コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

名古屋ドリームガールズ旗揚げ戦(2月17日)感想

2月17日に日本ガイシスポーツプラザ第三競技場で行われた名古屋ドリームガールズプロレス旗揚げ戦を見てきました。
この日の対戦カード。
IMG_20190217_172158


めぃりぃ選手の楽しいプロレスなど、どちらかというとそっち系が多かったです。
DSC_0237
メインは結奈、沙恵の両看板がコーナーに分かれて、SEAdLINNNGの高橋、中島両選手と組むタッグマッチ。
DSC_0242
DSC_0249
最後は沙恵選手が結奈選手からピンを奪いました。
マイクで高橋選手が言っていましたが、沙恵選手はこれが初勝利とのこと。
DSC_0251
DSC_0255
最後は4人でノーサイド。

正直、杏夏選手は復帰戦というのを除いても厳しい内容、というかプロになれてない感じでした。メインにしても高橋、中島両選手に引っ張ってもらって試合を作ってもらっていたし、まだまだ団体としては厳しい内容。
それでも沙恵選手の体格は魅力だし、これに地力がついてくれば・・・。何にしても、たくさん試合をこなせる環境を作っていってほしいですね。
御祝儀というのもあると思いますが、お客さんは満員と言っていい数が入っていました。今後続けていけるように頑張っていってほしいですね。

東邦ガス−トヨタ自動車東日本 OP戦 感想

2月17日に東邦ガスの空見球場で行われた東邦ガス−トヨタ自動車東日本のOP戦の感想です。

HPでは13時開始となっていたので、早めに行こうと12時過ぎに着いたらすでに4回表・・・。
11時に開始だったとのことでした。

トヨタ自動車東日本
010000000|1
10002030X|6
東邦ガス

トヨタ自動車東日本は着いた時は大谷選手が投げていました。大リーグの大谷翔平選手のお兄さんですよね。
降板後は1塁を守っていました。

東邦ガスは田中空良投手が先発だったようですが、3回1失点で降板したため見れず。そこから棒遏屋宜、吐前とリレー。
棒酖蠎吐前投手は大学以来に見ることが出来ました。
棒酖蠎蠅呂いぅ棔璽襪鯏蠅欧討い董∈Gはチャンスが多くもらえそう。吐前投手はまだまだいいボールの割合が低い、そんな印象でした。

打つ方はルーキーの小林選手(中京大中京−法政大)がスタメンで出ていました。これからに期待ですね。
あと、氷見選手(豊川−明治大)も途中でマスクを被り、盗塁を刺す場面も。田中空良投手とのバッテリーはこの日はおあずけだったようですが、公式戦でいつか見たいですね。

劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉を観てきました。

シティハンター
「劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉」を観てきました。

(あらすじ)
裏社会屈指の始末屋、シティーハンターこと冴羽リョウは、モデルの進藤亜衣からボディーガードを依頼される。亜衣がキャンペーンモデルを務めるIT会社の社長・御国真司は、リョウの相棒・槇村香の幼なじみで、撮影現場で再会した彼女をデートに誘う。喫茶キャッツアイの海坊主と美樹は、傭兵(ようへい)が新宿に集まってくるという情報を入手する。

「シティハンター」のアニメのファンかどうか。

それだけで評価が劇的に変わる映画でしょうね。

僕はもちろん懐かしい、とは思うものの、原作はジャンプで読んでいましたが、アニメはあんまり見ていない、そういう立場でしたので、思い入れと言う部分が弱いので、あまりの冴羽 獠側が強すぎて、ちょっと引いてました。現実離れすぎるというか・・・。

アニメ娯楽として見ればいいんでしょうけどね。あと、舞台が現代にしても平和ボケしすぎてるし、やっぱり時代の違いを感じました。

ZEROシステムとオートマトンとしか思えない相手でガンダムの世界に冴羽 獠が入ったかと(笑)。

☆は3.5で。内容的には3ですが、復活とオリキャスに敬意を込めて。

「洗骨」を観てきました。

洗骨
「洗骨」を観てきました。

(あらすじ)
新城家の長男・剛(筒井道隆)が、4年前に他界した母・恵美子(筒井真理子)の「洗骨」のため故郷の粟国島に戻る。実家に住む父・信綱(奥田瑛二)は母の死後、酒に溺れており生活は荒んでいた。そこへ名古屋で美容師をしている長女・優子(水崎綾女)も帰ってくるが、妊娠している姿に一同言葉をなくす。

水崎綾女が主演女優として、妊婦役を熱演。ゴーバスターズのエスケイプで知った女優さんですが、すごくいい女優さんだと思いますね。新境地を開いた印象があります。

ガレッジセールのゴリさんが監督を務めた作品ですが、すごく良く出来ていて、才能を感じました。今後の作品も楽しみですね。

洗骨という儀式はびっくりしますが、実際にある風習みたいですね。

大島蓉子さんの役が素敵でした。色々僕自身、家族、母親を思う映画でした。

☆4.5です。

「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」完結

「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」が最終回を迎えました。

面白かった!

VSと謳いながら、最終盤は共闘するもんだと思っていたのですが、最後の最後までVSでやりきった。
これはいい意味で裏切られたし、最終回のオチも含めて素晴らしい脚本でした。
香村純子脚本でジュウオウジャーが終盤やや失速したことを思えば、今回はその反省も活かしてやりきった。良素晴らしかったです。

個人的には2トップとなっている、1位シンケンジャー、2位ゴーカイジャーに次ぐ、第3位にランクインする作品になりました。
何回も泣かされたし、出ている役者さんも素晴らしかった。

次の「騎士竜戦隊リュウソウジャー」は3月17日から。その前に戦隊の特別番組が4週あります。こちらも楽しみなんですよね。OBもたくさん出るようですし。

戦隊オタとして、これからも楽しみたいですね^^

先週の重賞回顧

2月10日
京都記念
1着 ダンビュライト
2着 ステイフーリッシュ
3着 マカヒキ
4着 パフォーマプロミス
8着 タイムフライヤー

ダンビュライトは松若騎手との相性が抜群ですね。このまま乗せてほしいです。あと2200mで成績がいいので宝塚記念で1チャンあるかな。
ステイフーリッシュは勝ち切れない部分が不安ですが、大阪記念では出番ありそう。
マカヒキはここで突き抜けられないのは厳しいな。
パフォーマプロミスは次がありそう。藤原英厩舎だし。
タイムフライヤーはこのレースで来れないようならもういいかな。

共同通信杯
1着 ダノンキングリー
2着 アドマイヤマーズ
3着 クラージュゲリエ

ダノンキングリーは3戦3勝。クラシック本番でも人気になりそう。
アドマイヤマーズは展開が厳しかったが距離が敗因ではなさそうだし、皐月賞は出番ありそう。そこからマイルCのが良さそうだけど。
クラージュゲリエはかなり差があったし、大きいところでは厳しいかな。

クイーンC
1着 クロノジェネシス
2着 ビーチサンバ
3着 ジョディー

阪神FSの2着3着がそのまま1着2着。勝負付けは済んだ気がするし、クロノジェネシスは強いので、本番でも出番がありそう。

今週はフェブラリーS。インティ、オメガパフューム、ゴールドドリームの取捨になりそう。

シーホース三河−秋田ノーザンハピネス(Bリーグ2018−2019)感想

DSC_0232
シーホース三河95−94秋田ノーザンハピネス

序盤からお互いのディフェンスが激しく、なかなか点が入らない展開。試合としても最大点差が7点くらいしかつかない状態で、ずっと終盤まで一進一退の攻防が続きました。

三河は金丸選手が41点。秋田はジャスティン選手が34点と多く得点を入れて牽引。第4Qになって狩俣選手がここぞで3ポイントをねじ込む活躍で試合を優位に。
同点で相手の攻撃から残り16秒でスタート。ディフェンスを守って速攻。狩俣選手がファールをもらって、最後1つフリースローを決めて勝利。
劇的な試合で大盛り上がりとなりました。2309人の来場。若干ファールが多かったですけど、それも激しい試合だった証拠かな。

こういう試合があるとまた見に行きたくなりますね。

Tリーグを初めて見てきました。

TOPおとめピンポンズ1−3日本生命レッドエルフ

鈴木 李茄     常 晨晨
安藤 みなみ 1-2  蒋 慧

呉 穎嵐 1-3  陳 思羽

ソ ヒョウォン 1-3  平野 美宇

安藤 みなみ 3-1  森 さくら

2月10日に武田テバオーシャンアリーナで行われたTリーグの試合を見てきました。
もちろん初めて。卓球自体、生で現地観戦が初めてだったので、どんな雰囲気なのか、楽しみにして観戦しました。
入口の立て看板
DSC_0225
中に入るとイベント中でした。
DSC_0226
思ったより明るく見やすい状況。飲食の販売が無かったのが痛かった。
両チームの登録選手。トップおとめピンポンズ
IMG_20190210_184430
日本生命レッドエルフ
IMG_20190210_184501
正直平野選手しか知らないにわかです。

アナウンスで試合の写真は撮影禁止、とあったので、打つ前の引きの画像のみです。
DSC_0229
休憩時間のマスコットの撮影や動画はOKって言ってましたが、試合を撮れないのは今の時代どうなんでしょ。SNSに上げれなくなっちゃうし。
選手の肖像権を守るために、とありましたが、試合中の撮る音の問題もあるのかな、とは思いましたが・・・。

第3試合に平野選手が登場。
DSC_0230
ソ ヒョウォン選手との試合はレベルが高かった。いい試合でしたね。
ソ ヒョウォン選手は見た目もいい選手でファンになりました(笑)。

891人の来場。思ったよりは現地で見るのも楽しめました。どっちかと言えばTV向きな気もしますが・・・。

遠目からの観戦でしたが、近くで見る方がスピードも楽しめそうです。

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ−京都ハンナリーズ(Bリーグ2018-2019)感想

DSC_0224
名古屋D92−83京都

パークアリーナ小牧で行われた名古屋D−京都ハンナリーズ。
京都から多くのブースターが来ていて、かなり応援合戦が起こっていましたね。

試合は序盤から名古屋ペース。特に安藤選手の3ポイントが序盤からバシバシ決まって優位に試合が進みました。
また久しぶりに復帰のブラッキンス選手が活躍。カミングス選手もやっぱり活きてきますね。

しかしお互いにフリースローがなぜか入らない試合。名古屋が60%で京都が53.8%。ここまで低いのも珍しかったです。

一緒に行ったゆう3が得点者を付けて見ていたのですが、面白かった。今度から真似して見てみようかな。

1882人の来場。勝ち試合を見れて良かったです。

プロレスリングチームでら 枇杷島S大会(2月9日)感想

2月9日に枇杷島スポーツセンターで行われたプロレス、「チームでら」の興業を見てきました。

本日のおしながき。
IMG_20190209_174122


入場式。
DSC_0208


意外と、と言ったら失礼ですけど第1試合のタッグマッチが良かった。でかい選手が多かったし。

久々に青柳館長を見ました。
DSC_0209
動き等厳しかったですけど、元々怪我で引退していましたし、そもそも年齢調べたら62歳。頑張っている方ですよね。

岸和田兄さんも久しぶりに見ました。
DSC_0213
正直動きは以前と比べると厳しかった・・・。身体も小さく感じましたし。

メインは影山選手と小杉選手の挑戦者決定戦。
DSC_0216
影山選手が丸めこみで勝って、次回のマグニチュード岸和田選手への挑戦をアピール。
DSC_0218岸和田選手が受諾。DSC_0220

次は3月17日にタイトルマッチが行われるとのこと。

お客さんは100人弱くらいかな。まずまず声は出ていました。
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ(向坂 昇)

向坂 昇(コウサカ ノボル)
コウでこれからも呼んでください^^

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
11月18日
1年生大会
23日
オータムリーグ
25日
強化リーグ
29日
全日本プロレス
12月2日
未定
Recent Comments
  • ライブドアブログ