コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

菊水化学工業−フタバ産業 観戦記(2022年新春選抜リーグ戦)

1月26日にパロマ瑞穂球場で行われた菊水化学工業−フタバ産業の観戦記です。
フタバ産業は優勝するには負けられない一戦。菊水化学工業は今大会初めて見るのでどんなチームかにも注目して観戦しました。

菊水化学工業
000001000|1 H7 E0
00000110X|2 H6 E0
フタバ産業

菊水化学工業
藤田(16)、石原(21)−柳沼
フタバ産業
村瀬(21)、花城(13)、奴賀(17)−尾西

投手成績
菊水化学
藤田 5回 78球 被安打3 死球2 三振3 失点0
石原 3回 67球 被安打3 四死球3 三振1 失点2

フタバ産業
村瀬 5回2/3 55球 被安打4 四球1 三振1 失点1
花城 2回1/3 47球 被安打3 四球2 三振2 失点0
奴賀 1回 8球 被安打0 四球0 三振1 失点0

(出場選手)
菊水化学
8冨依(4) 9西山(10) 5村田(9) 6江川(6) 3濱田(5) D小松(11) 4池田(2) 2柳沼(22) 7鈴木(8)
フタバ産業
9荒木(0) 6山下(6) 4小杉(32) 2尾西(24) 3白井(3) 8中西(7) D早田(5) 5服部(1) 7光部(2)

(試合経過)
6回表、2死2塁でピッチャー交代、花城。4番江川がライトとセカンドの中間へのフライを放ち、これをお見合いしてタイムリーに。菊水化学が先制。
6回裏、1死1,3塁から4番尾西のスクイズが成功。1−1の同点に。尚も四死球で2死満塁となるも7番早田が倒れ同点止まり。
7回裏、2死無走者から1番荒木がライトへ勝ち越しのソロホームラン。フタバ産業が逆転。2−1
フタバ産業がそのまま勝ち、7勝2敗で全日程を終了。優勝はニデックの結果待ちとなりました。

総評

負けられないフタバ産業でしたが、5回までは菊水化学工業の藤田投手を打ちあぐね、ランナーを出すも点が奪えないジリジリした展開。
先発の村瀬投手はランナーは出すも落ち着いた投球で5回まで0点。6回もそんなにピンチという感じではなかったのです(2死2塁)が、ピッチャー交代。ここで花城投手がマウンドに上がり、4番江川選手を打ち取ったのですが、セカンドとライトがお見合いをしてタイムリーに。フタバ産業にとっては最悪の流れとなってしまいます。
ただ、6回裏、1死1塁から3番小杉選手がヒットでチャンスを広げ、1死1,3塁で4番尾西選手に。内野も前進せずに、ゲッツーシフトでしたが、ここでスクイズをきっちりと決め同点に。すぐに追いついたのは大きかったですね。
そして7回に2死から1番の荒木選手が値千金の勝ち越しホームランを放ち、そのままフタバ産業が逆転勝ちを収めました。
これで、翌日のニデック−GTRニッセイの結果待ちに。
菊水化学工業もフタバ産業を苦しめましたが、勝ち切れませんでした。

ピックアップ選手等はこちら

ニデック−小林クリエイト 観戦記(2022年新春選抜リーグ戦)

1月25日にパロマ瑞穂球場で行われたニデック−小林クリエイトの観戦記です。
ニデックは勝てば首位フタバ産業に並ぶ一戦。小林クリエイトも勝てば優勝の可能性が残る大事な一戦でした。

ニデック
002010012|6 H8 E1
020000000|2 H8 E0
小林クリエイト

ニデック
堀田(11)、中西(20)−水谷
小林クリエイト
八木(21)、小森(19)−宮城

投手成績
ニデック
堀田 8回 102球 被安打8 四死球3 三振5 失点2
中西 1回 8球 被安打0 四球0 三振2 失点0

小林クリエイト
八木 6回 102球 被安打2 四球5 三振1 失点3
小森 3回 59球 被安打6 四球1 三振1 失点3

(出場選手)
ニデック
9白石(24) 5加藤(5) 6越智(10) 2水谷(23) 8山崎(8) D寺嶋(3) 7泉(2) 4山下(22) 3高木(27)
小林クリエイト
D小杉(10) 6葛西(1) 7村西(5) 3濱元(33) 5近藤(6) 2宮城(2) 8浜崎(9) 4都筑(0)→H山口(26)→4 9坂之下(7)

(試合経過)
2回裏、2死2,3塁から2番葛西が2点タイムリー2ベース。小林クリエイトが2点を先制。
3回表、無死1,3塁から1番白石の投ゴロで3塁ランナーがホームを突き、タッチプレーとなるもセーフで記録野選で1点。更に1死2,3塁から3番越智の2ゴロでセカンドがお手玉をして1塁のみアウトとなり、この回2点。2−2の同点に。
5回表、1死3塁から3番越智の2ゴロの間に1点。ニデックが逆転。3−2
6回裏、連続四死球からバント野選で無死満塁に。ここで代打山口が1ゴロで3−2−3のダブルプレー。9番坂之下は大きな左中間への当たりでしたが、レフトが好捕をして得点ならず。
8回表、1死3塁から6番寺嶋がタイムリー。4−2
9回表、1死2,3塁から3番越智が上手く叩いて遊ゴロの間に1点。更に4番水谷のタイムリー。6−2
ニデックが勝ち、首位タイに浮上しました。

短評

野選も含め、叩きなどの内野ゴロの間に4点を上げたニデック。6回裏の無死満塁のビッグチャンスを含め、6,7,8と3イニング続けてゲッツーでチャンスをつぶした小林クリエイト。
攻撃のうまさを含めて、この日はニデックが完全に上回りました。
3度、内野ゴロで3打点を上げた越智選手はお見事。軟式野球ならではの上手さを見せてくれました。
小林クリエイトは八木投手が5四球とややコントロールに苦しみ、足を絡めて点に結び付けられたのが痛かった。
堀田投手の粘りのピッチングもお見事。ニデックはいい形でラストゲームに臨めそうです。

ピックアップ選手等はこちら

GTRニッセイ−豊田鉄工 観戦記(2022年新春選抜リーグ戦)

1月25日にパロマ瑞穂球場で行われたGTRニッセイ−豊田鉄工の観戦記です。
負けた方の優勝の可能性が消えるサバイバル戦。両チームの主戦投手がマウンドへ上がりました。

GTRニッセイ
120020000|5 H8 E2
100000000|1 H6 E1
豊田鉄工

GTRニッセイ
三浦(14)−森
豊田鉄工
森(16)、村松(21)−吉村

投手成績
GTRニッセイ
三浦 9回 154球 被安打6 四死球5 三振9 失点1

豊田鉄工
森 5回 79球 被安打7 四死球3 三振1 失点5(自責点3)
村松 4回 54球 被安打1 四死球4 三振0 失点0

(出場選手)
GTRニッセイ
8新中(23) 5大平(1) D清水(24) 9高木(13) 3松岡(17) 4田中(3) 6荒木(25) 2森(27) 7広瀬(8)
豊田鉄工
D森亮(10) 3小川(25) 9名古路(5)→H堀田(8)→9 8工藤(7) 7土屋(23) 6村田(6)→4 4森元(1)→H奥村(30)→6安食(0) 5。堀本(3) 2吉村(27)

(試合経過)
1回表、1番新中がライトへ先頭打者ホームラン。GTRニッセイが先制。
1回裏、2死2塁から4番工藤がタイムリー。1−1の同点に。尚もヒットと四球で2死満塁まで行くも7番森元が倒れ1点止まり。
2回表、2死2塁から1番新中がタイムリー。2番大平がライト線に落ちるタイムリー2ベース。GTRニッセイが2点勝ち越し、3−1
5回表、無死3塁から4番高木がタイムリー。更に1死満塁から8番森が叩いて投ゴロの間に1点。5−1
8回裏、2死1塁から2つエラーが重なって2死満塁となるも1番森亮が倒れ0点。
GTRニッセイが勝ち、優勝の可能性を残しました。

短評

GTRニッセイが序盤にリードを広げ、それをエースの三浦投手がスミ1に抑えて完投。優勝戦線に踏みとどまりました。
三浦投手はこの日ストライクとボールがはっきりしていて、球数が増える苦しい内容。それでも要所で三振を取って踏みとどまり、150球を超える力投で完投しました。
打線は1番の新人、新中選手が先頭打者ホームランとタイムリー。2安打でチームを引っ張り、5回には4番の高木選手にもタイムリーが出てリードを広げました。
豊田鉄工はエースの森投手の調子が今一つ。打線も5回までの毎回ランナーを活かしきれず初回の1点に抑えられました。
これで豊田鉄工は優勝争いから脱落となりました。

ピックアップ選手等はこちら

軟式野球愛知県新春選抜リーグの試合結果

軟式野球愛知県新春選抜リーグの試合結果(1/25)

フタバ産業 6勝2敗
ニデック 6勝2敗
GTRニッセイ 5勝2敗1分
豊田鉄工 5勝3敗
小林クリエイト 4勝3敗1分
東郷製作所 3勝3敗1分
菊水化学工業 3勝4敗
イスコジャパン 3勝5敗
近藤産興 2勝6敗1分
パナソニックSUNX 1勝8敗



御嶽海が3度目の優勝。大関へ。

2022年の初場所は関脇御嶽海が13勝2敗で優勝。
10日目で初黒星を喫したあと、11日目の正代戦は勝ったものの危ない相撲。12日目は阿武咲に完敗。悪い御嶽海が顔を出していましたが、13日目に阿炎に勝って再び勢いを取り戻し、千秋楽は照ノ富士に勝って優勝。お見事でした。
基本、3場所連続で2桁を勝つことを求められる大関昇進。場所前にはあくまで足掛かりに、という形でしたが、今場所13番で33勝。大関昇進がほぼ決まりました。
色々賛否があるかと思いますが、個人的には上がっていいと思います。豪栄道の時はあまりに唐突すぎて、しかも連続2桁を一度も記録していない、33勝にも届いていない中で上げることは反対でしたが、今回は連続優勝ですし、年齢的にも今あげてあげるべきと思いました。
最後、しっかりと勝ち切って33勝に乗せましたしね。もろさは付いて回ると思いますが、立場でカバーすることを期待したいです。
技能賞も獲得。

横綱
照ノ富士 11勝4敗
最後まで優勝争いに絡みましたが、12日目に明生に負けてから失速。ここで脚を痛めた模様で最後、阿炎、御嶽海に連敗して終了しました。
ただ、最後、勝っていても巴戦を戦う状態ではなかったと思いますし、最後まで場所を務めたのは立派だと思います。
来場所、出られるかどうかわかりませんが、元々万全の膝で相撲を取っているわけではないと思いますし、いかに脚に負担をかけずに場所を取り切るか。そこを突き詰めていってほしいですね。

大関
貴景勝 1勝3敗11休
正代 6勝9敗

来場所大関は2人ともカド番に。
正代は皆勤したものの負け越し。どこか怪我をしている感じが無かっただけに余計に深刻な気がします。
正代はしっかりと体力を作らないと、来場所も苦しむでしょうね。

関脇
隆の勝 7勝8敗
小結
明生 5勝10敗
大栄翔 7勝8敗

三役陣は御嶽海以外は負け越し。隆の勝は小結に残りますが、入れ替わる形になりますね。
明生は体調が不安だったのが大きかった。自力のある力士たちだけに巻き返しに期待。

幕内
若隆景 9勝6敗
豊昇龍 11勝4敗
阿炎 12勝3敗(殊勲賞)

この3名が来場所三役に入りそう。
阿炎は幕内復帰から2場所連続の2桁。最後まで優勝争いを盛り上げました。
次の大関候補ともいえる3人。上を目指して来場所の活躍を期待したい力士ですね。

宇良 8勝7敗
2枚目で勝ち越し。三役は厳しそうですが、地力の高さを感じますし、来場所こそ新三役を目指して頑張ってほしいですね。

琴ノ若 11勝4敗(敢闘賞)
14枚目でしたが、最後まで優勝の可能性を残して11勝4敗。来場所は上位に来ると思うので、地力を試されますし、どこまでやれるか楽しみですね。

若元春 9勝6敗
王鵬 7勝8敗

新入幕の2人は明暗が分かれてしまいました。王鵬は最後まさかの5連敗。
幕尻での負け越しなので、十両に落ちる形になりますね。地力を強化して、再度上がることを期待したいです。
若元春はさすが若隆景と兄弟だけあって良く似たタイプです。来場所以降も楽しみ。


GTRニッセイ−東郷製作所 観戦記(2022年新春選抜リーグ戦)

1月24日にパロマ瑞穂球場で行われたGTRニッセイ−東郷製作所の観戦記です。
リーグ戦も大詰め。負けた方は優勝の可能性が無くなるサバイバル戦です。

GTRニッセイ
240000001|7 H10 E2
010010200|4 H9 E2
東郷製作所

GTRニッセイ
林(21)、加藤(11)−原田
東郷製作所
久保田(11)、山口(18)−橋本

投手成績
GTRニッセイ
林 7回 116球 被安打9 四死球3 三振5 失点4(自責点3)
加藤 2回 11球 被安打0 四球0 三振0 失点0

東郷製作所
久保田 2回 49球 被安打6 四死球4 三振1 失点6(自責点4)
山口 7回 80球 被安打4 四球2 三振0 失点1

(出場選手)
GTRニッセイ
8新中(23) 4田中(3) 5大平(1) 9高木(13) 6荒木(25) 3松岡(17) D倉地(10) 2原田(9) 7広瀬(8)
東郷製作所
8松田(2) 9石井(23) D上村(15)→H水谷(13) 3手崎(7) 5野瀬(9) 4小代田(10) 6飯田(5) 2橋本(22) 7岩崎(1)

(試合経過)
1回表、1死1塁から3番大平が打った瞬間の2ランホームラン。GTRニッセイが2点を先制。2−0
2回表、無死1,3塁から1番新中がタイムリー内野安打。1死2,3塁から3番大平が2点タイムリー。2死満塁から7番倉地が押し出し四球。6−0
2回裏、1死2,3塁から8番橋本がタイムリー内野安打。6−1
5回裏、1死満塁から4番手崎が犠牲フライ。6−2
7回裏、2死2,3塁から6番小代田の2点タイムリー。6−4
9回表、先頭の3番大平のソロホームラン。7−4
GTRニッセイが勝ちました。

短評

GTRニッセイが東郷製作所の先発、久保田投手を攻めて2回までに6点を奪い優位に。
3番大平選手が2本のホームランを含む5打点の活躍で打線を引っ張りました。
2点差まで迫られたあと、加藤投手が2回をパーフェクトリリーフで抑えたのも大きかったですね。
東郷製作所は先発の久保田投手が誤算。ただ、前回130球以上投げて完投してから中2日でしたので、その影響があったかもですね。
2番手の山口投手が好投しただけにもったいなかった。
打線は林投手を攻めて4点取ったのは収穫でしたね。
これでGTRニッセイが優勝へ可能性を残しました。

ピックアップ選手等はこちら

小林クリエイト−フタバ産業 観戦記(2022年新春選抜リーグ戦)

1月24日にパロマ瑞穂球場で行われた小林クリエイト−フタバ産業の観戦記です。
リーグ戦の首位攻防戦。予想外の展開となりました。

小林クリエイト
0000001|1 H6 E2
2104001|8 H10 E1
フタバ産業
(7回コールド)

小林クリエイト
小森(19)、田中(17)−宮城
フタバ産業
木村(14)−尾西

投手成績
小林クリエイト
小森 2回 38球 被安打5 死球2 三振0 失点3
田中 4回0/3 64球 被安打5 死球1 三振0 失点5(自責点4)

フタバ産業
木村 7回 87球 被安打6 死球1 三振2 失点1(自責点0)

(出場選手)
小林クリエイト
D小杉(10) 6葛西(1) 7村西(5) 3濱元(33) 5近藤(6) 2宮城(2) 4都筑(0) 9竹内(8) 8坂之下(7)
フタバ産業
9荒木(0) 6山下(6) 4小杉(32) 2尾西(24) 3白井(3) 8中西(7) D早田(5) 5服部(1) 7光部(2)

(試合経過)
1回裏、1死2,3塁から4番尾西がタイムリー。5番白井がスクイズを決めフタバ産業が2点を先制。
2回裏、2死1塁から2番山下がタイムリー3ベース。3−0
4回裏、1死満塁から4番尾西が走者一掃の3点タイムリー3ベース。5番白井の内野ゴロの間に1点。7−0
7回表、1死3塁から5番近藤がタイムリー。一旦コールドを免れる。7−1
7回裏、先頭の5番白井がソロホームランを放ち、コールド成立。
フタバ産業が勝ちました。

短評

フタバ産業がコールドで大勝。
初回に4番尾西選手のタイムリーで先制。4回には走者一掃の3点タイムリー3ベースを放ち、4番の活躍でリードを広げました。
一旦はコールドを7回表に失点をして逃すものの、白井選手の一発でコールドに。いい形で勝利を収めました。
これで6勝2敗と単独トップに。残り1試合。かなり優勝に近づいた形になりました。
小林クリエイトは小森投手が先発も2回で3失点と誤算。エラー、死球が失点に絡んでしまいました。

ピックアップ選手等はこちら

ファイティングイーグルス名古屋−仙台89ERS 1月23日(B2リーグ2021−2022)感想

1月23日に枇杷島スポーツセンターで行われたFE名古屋−仙台を見てきました。
お客さんはまん延防止が出た影響なのかわかりませんが、正月に来た時より半分くらいの入り。
Bリーグの島田チェアマンが来場していて、ハーフタイムであいさつ。もう少し入ったところでアピールしたかったですよね・・・。

DSC_3142_1

FE名古屋74−69仙台

試合は一進一退。常に名古屋がリードする時間は多かったのですが、なかなか突き放せずに、次第に仙台が追いついて、という繰り返し。
前日は最終的には20点以上点差が付いたのですが、この日は第4Qに逆転を許す場面も。
ただ、そこから再度突き放し、相手が5ファールでフリースローを多く得て、それを確実に決めたのが大きな決め手になりました。
結局FE名古屋はフリースロー18回中17ゴール。相手は12回中10ゴール。この差が点差になりましたね。

お互いに守備がいいチームとのアナウンスがありましたが、お互いに攻めきれずのターンオーバーが多かった。
FE名古屋はこの日は3ポイントが決まらず苦しみましたが、我慢しきった形でしたね。
DSC_3194_1

日本代表にも名を連ねるエヴァンス・ルークが活躍。初めて自チームで輝くところを見た気がします。
この調子でどんどん活躍を見せてほしいです。
DSC_3170_1

仙台は要所で神里選手の活躍が目立ちました。
DSC_3129_1

FEガールズが今日は1人少ない8人。そんなことは感じさせないパフォーマンスがお見事でした。
DSC_3176_1

これでちょうど30試合。半分の折り返し。26勝4敗と断トツで首位を走る形になっています。
ただ、FE名古屋の場合はB1のライセンスが取れないわけで・・・。そこがクリアできないとどれだけ勝っても、となってしまうんですよね。
何とか、ホームアリーナの目途が立てばいいのですが・・・。
DSC_3210_1

この試合の写真アルバムはこちら

豊田鉄工−イスコジャパン 観戦記(2022年新春選抜リーグ戦)

1月21日にパロマ瑞穂球場で行われた豊田鉄工−イスコジャパンの観戦記です。
優勝の可能性を残す豊田鉄工は負けられない一戦でした。

豊田鉄工
011200000|4 H7 E1
000000020|2 H6 E0
イスコジャパン

豊田鉄工
井上(19)、伊藤(20)−吉村
イスコジャパン
宮間(19)、宮本(16)−長嶋

投手成績
豊田鉄工
井上 7回0/3 90球 被安打6 四球1 三振3 失点2(自責点0)
伊藤 2回 17球 被安打0 四球0 三振4 失点0

イスコジャパン
宮間 4回 68球 被安打4 四死球2 三振2 失点4
宮本 5回 68球 被安打3 四死球2 三振5 失点0

(出場選手)
豊田鉄工
D森亮(10) 3小川(25) 9名古路(5) 8工藤(7) 7土屋(23)→H木村(24)→7 6村田(6)→5 4森元(1) 5堀本(3)→6安食(0) 2吉村(27)
イスコジャパン
7山崎(7) 9徳浪(10) 5鈴木(1) 3小川(5) 6村田(24) 2長嶋(22) D近藤(25)→H新垣(23) 4吉田(14)→H平(6) 8野口(8)

(試合経過)
2回表、先頭の4番工藤が打った瞬間レフトに弾丸ライナーで飛び込むホームラン。豊田鉄工が先制。
3回表、先頭の9番吉村が3ベース。1番森亮が犠牲フライを放ち1点。2−0
4回表、1死1,3塁からワイルドピッチで1点。更に1死3塁から7番森元のスクイズが成功。4−0
5回裏、2死1塁から8番吉田、9番野口の連打で満塁とするも1番山崎が倒れ得点ならず。
6回裏、1死から3番鈴木が3ベースを放つも4番小川の中飛が浅く、5番村田も倒れ0点。
8回裏、無死1,2塁から2番徳浪の弱い3ゴロで1塁送球が逸れて、2者生還し、バッターランナーも3塁へ。ここでピッチャー交代、伊藤。伊藤が後続を抑えて2点に留める。4−2
そのまま豊田鉄工が勝ちました。

短評

豊田鉄工が2回に4番工藤の一発で先制。3回、4回にも追加点を奪って優位に進め、そのリードを先発の井上投手、8回の失点後に伊藤投手がしっかりと抑えて勝利を収めました。
井上投手、伊藤投手と亜細亜大出身コンビの好投が光りましたね。
イスコジャパンは新人の宮間投手が先発も4回4失点と踏ん張れず。その後エースの宮本投手が抑えたものの、6回、8回と3塁にランナーを置いて相手の内野手が下がる(1点はどうぞという体勢)ところで得点を奪えなかったのも響きました。
豊田鉄工はこれで4勝2敗と優勝争いに踏みとどまりました。

ピックアップ選手等はこちら

東郷製作所−ニデック 観戦記(2022年新春選抜リーグ戦)

1月21日にパロマ瑞穂球場で行われた東郷製作所−ニデックの観戦記です。
試合開始前にはどちらもまだ優勝の可能性を残した状態での対戦でした。ここからはサバイバル戦になっていきますね。

東郷製作所
010010020|4 H8 E0
000000000|0 H3 E0
ニデック

東郷製作所
久保田(11)−橋本
ニデック
松橋(17)、早矢仕(18)、春田(16)−水谷

投手成績
東郷製作所
久保田 9回 137球 被安打3 四球6 三振1 失点0

ニデック
松橋 5回 74球 被安打4 四死球3 三振1 失点2
早矢仕 3回 55球 被安打4 四死球2 三振0 失点2
春田 1回 16球 被安打0 四球0 三振2 失点0

出場選手
東郷製作所
8松田(2) 9石井(23) D上村(15) 3手崎(7) 5野瀬(9) 4小代田(10) 6飯田(5) 2橋本(22) 7岩崎(1)
ニデック
9白石(24) 4山下(22) 6越智(10) 2水谷(23) 8山崎(8) D寺嶋(3) 5加藤(5) 3高木(27) 7泉(2)

(試合経過)
2回表、2死から8番飯田、9番橋本の連打で1,3塁とし、9番岩崎がタイムリー。東郷製作所が先制。1−0
5回表、1死満塁から3番上村の犠牲フライ。2−0
5回裏、先頭の5番山崎がレフトオーバーの長打。3塁を狙うも中継が上手く3塁でタッチアウトに。ニデックにとっては痛いプレーになりました。
8回表、1死3塁から7番飯田のライト線に落ちるタイムリー。更に1死2塁から8番橋本のタイムリー2ベース。4−0
東郷製作所が勝ちました。

短評

東郷製作所が先制、中押し、だめ押しといい形で点を取って優位に進めて快勝しました。
点はいずれも下位打線が絡んでいて、7番飯田選手、8番橋本選手の活躍が目立ちました。

先発の久保田投手は四球6つとやや多く、球数もかさみましたが最後まで投げ切って完封。ランナーを出してからの粘りがお見事でした。
ニデックはランナーは出るものの、なかなか久保田投手をとらえきれず。5回の山崎選手の3ベースを阻止されたのも大きなプレーでした。
東郷製作所はこれで3勝2敗1分と優勝戦線に踏みとどまり、ニデックは首位から一歩後退。

ピックアップ選手等はこちら

Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
22日
リーグワン
トヨタスタジアム
29日
スターダム
名古屋国際会議場
30日
アイスリボン
ダイアモンドホール
Recent Comments
  • ライブドアブログ