コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

「2020 年甲子園高校野球交流試合」日程決定

2020年の選抜の代替試合、「2020 年甲子園高校野球交流試合」の日程が決まりました。

8月10日
10:00 大分商(大分) − 花咲徳栄(埼玉)
12:40 明徳義塾(高知) − 鳥取城北(鳥取)
8月11日
10:00 天理(奈良) − 広島新庄(広島)
12:40 創成館(長崎) − 平田(島根)
15:20 明豊(大分) − 県岐阜商(岐阜)
8月12日
10:00 智辯学園(奈良) − 中京大中京(愛知)
12:40 鹿児島城西(鹿児島) − 加藤学園(静岡)

※8月13日・14日は予備日

8月15日
10:00 履正社(大阪) − 星稜(石川)
12:40 磐城(福島) − 国士舘(東京)
15:20 仙台育英(宮城) − 倉敷商(岡山)
8月16日
10:00 明石商(兵庫) − 桐生第一(群馬)
12:40 帯広農(北海道) − 健大高崎(群馬)
15:20 鶴岡東(山形) − 日本航空石川(石川)
8月17日
10:00 大阪桐蔭(大阪) − 東海大相模(神奈川)
12:40 智辯和歌山(和歌山) − 尽誠学園(香川)
15:20 白樺学園(北海道) − 山梨学院(山梨)

※8月18日・19日は予備日

東海地区は県岐阜商が明豊と。
中京大中京は智弁学園と。
加藤学園は鹿児島城西と初出場対決となりました。

色々好カードも多くなった印象ですし、お客さんが入れないとはいえ、盛り上がりそうな感じですね。

時間帯が暑い時間帯なのが心配ですが・・・。

選手たちは甲子園を楽しんでほしいです。

「話すチカラ」を読みました

「話すチカラ」齋藤 孝 (著), 安住 紳一郎 (著) を読みました。

齋藤孝氏と安住アナウンサーの2人が安住さんの母校の明治大で講義を行った内容を書き起こした本。番組を一緒に行い、元々は齋藤氏の教え子だった安住アナ。息の合った2人による講義が伝わってきます。

それぞれ章立ててあり、最後にまとめもある。読みやすいですし、後から振り返るのもしやすい本です。

〇自分が実践していきたい、興味を持った事(箇条書き)
  • ちょっと高い声のが相手に聞いてもらいやすい。

  • えー、あのー等、ノイズを無くすことを意識する。

  • 「たとえ」を出す訓練をする。相手が行ったことに具体例を示せば会話の呼び水になる。

  • 語尾にあいまいな表現を減らす。

  • 相手を気持ちよくさせる。お世辞は媚びるためだけではない。

  • 共感するポイントを具体的に伝える。オウム返しを上手く利用する。

  • 話すためのインプットを心掛ける。インプットに投資→誰かにアウトプットする。

  • 色々チャレンジして試す。いつもと違う店、違うものを食べる。

  • ラジオは新しいメディア。

  • 嫌なことがあったら自己暗示で乗り切る。

  • 一部の意見に振り回されない。

  • 自分からネガティブな批判はしないようにする。


とりあえずラジオは聞き始めました(笑)。

少しずつ実践していきたいですね。

学生に話している内容なので、物足りないと感じる方もいるかも。色々きっかけにする本かな、と思います。
☆4つで。

2020年大学1年生入学先

瀬戸 山崎 仁義 外野手 中京大
東郷 金子 蓮汰 投手 名城大
東郷 小野 未来也 内野手 岐阜聖徳大
日進西 家田 佑太郎 捕手 名城大
愛知商 竹延 尚哉 内野手 愛知東邦大
愛知 竹田 寛典 外野手 愛院大
享栄 三島 安貴 投手 愛院大
享栄 三島 有貴 捕手 愛院大
中京大中京 板倉 駆 投手 日大
中京大中京 関岡 隼也 捕手 中京大
中京大中京 麻續 竜生投手 中京大
中京大中京 尾崎 弘季 外野手 駒澤大
愛工大名電 稲生 賢二 外野手 亜細亜大
愛工大名電 牛島 凛人 外野手 天理大
愛工大名電 堀内 祐我 内野手 明治大
愛工大名電 辻 健人 外野手 金沢星稜大
愛工大名電 大谷 優光 投手 武蔵大
星城 石黒 佑弥 投手 JR西日本
星城 宇山 脩人 内野手 東海学園大
東邦 石川 昂弥 内野手 中日ドラゴンズ
東邦 植田 結喜 投手 東海大
東邦 成沢 巧馬 捕手 筑波大
東邦 熊田 任洋 内野手 早稲田大
中部大第一 磯貝 和賢 投手 中京大
中部大春日丘 泉 虎之介 投手 近畿大
中部大春日丘 柴田 零士 内野手 中部大
愛産大工 横井 雄汰朗 遊撃手 愛産大
愛産大工 藤掛 大希 外野手 愛産大
菊華 尾形 翔悟 内野手 名産大
至学館 牧山 稜昌 捕手 中京大
名経大市邨 鈴木 亮哉 投手 星城大
名経大市邨 佐藤 大輔 捕手 星城大
名経大市邨 塩飽 寛太 捕手 中部大
桜丘 堀尾 陸 投手 愛産大
豊川 菊間 悠斗 投手 名城大
豊川 執頭 剛琉 内野手 愛知大
豊川 星野 新 投手 至学館大
豊橋中央 大竹 輝竜 投手 山岸ロジスターズ
豊橋中央 長井 悠悟 投手 岐阜聖徳大
豊橋中央 吉田 晃都 投手 岐阜聖徳大
豊橋中央 中山 敦貴 投手 福井工大
安城東 河合 哲平 投手 中部大
一色 齋藤 彰摩 投手 岐阜聖徳大
幸田 馬場 悠慎 投手 東海学園大
西尾東 山田 紘太郎 投手 日体大
西尾東 加藤 健輔 捕手 名城大
愛産大三河 上田 希由翔 内野手 明治大
愛産大三河 石原 剣太 外野手 愛知大
愛産大三河 櫻井 仁生 捕手 日体大
安城学園 大谷 彰吾 投手 中部大
豊田大谷 三代 昌平 投手 同朋大
大府 垣波 航平 投手 愛工大
東浦 中根 和哉 外野手 星城大
日福大付 水向 涼斗 内野手 同朋大
小牧南 安藤 大斗 投手 愛知大
愛知黎明 大野 浩史郎 外野手 星城大
愛知啓成 難波 辰樹 投手 名産大
大成 近藤 聖 投手 星城大
誉 澤野 聖悠 内野手 楽天
清林館 清水 隆之介 投手 中京大

7月5日重賞回顧

CBC賞 G掘〆綽1,200m ハンデ
1着 ラブカンプー 1.08.7
2着 アンヴァル 1 3/4
3着 レッドアンシェル 2
4着 タイセイアベニール ハナ
12着 クリノガウディー

ラブカンプー。2018年のスプリンターズS2着の後、2019年1月のシルクロードSからほぼ全て2桁着順で完全に終わった馬だと思っていました。牝馬だし早く繁殖に入れてあげれば、とも。それが復活するんだから、関係者にはなんとか立て直せる見立てがあったんでしょうね。今回は軽ハンデ51圈E験が向いたというのもあったんでしょうけど、実は前走の韋駄天S(新潟千直)で復活の兆しは見せていたんですよね。ただ、それで買えるほど、馬券は簡単じゃないんですけど・・・。
2着のアンヴァルもここ3走2桁着順で人気を落としていた馬。こういう牝馬が来るから夏は牝馬と言われるんでしょうね。
3着のレッドアンシェルも含めて、上位は前に付けていた馬。やや重の馬場も含めて展開が前残りという形でした。
タイセイアベニールは展開が向かなかった。馬としては実力を出していますし、次も期待出来そう。
クリノガウディーは勝負所で前が壁になっていました。それプラス58圓盒舛い燭鵑任靴腓Δ諭A袷G1着降着とはいえ1勝馬。ちょっと気の毒なハンデでした。

ラジオNIKKEI賞 G掘(‥1,800m ハンデ
1着 バビット 1.47.3
2着 パンサラッサ 5
3着 ディープキング アタマ
4着 パラスアテナ 3/4

バビットは代打騎乗の内田騎手がさすがの手綱さばき。平均ペースで逃げて、直線で突き放して圧勝。8番人気でしたが、戦績は直近2連勝中。人気の盲点になっていた感じですね。ナカヤマフェスタ産駒。馬場も合ったのかな?
しかし強かったです。秋に一線級と当たった時にどういうレースをするか楽しみ。
パンサラッサも2着で粘った形。福島開幕週ということで前残り有利のレースだった模様。
逆に後ろから内を突いて3着まで上がってきたディープキングは強い競馬だった気がします。まだ1勝馬なので、自己条件から上がってきてほしいですね。
パラスアテナは外を回った分、2着3着に届かなかった形。どうでもいいですけど、パラスアテ“ネ”じゃないんですね(笑)。

一宮工−一宮興道 TV観戦記(夏季愛知県高等学校野球大会)

7月5日に一宮球場で行われた一宮工−一宮興道のTV観戦記です。

一宮工
0000000|0 H4 E2
200320X|7 H13 E2
一宮興道

一宮工
寺脇、斉木−水野
一宮興道
新名、近藤−小島

投手成績
一宮工
寺脇(1) 5回 84球 被安打12 四球0 三振0 失点7
斉木(10) 1回 9球 被安打1 四球0 三振0 失点0
一宮興道
新名(1) 5回 71球 被安打2 四球1 三振6 失点0
近藤(11) 2回 30球 被安打2 四球0 三振3 失点0

一宮工
7加藤莞 5近藤 6板倉 1寺脇→3 8宮崎 9清水 4加藤心 2水野 3藤田→1斉木(10)
一宮興道
9宇佐見 4小崎 8神戸 1新名→7 5齋藤 2小島 7光松→1近藤(11) 3丸山 6山川

(試合経過)
1回裏、1死2塁から3番神戸がライトへ落ちるタイムリー。更に1死2,3塁から5番齋藤の遊ゴロの間に1点。3塁ランナーのスタートが素晴らしかった。一宮興道が2点先制。
4回裏、1死1,2塁から1番宇佐見がセンターオーバーの2点タイムリー3ベース。2死3塁から3番神戸のタイムリー。3点追加で5−0に。
5回裏、1死満塁から9番山川の犠牲フライ。更に2死1,3塁から1番宇佐見のタイムリー。2点追加で7−0
一宮興道がコールドで勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

木曽川−佐織工 TV観戦記(夏季愛知県高等学校野球大会)

7月5日に一宮球場で行われた木曽川−佐織工のTV観戦記です。

木曽川
000011030|5 H8 E3
210010002|6 H10 E1
佐織工

木曽川
相蘇、島尾−井手
佐織工
稲熊渉、岩間−中野

投手成績
木曽川
相蘇(1) 7回2/3 112球 被安打7 四死球4 三振3 失点4(自責点3)
島尾(8) 1回 19球 被安打3 四球0 三振0 失点2(自責点1)
佐織工
稲熊渉(1) 7回1/3 98球 被安打6 四球1 三振3 失点5(自責点4)
岩間(6) 1回2/3 18球 被安打1 四球0 三振1 失点0

(出場選手)
木曽川
6坂井 7菅野→8 2井手 3清水 9青屋 8島尾→1 5宮川 1相蘇→7 4平井
佐織工
8中村 5夏川 2中野 3森 7小出→H倉知(10) 4稲熊要 1稲熊渉→6岩田(11) 9三上 6岩間→1

(試合経過)
1回裏、無死満塁からワイルドピッチで1点。尚も無死満塁から5番小出のキャッチャーゴロ。ホーム踏んでアウトの後の送球が悪送球となりランナー生還。佐織工が2点先制。
2回裏、2死から2番夏川が2ベース。3番中野がタイムリーを放ち加点。3−0
5回表、1死1,2塁から2塁ランナーが3盗成功。ここで8番相蘇の2ゴロゲッツー崩れで1点。3−1
5回裏、先頭の3番中野、4番森と連続2ベースで1点。4−1
6回表、2死1塁から4番清水のレフトオーバーのタイムリー3ベース。4−2
8回表、1死2塁から3番井手のレフトオーバーのタイムリー2ベース。4番清水もレフトへタイムリー2ベースで同点。ここでピッチャー交代、岩間。2死3塁から6番島尾がタイムリーを放ち逆転。5−4
8回裏、1死1,2塁でピッチャー交代、島尾。
9回裏、2死2塁から4番森がセンターへタイムリー。更に2死2塁から代打倉知がサード強襲の当たりでファールグラウンドにボールが転がる中、2塁ランナーが返りサヨナラ。佐織工が逆転サヨナラ勝ちを納めました。

詳しい観戦記はこちら

美和−小牧南 TV観戦記(夏季愛知県高等学校野球大会)

7月5日に小牧球場で行われた美和−小牧南のTV観戦記です。

美和
001101200|5 H10 E0
100010000|2 H9 E2
小牧南

美和
高本、吉田−富倉
小牧南
都−加藤

投手成績
高本(1) 7回1/3 144球 被安打9 四球5 三振3 失点2
吉田(10) 1回2/3 22球 被安打0 四球1 三振0 失点0
小牧南
都(1) 9回 161球 被安打10 四球4 三振11 失点5(自責点4)

(出場選手)
美和
6佐古 5小寺 2富倉 4八神 8中谷 3奥田 1高本→9 7後藤 9平野→1吉田
小牧南
8高井 6伊藤朝 5川口 2加藤 1都 7池田→H伊藤仁(15)→7尾上(17) 9乾 3立川→H岡田(12)→筋師(13) 4山本→4平松(16)

(試合経過)
1回裏、2死3塁から4番加藤がセンターへタイムリーヒット。小牧南が先制。
3回表、2死満塁から3番富倉の押し出し四球。1−1同点に。
4回表、2死2塁から8番後藤のサード頭を超えるタイムリー2ベース。美和が逆転。2−1
5回裏、1死2塁から5番都のタイムリー。2−2の同点に。
6回表、無死1,3塁から3塁ランナースタートのエンドラン。バッターが空振り三振でキャッチャーが2塁に投げる間にスタートを切っていた3塁ランナーはホームイン。美和が勝ち越し、3−2
7回表、1死2塁から3番富倉が左中間へ運ぶタイムリー2ベース。更に2死1,3塁から6番奥田が変化球を上手く捉えてセンターへタイムリー。5−2
8回裏、1死満塁でピッチャー交代、吉田。ここで右飛、3ゴロでピンチを抑えます。
美和が逃げ切りました。

詳しい観戦記はこちら

5日の試合結果

5日の試合結果

春日井西2−9惟信(8回コールド)
栄徳4−0春日井商
愛工大名電9−2同朋(7回コールド)
千種7−0中村(7回コールド)
名古屋南10−0瀬戸北総合(6回コールド)
至学館15−0菊華(5回コールド)
☆明和4−5昭和
長久手8−0春日井工(8回コールド)
南陽2−3瀬戸窯業
小牧南2−5美和
西春10−2一宮商(7回コールド)
犬山南4−3尾西
小牧工8−4滝
佐織工6X−5木曽川
一宮興道7−0一宮工(7回コールド)
半田工6−3大府東
半田東1−2東海南
日福大付10−1半田農(7回コールド)
吉良5−0岡崎北
安城南12−2碧南工(7回コールド)
刈谷工7−2知立(延長10回タイブレーク)
安城学園4−0知立東
岡崎東0−4幸田
安城東10−3三好(7回コールド)
☆岡崎学園4−5X岡崎工(延長10回タイブレーク)
豊野4X−3豊田(延長10回タイブレーク)
碧南4−5猿投農林(延長10回タイブレーク)
豊橋西3−6小坂井
豊橋中央3X−2時習館(延長10回タイブレーク)
豊川32−0新城東作手(5回コールド)

栄徳相手に4点に抑えた春日井商の林投手の好投は光りましたね。また栄徳の奥村投手も素晴らしい投球をしていました。
愛工大名電はコールド発進。ただ、同朋も食らいついた印象。
千種が好発進。思った以上に点差が付きましたね。
至学館−菊華は昨夏、秋と2度続けて延長サヨナラで至学館という接戦だったのですが、この夏の再戦は大差に。至学館の充実ぶりが光ります。
豊川は圧倒。
豊橋中央−時習館は雨もあって死闘となりました。
延長タイブレークも5試合と接戦、好ゲームが多かったですね。

豊田−豊野 TV観戦記(夏季愛知県高等学校野球大会)

7月5日に岡崎球場で行われた第2試合、豊田−豊野のTV観戦記です。

豊田
0000110100|3 H11 E0
0020100001|4 H6 E1
豊野
(延長10回タイブレーク)

豊田
永田、小川−黒柳
豊野
中森−井口瑛

投手成績
豊田
永田(11) 2回1/3 28球 被安打3 四球0 三振0 失点2
小川(1) 7回1/3 98球 被安打3 四死球3 三振8 失点2(自責点1)
豊野
中森(11) 10回 123球 被安打11 死球1 三振4 失点3

(出場選手)
豊田
8橋口 3川村 4後藤 9藤根 2黒柳 5河野→H岡田(16)→5福本(15) 1永田→1小川 6吉橋 7治田
豊野
6藤澤 8松本 1中森 3井口稔 5大脇 7岩月 9奥村 2井口瑛 4勝上→H石田(1)→三浦(12)

(試合経過)
3回裏、2死2,3塁から3番中森の2点タイムリー。豊野が先制。
5回表、2死1,3塁からタイムリーエラー。2−1
5回裏、2死2塁から3番中森がタイムリー。3−1
6回表、1死2塁から4番藤根のタイムリー。3−2
8回表、無死3塁から4番藤根の犠牲フライ。3−3
延長タイブレークへ突入。
10回裏、1死2,3塁、1−2からスクイズを空振り。3塁ランナーが挟まれるも最後ランナーがタッチをかいくぐってホームイン。豊野がサヨナラ勝ちとなりました。

詳しい観戦記はこちら

岡崎学園−岡崎工 TV観戦記(夏季愛知県高等学校野球大会)

7月5日に岡崎球場で岡崎学園−岡崎工の好カードをTV観戦しました。

岡崎学園
0010100020|4
0010002101|5
岡崎工
(延長10回タイブレーク)

岡崎学園
兵藤、山田、細井−近藤
岡崎工
片上、柵木−山田

投手成績
岡崎学園
兵藤(10) 2回2/3 66球 被安打2 四死球5 三振1 失点1
山田(7) 6回1/3 107球 被安打6 四死球4 三振5 失点3
細井(1) 2/3 8球 被安打1 四球0 三振0 失点1(自責点0)
岡崎工
片上(1) 8回 122球 被安打6 四球5 三振4 失点2(自責点1)
柵木(10) 2回 42球 被安打2 四球1 三振4 失点2

岡崎学園
5野田 6安田 9加藤虎 7山田→1→7 3太田→H松村→3→3木村 4岩渕 2近藤 8松原 1兵藤→7鈴木→H小野→7→1細井
岡崎工
7近浦 6氏平 8松本 3溝内 2山田 4服部→H近藤 5田中 1片上→1柵木 9加藤優

(試合経過)
3回表、2死2塁から2番安田が1塁線を破るタイムリー。岡崎学園が先制。
3回裏、2死満塁から6番服部が押し出し四球。ここでピッチャー交代、山田。1−1
5回表、2死1,3塁から代打松村のタイムリー。岡崎学園が勝ち越し。2−1
7回裏、無死1,3塁から5番山田のスクイズ成功。1死2,3塁から2ゴロで1塁手と2塁手が交錯してランナー生還。岡崎工が逆転。3−2
8回裏、無死満塁から5番山田のスクイズ成功。4−2
9回表、1死1,2塁から3番加藤虎が2点タイムリー3ベース。同点。
9回終了。延長タイブレークへ。
10回裏、2死1,3塁から4番溝内が1,2塁間を破りサヨナラタイムリー。岡崎工が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
 
Recent Comments
  • ライブドアブログ