3人しかいなくて、新チームはやはり力がある感じでした。一冬越してのチームもまた見たい好チームでした。
科技高豊田はキャッチャーが1年生4番の若林選手。先制タイムリーも見事でしたが、投手、内野への声掛けなどが見事で、勝てるキャッチャーという雰囲気を持っています。
守備もショートの淺井選手を中心にかなり固く、元トヨタの二葉監督がかなり鍛えているな、と感じるチームでした。この先も楽しみですね。

岡崎東−豊橋西 観戦記(2021年秋季全三河大会)

10月16日に蒲郡球場で行われた第1試合、岡崎東−豊橋西の観戦記です。
全三河大会の1回戦です。

岡崎東
301010010|6 H13 E1
21000050X|8 H12 E0
豊橋西

岡崎東
杉浦(1)、太田(11)−宮瀬、平野
豊橋西
夏目(1)、星川(3)−石本

投手成績
岡崎東
杉浦 6回2/3 125球 被安打11 四死球9 三振5 失点8
太田 1回1/3 22球 被安打1 四球0 三振0 失点0

豊橋西
夏目 2回 37球 被安打5 四球2 三振1 失点3
星川 7回 119球 被安打8 四球5 三振3 失点3

(出場選手)
岡崎東
8野村 9牧野 6加藤 3田中 4中村 5泉 7木村 1杉浦→1太田(11) 2宮瀬(12)→H坂本(18)→R美齊津(20)→2平野(13)
豊橋西
4冨田 5河合(7) 6伊藤 3星川→1 1夏目→9 7鈴木(16)→3鈴田(10) 2石本 9内藤→7 8岡本→H山口(5)→8足木(18)

(試合経過)
1回表、無死1塁から2番牧野がタイムリー3ベース。3番加藤がタイムリー2ベース。1死3塁から5番中村のタイムリー。岡崎東が3点先制。
1回裏、1死満塁から5番夏目の1ゴロの間に1点。更に2死満塁から7番石本に押し出し死球。3−2
2回裏、1死満塁から4番星川が押し出し四球。3−3
3回表、2死3塁から5番中村がタイムリー3ベース。岡崎東が勝ち越し。4−3
5回表、1死3塁からワイルドピッチで1点。5−3
7回裏、2死満塁から1番冨田がタイムリー。2番河合が2点タイムリーで逆転。更に2死満塁から4番星川が2点タイムリー。ここでピッチャー交代、太田。この回5点。8−5
8回表、1死満塁から1番野村の2ゴロ併殺崩れの間に1点。8−6
豊橋西が逆転勝利を収めました。

総評

公立同士の一戦。
試合は岡崎東が押し気味に進め、7回表まではリード。そのまま行くかと思いましたが、7回2死から四死球で満塁に。ここから上位打線が集中打で逆転をした豊橋西がお見事でした。
豊橋西は長打がなく、ヒットはすべて単打。ただ、序盤から粘りを見せて球数を多く投げさせたのが逆転劇につながったかな、と感じました。
岡崎東の杉浦投手はまっすぐに力があって、120匕緘召鬟沺璽する好投手。立ち上がりはコントロールにも苦しみましたが、中盤以降は良くなっていただけに、何とか踏ん張りたかったですね。
打線も長打が出て、上位打線はかなり力がありました。
県大会に進んだのも納得するチームでしたね。

名城大−名古屋商科大(準硬式)観戦記(2021年東海地区準硬式秋季リーグ戦)

10月15日にパロマ瑞穂球場で行われた準硬式のリーグ戦、名城大−名商大の観戦記です。

名城大
230010010|7 H7 E1
100010110|4 H8 E4
名商大

名城大
深田(17)、成瀬(18)、市橋(21)、岡野(19)、八坂(16)−加古、柴田
名商大
玉木(17)、宮下(42)、吉田(39)、加藤涼(16)、池田(11)、松下(18)−滝本、稲留

投手成績
名城大
深田 6回 80球 被安打5 四球2 三振3 失点2
成瀬 1回 23球 被安打2 四球0 三振0 失点1(自責点0)
市橋 0/3 8球 被安打0 四球2 三振0 失点1
岡野 2/3 3球 被安打0 四球0 三振0 失点0
八坂 1回1/3 18球 被安打1 四球0 三振2 失点0

名商大
玉木 2回 42球 被安打5 四球1 三振0 失点5
宮下 2回1/3 49球 被安打0 四球3 三振3 失点1
吉田 1回1/3 20球 被安打0 四球2 三振0 失点0
加藤涼 1/3 21球 被安打0 四球1 三振1 失点0
池田 1回 7球 被安打0 死球1 三振0 失点0
松下 2回 36球 被安打2 四球1 三振1 失点1(自責点0)

(出場選手)
名城大
7諌山(24) 6山田(8) 4岩田(1) 9小塚(5) 8井上(10) 3山口(13)→H永井(39)→3 2加古(12)→2柴田(22) D山形(6) 5玉置(33)→H小島(2)→5稲垣(35)→5堀川(23)
名商大
8冨田(15) 9小平(6)→H深見(3)→9 5堀(2) 3稲留(10)→2 7高山(50)→R久田(23)→7 4岡本(12)→3 D西(25) 2滝本(1)→R香村(4)→4 6桑鶴(8)

(試合経過)
1回表、1死2,3塁から4番小塚のタイムリー内野安打。5番井上の遊ゴロゲッツー崩れの間に1点。名城大が2点先制。
1回裏、1死2,3塁から4番稲留の2ゴロの間に1点。2−1
2回表、1死2,3塁から1番諌山がタイムリー。2死2,3塁から3番岩田の2点タイムリー。5−1
5回表、1死3塁から6番山口の3ゴロエラーの間に1点。1死1,2塁でピッチャー交代、吉田。6−1
5回裏、2死2塁から代打深見のタイムリー2ベース。6−2
6回表、2死1,2塁でピッチャー交代、加藤涼。
7回裏、1死満塁から3番堀の3ゴロの間に1点。6−3
8回表、無死3塁から3番岩田がタイムリー。7−3
8回裏、無死1,2塁でピッチャー交代、岡野。2死3塁でピッチャー交代、八坂。2死3塁から8番香村のラッキーなタイムリー2ベース。
名城大が逃げ切りました。

総評

お互いに毎回のようにランナーを出す試合。
試合としては2回までに5点を取った名城大がものをいった試合でした。
名城大は首位争いをしていて、この勝利で2位をキープ。優勝に望みをつなぎました。
終盤バタバタしましたが、先発の深田投手が試合を作り、最後八坂投手が締めました。
ただ、リードしながらコールドまで持っていけないところはちょっと反省でしょうか。残り1試合勝って可能性を残したいですね。
名商大は現在最下位。やはりミスが多くでて、流れに乗れない試合となりました。
四死球、エラーはやはり失点につながります。そこは改善していきたいですね。

ピックアップ選手等はこちら

2021年の7〜9月ドラマ完結

ちょっと遅くなりましたが、7〜9月期のドラマの振り返り

シェフは名探偵
来世ではちゃんとします2
ひねくれ女のボッチ飯
#家族募集します
孤独のグルメSeason9
サ道2021
超速パラヒーロー ガンディーン
ひきこもり先生

完走したのは以上。

今回上位作は
「シェフは名探偵」
「#家族募集します」
「ひねくれ女のボッチ飯」

かな。

No.1は「シェフは名探偵」にします。

ほぼ1シチュエーションドラマ。その中で来客する方々の問題や不安を取り除いていく話。
名探偵といっても、謎を解くというような大げさな感じじゃないところに好感。

なんだかんだ、夏・秋は野球が忙しくてドラマも見たいと思うものだけに絞っている感じ。
そんな中楽しめるものにまた出会いたいですね。

立浪氏に監督要請

中日ドラゴンズが与田監督の辞任申し入れを受けて、立浪氏の招聘を決定。
中日スポーツ等にも載ったので、確定的と思われます。

立浪さんは現在52歳。引退してから12年経っています。

本当はもっと早くなるべき人だったと思いますが・・・。(具体的には2014年かな)
まぁいろいろは噂が障害となっていたと思います。

個人的には不安がやや先行。
一番の不安要素は現場から離れすぎていること。
12年前と大きく野球は変わってきていますし、その間に指導経験はほぼ0。(臨時コーチはありましたが)
現在のトレンドに対応できるのか、正直、難易度が高いのでは、と感じます。

ただ、やはりミスタードラゴンズとして圧倒的に人気の高い人物。
OB含め、立浪氏に協力、支援したいという人は大勢いると思います。
そこから、チームを作れる人物を引っ張ってこれるか。これが大事かな、と思います。

いろいろな過去のふるまい等を読み聞きした感じでは、あまりにも本人が強すぎて周りからも恐れられている感じが出ている。
そのあたりをどう監督として色を出していくか。タイプ的には星野さんだと思いますが、何分未経験。そして星野さんはなにより、球団に金を出させる天才でした。その部分は今の中日では不可能に近い部分。
厳しい戦いになりそうな気もしますね。

でも立浪氏がなるということで、中部財界も協力的になるかもですし、間違いなく前向きな話題。

まずはどういう組閣人事をするか、注目したいです。

都市対抗野球東海地区補強選手発表

都市対抗野球の東海地区の補強選手が発表になりました。

補強選手一覧

一覧は上記の通り。

ヤマハ
近藤均 投手(王子)
貞光広登 内野手(ホンダ鈴鹿)
長野勇斗 外野手(ホンダ鈴鹿)

ヤマハはやや先発投手陣が弱いかな、と思ったので、そこを近藤投手で埋めた形に。
後は能力の高い内野手、外野手を補強。個人的には、中継ぎもできる投手を入れるかとも思いましたが、自分のところでやれるという判断でしょうね。

東邦ガス
松本竜也 投手(ホンダ鈴鹿)
坂巻拳 投手(三菱自動車岡崎)
豊住康太 外野手(三菱自動車岡崎)

ここは予想通り、先発もできる投手2人。やはり第2先発が不安ですからね。
そして外野に豊住選手は予想通り。これで打線に厚みが増しますね。
いい補強だったと思います。

トヨタ自動車
森田駿哉 投手(ホンダ鈴鹿)
冨澤一晃 内野手(三菱自動車岡崎)
宝島史貴 内野手(王子)

トヨタ自動車は先発のできる森田投手を補強。第2先発を任せる形になるかな。
冨澤選手は内野を埋められるし、宝島選手は打撃に期待、という感じでしょうね。

西濃運輸
池田大将 投手(東海理化)
小室和弘 内野手(三菱自動車岡崎)
伊礼翼 内野手(王子)

西濃運輸はどこでも任せられる池田投手を補強。
正直左が林投手しかいないので、左腕も一人埋めるかな、と思ったのですが・・・。
強打の1塁手、小室選手は大きな戦力。伊礼選手も2塁で入ってきそうですね。

JR東海
秋山翔 投手(JR東海)
前田滉平 内野手(王子)
亀山一平 外野手(王子)

JR東海は中継ぎが欲しいかな、と思っていましたが、先発タイプの秋山投手を補強。まぁここまで残っていたのは意外でしたが。
後は王子の内外野手を1名ずつ。経験のある選手ですし、底上げでしょうね。

日本製鉄東海REX
宇都口 滉内野手(三菱自動車岡崎)
中村毅 外野手(ホンダ鈴鹿)
畔上翔 外野手(ホンダ鈴鹿)

投手陣のそろっている東海REXは野手3人とわかりやすい補強。
若い野手の多い東海REXにベテランの中村選手、畔上選手の補強は大きいかも。
打線が課題のチーム。うまく底上げになってくるといいですね。

個人的にはジェイプロジェクトから選ばれなかったのは残念。
松本捕手とか橋本外野手はあるかな、と思っていました。あと、どこでも投げられる塩本投手。

なんにしても24日以降の合流という規定。
伊勢大会は補強が合流して試合が行われます。
チーム力を高めて、本番に挑んでほしいですね。


2021年中日ドラフト指名

2021年の中日のドラフト指名を振り返ります。

1位 ブライト 健太 外野手(葛飾野−上武大)

2位 鵜飼 航丞 外野手(中京大中京−駒澤大)

3位 石森 大誠 投手(遊学館−東北公益文科大−熊本ゴールデンラークスー火の国サラマンダーズ 24歳)

4位 味谷 大誠 捕手(花咲徳栄)

5位 星野 真生 内野手(豊橋中央)

6位 福元 悠真 外野手(智弁学園−大阪商業大)

ブライト 健太 外野手
DSC_3364_1

個人的には取ってほしいな、と思っていた選手だったので、1位でうれしかった。

星野 真生 内野手
豊橋中央星野

まとまっているショート、という印象。パンチ力もあるタイプ。

福元 悠真 外野手
DSC_1515_1

オープン戦で見た時に速い松本投手(名城大)に対応していたのは好印象でした。

石森投手は見たことがないのですが、評判の高いサウスポーですよね。
又吉投手のように独立からの活躍選手になってほしい。

鵜飼選手は見たことがないんですよね。スラッガー候補がどれだけやれるか注目ですね。

ただ、正直に言って、いい印象の持てない指名でした。外野手ばかり取って育てられるのか・・・。
まぁ今いる選手と競争していくにはいいのかもしれません。

なんにしても取った選手をどう育てて使うか。問題はそこ。
その部分の改善を期待したいですね。

日大国際関係学部−静岡産業大 観戦記(2021年秋季静岡大学リーグ)

10月9日に庵原球場で行われた日大国際関係学部−静岡産業大の観戦記です。
5回終了時までの観戦記になります。

日大国際関係学部
00010000|11 H11
000120000|3 H5
静産大

日大国際
大石−服部
静産大
武藤、原、岩上、蒔山、中村−大崎

(スタメン)
日大国際
D赤羽 9原 8石島 2服部 2客野 7大坪 5篠田 4長沼 6高橋
静産大
6望月 9平嶺 5谷川 3加茂 7後藤 D松富 2大崎 8高根 4大野

(試合経過)
4回表、1死2塁から7番篠田のタイムリー。日大国際が先制。1−0
4回裏、2死から4番の加茂がソロホームラン。1−1
5回裏、無死1,3塁から9番大野のセーフティスクイズが成功。更に1死2塁から1番望月の遊ゴロをタイムリーエラーで1点。3−1
5回終了時に球場を後にしました。
その後、日大国際が9回に大量点を取って大逆転。静産大はリリーフが打たれたようですね。

短評

1敗同士の対戦で、勝った方が優勝の可能性が残る試合でした。
大石投手は5回まで9個の奪三振でしたが、結局9回で16個奪ったようです。好左腕ですね。
静産大も武藤投手が8回まで投げたようで、そこまでは抑えた。さすがエースの投げ合いという試合に。
これで日大国際が生き残った形に。ただ、自力の優勝はないので、残り勝ってプレッシャーをかけたいですね。

ピックアップ選手等はこちら

全尾張知多地区予選試合結果

1回戦
半田東10−0半田商
横須賀11−2半田工科
2回戦
大府15−1半田東
常滑27−0半田農
横須賀6−3知多翔洋
東浦15−7阿久比・内海・大府東・武豊
半田8−1日福大付
東海南11−8東海商
代表決定戦
大府9−2常滑
東浦6X−5横須賀(延長10回タイブレーク)
半田11−7東海南

大府、東浦、半田が全尾張大会の本戦(11月14日、20日、21日)に進出しました。


Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
16日
全三河大会
蒲郡球場
17日
愛知大学野球
パロマ瑞穂球場
18日
トヨタスポーツセンター
OP戦

Recent Comments
  • ライブドアブログ